May23,2005

^3 Joao Vos E Viaolao

elis rgina
click me to go Amazon


声とギター[Joao Vos E Viaolao] / ジョアン・ジルベルト[Joao Gilberto]

 音楽紹介は3回目ですね。すでにお気づきの方もいるかと思いますが、私の音楽の趣味はジャンルが偏ってはいますが、かなりの売れ線好きです。今回紹介するジョアン・ジルベルトも超メジャーどころですね。ボサノヴァの代名詞ともいえるボーカル・ギタリストで、作曲家としても活躍している方です。
 一番の醍醐味はギターの弾き語り。ささやくように歌うポルトガル語と、歌いながら弾いているとは思えないほど正確で創造性に富むギターのリズムが紡ぎだす旋律は、とても心地よいのですが、聞き流すことができない力があります。ストイックに追及された弾き語りのスタイルは、芸術の域まで達した職人の技のようでもあり、男心をくすぐります。
 本当はライブで実際に演奏しているのを聴くのがいいのでしょうね。私は行っていないのですが来日公演へ行かれたファンの方も多いと思います。ライブ版のCDを紹介しようとも思ったのですが、私のお勧めはこの『声とギター』です。アルバム全曲がギター一本を弾きながら歌うだけの簡素な構成。まるで静寂の中で歌う彼が目の前にいるようです。円熟した彼が原点に回帰するかのようにして作ったアルバムは、あまりにシンプルですが、私の心を惹き付けてやみません。
 ただし本当にボサノヴァ聴くのが初めてという方は、名盤『ゲッツ/ジルベルト[GETZ / Gilberto]』から聴くのが入りやすいと思います。一番の売れ線ですしね(笑)


posted by Mami & Tetsu at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音ネタ>音楽

May15,2005

^2 ERIS REGINA for Apres-midi

elis rgina
click me to go Amazon


エリス・レジーナ[Elis Regina] for Cafe Apres-midi

 一番好きな女性シンガーを問われれば、私なら間違いなくエリス・レジーナと答えます。とてもパワフルでそれでいてキュートなブラジルの永遠の歌姫。短い歌手人生の中で数々の名作を残しています。
 ボサノヴァというとウィスパーボイスで優しく歌うイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、彼女はとても力強くソウルフルな歌い方をする方です。そのパワーには圧倒されますが、とても心地よく、元気を与えてくれるような声です。
 今回紹介するのは彼女のベスト盤的コンピレーションCD。アプレミディのシリーズのひとつで、監修・選曲はお馴染みの橋本徹氏です。
 アルバムはオリジナルの構成で聴くのが一番と思っている方には名盤In Londonがお勧めですが、初めて聴く方でしたら絶対こちらがいいと私は思います。代表曲から初CD化の未発表曲まで、イイとこ取りで彼女の魅力を余すことなく伝える、非常に優れたベスト盤です。
posted by Mami & Tetsu at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音ネタ>音楽

May05,2005

^1 A DAY in new york

a day in new york
click me to go Amazon


A DAY in new york / MORELENBAUM2 / SAKAMOTO

 音ネタの第一弾です。紹介するのは坂本龍一とモレレンバウム夫妻のアルバム「A DAY in new york」
 坂本龍一さんは大概の方が御存じですよね。ポップミュージシャンにして教授とよばれる日本音楽界における第一人者的存在。
 ボサノヴァへの造詣も深く、このアルバムはアントニオ・カルロス・ジョビンと共に演奏していたこともあるモレレンバウム夫妻との共演のシリーズの一つ。一般的にはファーストアルバムの「CASA」の方が人気があるのかもしれませんが、個人的には「A DAY in new york」をお勧めします。
 ジャズ的なアプローチによりボサノヴァをムーディーでエレガントに仕上げています。それでいながらブラジル的な躍動感にあふれており、不思議と昼にも夜にも合う音楽です。
 スタジオセッションらしく遊びもあり、10曲目のSamba do Aiaoで披露しているMerry Christmas,Mr.Lawrenceの一節は泣かせます。トリビュートを重視して作り込まれた「CASA」より、こちらのアルバムの方が本人達が楽しんでいる感じがしますね。
 実は私が持っているのは輸入盤でして日本盤より4曲少ないです。さっきAmazonを見てこの事実を知りました。ちょい凹みです。
posted by Mami & Tetsu at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音ネタ>音楽
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。