Nov20,2005

*29 唐子

karako1.jpeg karako2.jpeg karako3.jpeg

karako4.jpeg karako5.jpeg

唐子

 今回はちゃんとしたのは初!!中華です。前は豚まんでしたからね。中華に行きたいと思いながらなかなか…でした。
 今回は「唐子」です。台湾料理、広東焼きそばで有名なお店です。Mami&Tetsuの友達がたまたま台湾人の女の子で実家がご飯屋やってるとは聞いていたんですが…ビンゴ!!ここでした。で、その友達がこないだ結婚パーティーをしたんですが、その時に打ち合わせがてら「唐子」に連れて行ってもらいました。この友達もムッチャンがらみでして、パーティーの為、東京から帰って来てたムッチャンも一緒です。
 前置き長くてすいません。なので、注文はおまかせの「これ、おいしいよー」というママの料理がどんどん出てきます。
 まず、水餃子。これうまーい。ピリッとした酢のたれでいただくんですが、何個でもいける〜って感じです。ニラもきいてました。
 定番、鶏の唐揚げもカリッとジューシー。エビの唐揚げもあったんですが、これも小さめのエビをかき揚げっぽく揚げてあり、香ばしい!!
 次は台湾焼きそば。なんとも言えない、ツルッとしてダシがきいたやさしい、まさに台湾のママの焼きそばです。そこでテーブルを少し片付けようとした私たちに、ママが「その水餃子のたれ、焼きそばにかけるよ、おいしくなる。」と。え、そーなん?みんなでやってみました。うまーい。全然違います。今度はさっぱりして別モノみたいになって2度おいしい。すごいなー。
 最後はチャーハンです。パラパラのタイプではなく、しっかりと米の一粒にまで味がついてて、たきこみチャーハンのイメージ?でもすっごくおいしかったです。
 お店は広くはありません。テーブル席2つにカウンターの小さなお店です。ママさんとパパさんのちょっと楽しい日本語と明るさで、きっとすぐにファミリー状態になると思いますよ。気軽に昼は単品食べればいいし、そういう常連さんもたくさんいそうです。日替わり定食も人気ですよ。駅やオフィス街から近いですからね。
 Mami&Tetsu中華のおいしさ、再認識です。これからまたグルメも中華、どんどん取りあげていきたいですね。やはり、神戸と中華も切り離せませんから。
 「唐子」の場所はJR三ノ宮駅の北側、フラワーロードより東、2本目の筋(ampmがある道)を山側に上ってすぐです。


posted by Mami & Tetsu at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Aug01,2005

*18 Central

central1.jpeg central2.jpeg central3.jpeg

セントラル[Central]

