Apr06,2006

*39 鮨 中広

nakahiro3.jpeg nakahiro1.jpeg nakahiro2.jpeg

鮨 中広

 今回は初のお寿司屋さんの紹介です。
 グルメ本には「三宮からタクシーを10分とばしてでも行きたい寿司屋」と書いてありました。しかも写真もおいしそうで、何のお寿司、これ?っていうのが載っていました。
 初めての時は和食好きの友人夫婦と行ったんです。予約時に台風さえこなければ(ちょうどシーズンだったんです)満足していただけるモノをお出しできると思いますと言われていました。が…、そうビンゴに台風が来ちゃいました。でも、最善を尽していただき、4人とも満足して帰ってきたんです。その後、友人夫婦は海外に赴任となり、帰国の度に和食を食べに行っていたのですが、夫婦の夫のほうが、とうとう、あの台風やった時行った店って、台風じゃなかったらもっとすごかったんやろなーと言うもんですから…リベンジ決定!!まぁ我が家もあのおいしかったのは忘れられませんでしたしね。行こうということになりました。
 初めての時もそうですが、お座敷は一つしかないので予約は必須です。お店は大将を囲んでコの字型のカウンターです。二人ならカウンターもいいですけどね。気ままに食べたいモノを言ったり、握ってもらったりして。お座敷の場合、大将と話ながらとかは無理なので、ある程度決めておかなければなりません。
 最初の時は¥8000のおまかせにして満腹でしたし、友人は少食なので、今回は¥6000のおまかせで、苦手なモノはエビ・トロ、白身の方が好き、お寿司メインで食べたい(友人のリクエスト)と伝えておきました。
 お店に着き、楽しみにしていると、まずは付きだし、そしてナマコのちり酢みたいなのがでてきて、コリコリとした食感がおいしかったですね。次に大皿にのったお寿司たちがやってきました。ここのはネタもシャリもこぶりですが、とてもバランスがいいです。小さいと種類もたくさん食べられますしね。ただ、お座敷に持ってきてくれるのは何のお寿司かの説明がないから、これ何かわかんないけどおいしーみたいな状態でした。(あまり知識がないものですから…お恥ずかしい)でもそれぞれにおいしかったです。
 次はさらにかわいいお寿司!!ちょっと変わったネタです。芽葱やイタリアンパセリを胡椒でなんてのもまじってて、これがしめの感じにぴったりでした。パンチのきいたお寿司、創作寿司と言ってしまうには、すごくしっかりした本当のお寿司。他のモノもしっかりしてますしね。
 友人も大満足でおごってもらっちゃいました。これはタクシーででも行く価値ありだなーと、我が家的には思ったのでした。
 場所はこちらです。


posted by Mami & Tetsu at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(1) | グルメ>その他

Mar05,2006

*37 香美園

koumien1.jpeg koumien2.jpeg koumien3.jpeg

香美園

 今回もランチに中華へ行ってきました。うちはまだまだ中華が弱いので。
 『民生』の姉妹店「香美園」です。看板はでっかく、目立ちます。民生姉妹店・香美園と書かれています。
 入ってみると、昔ながらの中華料理屋さんの風情です。寒い季節なのであったかいお茶を出してくれました。ホールはおばちゃんたちがほとんどで、回られています。とてもアットホームな雰囲気。
 注文は、五目焼き飯が以前グルメ本に載っていて、絶対食べるぞと決めてたのでそれと、もう一つは汁そば系にして暖まろうってことになって…、悩む。注文をおばちゃんが聞きにきたので、相談した結果、五目汁そばに決定。
 店内は家族連れから一人できたお客さんまで多様な顔ぶれ。一人の方は競馬だねって感じでしたね。多いんですよ、場所柄。
 そう待つこともなく、両方やってきました。おいしそー!!たまたま、はしを事前に置くのを忘れていたみたいで「あらぁ、おはしないやん。何で食べぇ言うのんなぁ」とポケットからはしをだしてくれました。手品?一人ボケ一人つっこみ?おもしろいです。二人で分けられるようにお椀も持ってきてくれました。
 さて、まずは五目焼き飯。シャキシャキした野菜を細かく切ったモノにパラパラ系のご飯。味付けもちょうどよく、Tetsuガッツキまくりです。
 そして、五目汁そばはえーっ五目じゃないじゃん!!10目入ってました。すごいわぁ〜。チャーシュー・エビ・イカ・豚肉・青菜・たけのこ・きくらげ・半熟卵・白菜えんどう豆。それがどっさり。イカなんかもケチってなくていっぱい入ってて驚きです。スープは白っぽい濁り系のスープ。麺はツルッとしてるけどしっかりこしがありました。中華にも詳しくないMamiはこういうスープを何スープと呼ぶのか聞いてみました。そしたら「知らんねーん。すんのん?」「いや、せーへんけど、何て言うんかな思って。」「なんや肉、豚、豚の骨やらぐつぐつたいてはるで。ようけあるで、持って帰るか?」みたいなノリです(笑)
 あと、カレーもありまして、かなり人気メニューのようでしたよ。我が家は中華的カレーは食べたことがないので気になりましたね。また挑戦したいです。他のメニューも大衆的中華で、安くてうまい!!です。一品料理もちゃんとありますので、夜に何人かで行くのも全然ありです。料理は小と大が選べるのでいいですよ。人数によって使い分けられます。
 かなりニコニコ気分になり、店を出ました。ちなみに我が家が食べたのはどちらも¥720でした。ぜひ、体も心もあったまってみてください。
 営業時間は11時半〜8時半まで、定休日は月曜日です。祝日の場合は火曜日に振り替えられるのでご注意を。場所はこちらです。
posted by Mami & Tetsu at 11:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Jan25,2006