 今回は神戸の流行りのレストランカフェにランチに行ってきました。どうしてこんなにも流行るのか…その真相を探りにです(笑)場所もちょっと穴場的、旧居留地の東果て、ショッピングエリアからは少し離れてます。が…長蛇の列、やっぱりまだ流行り続けてたんやー!!実は出来た頃と、もうちょいしてからの2回だけ行ったことがあります。栄町のイタリアン『ソース』のプロデュースってことで話題になりましたし。結構おいしくて、パンバイキングやったよなーみたいな感じを思い出しつつ列にで並びました。わりと大バコなので思ったよりも早く席につくことができました。
 ランチは平日も休日も同じです。パスタが10種程度と創作洋食(ちょっとイタメシよりか?)が8種類。そこから一品選んで、+焼きたてパン ビュッフェスタイル、本日のスープorサラダ、ドリンクで¥1050〜1300です。うん、わりとリーズナブル。
 とりあえずオーダーを。Mamiはポルチーニ茸と小エビのクリームコロッケ(コロッケも好きなんです…)Tetsuはノルウェーサーモンのソテー季節野菜と木の子のグラタン仕立て(ながっ)に決定(Tetsuはグラタンが大好きなんですよ)二人ともスープとコーヒーにしました。
 さて、パンを取りに行くぞ。おぉー!すごい種類ですねー。食事パンの定番から、玉ねぎのフォカッチャやらミルクパン、オレンジピール入り、アールグレイ風味のものまで、ざっと20種類ぐらいありましたね。無くなれば次々と新しい種類のパンが出てきていたようで、全部制覇は無理でした(当たり前か…)でパンのお味のほうは…おいしいんですよね、これが。神戸は日本で一番パンが食べられている都市らしいです。おいしいパン屋さんもベーカリーカフェも多い。その中でも、そりゃ本気パン屋さんなみの色とりどりのパンとはいきませんが、パンビュッフェ的にはいけてます。
 料理はそうですねぇ…普通においしかったですね。コロッケもおいしかったけど、これもやっぱり本気の洋食屋さんのようにはいきません。Tetsuはグラタン仕立てがあんまりグラタン感がなかったと言って悲しそうでした(子供ねぇ…)うーん。なんて言うかね。リッチなちょっといいファミレス?感覚で使うといいかもしれません。失礼な言い方かもしれませんが。
 店内もクラブ系?の音楽が大きく流れていて、店いっぱいの雑多な人たちの話声。テンション高い時にはいいかも。インテリアも白を基調に適度なライティングがされ、New Yorkっすか?って感じです。うん、そんな感じ。だから、パンおかわり自由だけど言いにくいとか、すごく取りに行きにくいとかは全然なし!!みんなで好きなだけがっついちゃおう!!って感じ。心憎いのは、パンのところに四角い小皿があって、フレーバーオリーブオイル2種と塩・粗びき黒胡椒、粉チーズ、タバスコがあるところ。まさに、好きなように好きなだけ。気分でいいとこどりで使うにはいいかも。でもじっくり話したい時や、落ち着きたい時、気持ちが凹んでる時なんかはおすすめできないかな、Mami的にはね。
 ランチ後のデザートが¥300程度で食べられるサービスはいいですね。おいしそうでしたよ。ちょっと我が家はパンを食べすぎて遠慮しときましたが…ランチを食べれるのが16時までっていうのも使い勝手はよしです。15時半からラスト(22時)まではデザートタイム。本日のケーキ何種かと他に定番の6種類がコーヒー・紅茶付きで¥900程度です。もちろんドリンクのみもオッケーです。夜は18時から、前菜、パスタ、メイン、デザートのすべてが選べるプリフィクスコースとなっています。パスタコースは¥3200、パスタ・メインコースは¥4300と明朗会計ですね。あ、もちろんパン ビュッフェ付き。ランチではお目にかかれないパンも多数とか。
 あと、珍しいのは、Sunday&holidayブランチをやってます。9時〜11時で4種類のブランチを食べることができます。¥400〜¥950までありますよ。お店に入ってすぐにオーブンがあり、つねにパンが焼かれています。朝から焼きたてパンでブランチってのも贅沢かもしれませんね。というわけで、平日はオフィスで働く方々、休日はブラブラ旧居留地族、の幅広い客層を見事に呼び込んで流行ってるセントラルなのです。自分のその時の気分で行くのにはいいかもしれませんね。
posted by Mami & Tetsu at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Jul23,2005

*17 Savoy

savoy1.jpeg savoy2.jpeg savoy3.jpeg

サヴォイ[Savoy]

 今回はカレー専門店の紹介。「サヴォイ」です。メニューはいたって簡単。カレー・玉子・ビールのみ。カウンターだけで10席程度の細長いお店です。
 ここは、とりあえず入ると一人じゃないと「何人?」と聞かれ「二人」って言うと「バラバラかな」とか言われたりもします。そんな時は「待ちまーす」って言います。カレー屋さんだし、そんなにねばる人いないのですぐにあきますけどね。ここも行列してますよ〜。でもほんと回転が早いから大丈夫!!
 そして席につく前に「ごはんの量は?」と聞かれます。Mamiは小(600円)Tetsuは普通(650円)を注文。ここでボケッとしていたらいけません。席に着くやいなやカレーが目の前にズイッと出されてきます。素早く受け取らなければなりません。ミニサラダがついてます。
 受け取ってカウンターに置き、さてと。たまらない香りですね。まずお楽しみはピクルス4種類食べ放題。定番の福神漬け・らっきょからきゅうり・人参まであります。おいしいですね、コレ。カレーにぴったりです。ここのカレーはサフランライスで少々パラリとしていていい味付けです。ルーもいい色してまして、一口食べると広がりますよぉ!!スパイス辛いって感じかなぁ。ちょっと来ないと、また来た時にあぁこれこれみたいな、すごく食べ慣れてるのに、またその辛味にノックアウトです。Mamiの友人で辛いのはちょっと苦手って子も、ここのは辛くても食べたいんよなーと言ってました。スパイスはGABANのモノが30種類以上は棚に収まっています。どんなブレンドなのかなぁ…とにかくおいしいのよねー。ルーは濃厚でドロッっていうんでもなく、サラサラでインド系?っていうのでもなく、その中間ぐらいでサフランライスとの相性抜群!!ライスの量は大・特大なんかも言えますが、中でもかなり入ってますのでね。大盛り?ぐらい。まぁカレーだけだしライス大もありかな。
 店は狭いながらも重厚なつくり、BGMはJazz。でも店のおばちゃんが気合い入ったええキャラなんです。神戸のおばちゃんって感じ。みんな「ごちそうさまー」って食べたらすぐに行きます。待ってる人もいるしね。だからゆっくりまったりカレー食べようと思わずに行ってみてくださいね。がっつりカレーをかき込むも良し、食欲ないけどカレーなら…なんて日も。
 場所はセンタープラザ東館の地下階。場所柄、近所で働くサラリーマンのおじさまやショップ系のお姉さんも一人で物慣れた感じで来てますよ。営業時間はAM11:00〜PM7:00、定休日は第3月曜日です。
posted by Mami & Tetsu at 20:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Jun26,2005

*15 太平閣

taiheikaku1.jpeg taiheikaku2.jpeg taiheikaku3.jpeg

太平閣

 今回は変わりだね。take outも可能な太平閣の豚まんです。関東では肉まんと呼ばれているようですが。太平閣的にはまんじゅうらしいです。本当はお店に行って、豚まん以外に点心やラーメンもと思っていましたが、なんとお店は改装中…横で豚まんだけは売っていたので、青空の下買って食べたというわけです。まぁ、一番紹介したかったのは豚まんですのでいいとします。
 何でもそうなんですが、焼肉の時にも書きましたが、うちは★派うちは◇派ってありますよね。我が家も、神戸では超有名、南京町にあるし観光に来られた方にも有名なんじゃないかな?『老祥紀』の豚まんも好きです。いつも長蛇の列で驚きですけどね。あと、新開地の『春陽軒』も味噌味が濃厚でいけます。また紹介したいと思います。
 我が家的好みは皮がもっちり、中の具はギュッとジューシー。太平閣の豚まんを初めていただいて食べた時、そこそこ大きいみかけに、皮ふわふわ系だな?と思ってあまり期待しなかったんですね。でも食べてみると、皮もっちりで皮にもからしが合うしいい味です。中身もあらくつぶした豚肉と玉ねぎなどが入っており、まるで豚バーグ(もちろん焼いてありませんが)のような 旨味を閉じ込めてある感じ。
 特にMamiがここのを気にいったのは具に胡椒がきいているところなんです。そう、少しスパイシーです。粗びきの黒胡椒が具の中に見えますが、それがすごく味のいいアクセントになり、甘みのある具と隠し味的黒胡椒が合う合う!!満足感があります。大きいですが2個はいけますね。
 お店は8月ぐらいに新装開店ということでした。take outの場合も《太平閣の「まんじゅう」をよりおいしく食べるコツ》という紙を入れてくれるので安心ですよ。「チーン」する時のコツなどのっています。地元の人はもちろん、ちょっとした旅の人もお土産に神戸の豚まんはいかがですか?
 場所はセンター街。サンプラザとマルイの間の細い道沿いです。
posted by Mami & Tetsu at 09:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Mar17,2005