*35 淡水軒

tansui1.jpeg tansui2.jpeg tansui3.jpeg

淡水軒
 
 さて、中華ブーム到来!!ってわけでもないんですが、温かい麺類など食べたい季節ですよね。今回は台湾料理「淡水軒」です。
 ワンタン麺が有名ですよね。もちろん二人でワンタン麺と水餃子を注文しました。店内はご主人をかこんでのL字のカウンターのみです。昔からあるラーメン屋さんの雰囲気。
 焼餃子も気になったけど、お腹いっぱいになるのでやめておきました。お店にガーッて入って来て「餃子3人前焼いてー。持って帰るわ。」って人や、カウンターに一人で座り「餃子2人前」という人など、なかなかディープに人気のようです。
 我が家のワンタン麺がやってきましたよー。まず、普通にラーメンを食べます。うむ、醤油系中華ラーメンですね。おいしい。Mami&Tetsuこういう中華料理屋さん的ラーメン好きですね。さて楽しみのワンタンは…うまーい!!ツルッツルでエビ・肉・椎茸が入っていてジュルッと口に入ってきます。4個も大きめのワンタンが入ってました。満足ですね。
 水餃子もツルツルの皮でしたが、ワンタンの皮とはまた違います。『唐子』の水餃子と中身の味は似ている気がしました。皮や包み方など全然違うけど。やっぱり台湾料理系だからかな?
 場所は元町高架下の東端、元町駅の西口出るとすぐ看板が目に入りますよ。
posted by Mami & Tetsu at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ>その他

Jan05,2006

*33 レストラン みやす

miyasu1.jpeg miyasu2.jpeg miyasu3.jpeg

レストラン みやす

 今回は久しぶりの肉です。しかもステーキ!!「レストラン・みやす」です。Tetsuの誕生日に食事に行くことになり、「何が食べたい?」って聞くと「肉!!!」と元気に言うもので。
 さて、電話で予約。何か気のせいかちょっぴり怖い雰囲気〜。時間厳守でということで、まだ時間はあったんですが、場所チェックに。おぉ、なんて入りにくそうなんだ。レトロなドアの前にはでっかい字で《当店はクレジットカードはお使いになれません》キャッ。ここは昭和34年創業らしいです。うーん老舗。当初は洋食屋さんだったとか。
 さあ時間です。行ってみよう!!まず入ったところでマダムにコートを預けます。我が家の席はカウンターでしたので、荷物も預けました。そして席につきます。なんかカウンターの真ん中に怖そうなにらみをきかしたおじさんが…いや、シェフやって。メニューを持ってきてくれたホールマスターはやさしそうでわかりやすい説明でした。ホッ。続きを読む
posted by Mami & Tetsu at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他

Nov30,2005

*30 ふなまち

funamachi1.jpeg funamachi2.jpeg

ふなまち

 今回はまた西へ…、明石焼きを食べに行きました。「ふなまち」です。というのも結婚パーティーで東京から帰って来てたムッチャンは大の明石焼き好き。たこ焼きよりも明石焼きっていうほどです。Mami&Tetsuが、ここおいしい!!と思って最近行きだしたところにムッチャンをぜひにと連れて行ったんです。
 明石焼きは、その名の通り明石発祥。地元では玉子焼きとも呼ばれています。駅周辺から魚の棚、離れたところまで、明石焼き屋さんがいっぱいです。みんな、その中から自分の好みを見つけていくわけです。その中でも「ふなまち」はもともと明石に住んでる人に人気が高いお店です。冷めてもおいしいと評判。
 お店は小さいです。テーブル席で相席して8人がいっぱいぐらい。しかも古くて年期入りまくりです。
 お味のほうは…、やっぱりおいしい!!ムッチャンも大満足してくれました。持ち帰りの方もたくさんいますが、おすすめは店内で食べるほうですね。表面がカリッとこんがりして、中はふわふわ。ここはおだしは冷たいのでやけどはあまりしません。その配慮なのに、やけどしているTetsu…。途中からは明石焼きにソースを塗ってから、おだしにつけて食べます。これがまたおいしい。地元の食べ方みたいなんですが、2度おいしいです。気持ち悪いと思われるかしら?ここのは玉子とダシのブレンドがしっかりと味がついてて、ソースをつけても明石焼きの感じはちゃんと残ります。
 最初の頃、知らずに12時に何気なく行くと、店の外にちらほら待ってる人はいたんですが、中に入って聞いてみると、おばちゃんたちが必死のハシさばきで焼いており、1時間待ちとのこと。恐るべしです。なので、店内でも持ち帰りでも、電話予約は必須ですね。今回は予約もばっちりで、スムーズに腹ペコだった3人は4枚(20×4個)をぺろりとたいらげました。
 ちょっと駅からは遠いです。歩いて20分ぐらいでしょうか。魚の棚の西端からもう一本西側、明石郵便局がある筋を海側へ。浜国(718号線)を越えて更に南下し、岩屋神社の手前にあります。
posted by Mami & Tetsu at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。