*2 満月

mangetu_1.jpegmangetu_2.jpeg

焼肉 満月

 神戸といえば…やっぱり神戸牛、しかも焼き肉ですよね。(そうかな?)
 全国的に有名ですが、意外にも神戸にずっと住んでても近くて遠い存在…それが神戸牛でした。なんせ高いですからね。
 それが正真正銘、神戸牛なのにリーズナブルな焼き肉屋さんを教えてもらいました。
 ここは、神戸市の牛をさばくところが休みなら店も休む、だから年末年始はぶち休んだりするんですが、そこに冷凍なんて使わないぞって心意気を感じます。
 席に着くとまず黒いビニール袋に上着を入れます。焼き肉臭がつかないようにとの配慮です(でも帰る頃には自分自身めっちゃにおってるので、あまり意味はないかもしれませんが…、親切です)
 それから生モノから塩焼き、たれ焼きと注文していくのですが、ほとんどの人がご飯を頼んでいます。そう、ご飯がすすむ、欲しくなる焼き肉屋さんです。ご飯は小・中・大とあって、大はおばけのQちゃんもしくは日本昔話みたいな大盛りが出てきますのでご注意を。
 Mami&Tetsuは初体験だったのですが、ここのチャンジャってのがおいしい!!タラの内蔵の塩かららしいけど、これと韓国のりでご飯すすみまくりです。ビールのあてにも最高です。一度お試しを。
 あと普通の塩タンもおいしいですが、常連メニューの生でいけるタンが激うま。表面だけあぶる感じで焼くんですが、タンの旨味を存分に味わえます。タン好きのTetsu大絶賛の一品。
 他の生モノもレバーをはじめ、どれもいけます。この店でレバーデビューした人も多数とか。
 塩モノは塩辛くてあんまり…なMamiだったのですが、ここの塩はあま塩っぽくて肉が味わい深くなる感じ。塩モノのおいしさ、知りました。たれももちろんおいしくて、最後まで満足しっぱなし。
 なんでもそうですけど、人によって味覚って違うので、焼き肉もうちは●派とか★派とかありますよね。わさびでおいしい肉を…なんてのもあり。でも今のところMami&Tetsuはがっつり満月派なのでした。

 というわけで…行ってきました(笑)またかよ。これからはちゃんと行ってから書きますね。やっぱり写真欲しいしね。忙しくなるなー(喜)
 このお店は時間も思いどおりに行こうとすると、2週間ぐらい前に予約するのがベターです。我が家も予約して、その時に生タンをお願いておきました。
 お店についてから今回のオーダーは、やはりとりあえず、ビール、生レバー、チャンジャ、韓国のりです。ここはウーロン茶などのお茶はなく、麦茶のあったかいのか冷たいのをサービスで出してくれます。うれしいですね。
 塩モノは「今日はいいハツ入ってるで〜」という大将のおすすめで、生タン、ハツ、上ミノ、ハラミを、たれはカルビ、ロース、てっちゃんをそれぞれ1人前づつにしました。そしてライス中。
 お肉は切って用意してあるわけではなく、注文がとおってから切って持ってきてくれます。この間、かなり待ちどうしい〜。
 ここの大将は意外に若く、独学で満月をここまでにしたガッツのあるいいキャラの方です。とっても仕事には真剣だけど、ジョークも飛び交い、サービス精神もありありです。
 さてさてやってきました、生レバー。やっぱりおいしい!!レバーはちょっとと言う方にも試して欲しいです。
 焼きモノも大将おすすめのハツをはじめうまい!!我が家のおすすめは塩ハラミ。メニューにはないのですが普通に注文できます。カルビも、脂がこれでもかってぐらい甘くておいしいんです。しつこさを感じない脂感なんですよねー。
 二人で大満足していると、最後にかわいい茶器に入った中国茶がフルーツとともに出てきます。お口さっぱり。いい気分でしょ?おしぼりも新しいものに変えてくれるし。会計のあとは定番のガムもくれますよ。
posted by Mami & Tetsu at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。