May01,2005

*8 Freundlieb

h_freundlieb1.jpeg h_freundlieb2.jpeg h_freundlieb3.jpeg

カフェ・フロインドリーブ[Cafe Freundlieb]

 今回はベーカリーカフェの紹介です。「カフェ・フロインドリーブ」もともとベーカリーとしても神戸で長く愛されてきましたが、そこのカフェ展開です。
 オーナーはヘラ・フロインドリーブ・上原さん。もとはヘラさんのおじいちゃんがパン屋さんだったのです。なんと創業は1924年!!伝統あるドイツパン屋さんです。
 カフェ・フロインドリーブは教会だった建物を改装して礼拝堂だった2階をカフェスペースにしてあります。それは名残どころか、うーん教会だねぇというしみじみと神聖な気分にさせられるほどです。開放感あふれる天井の高さは教会だった建物ならでは。天井の梁などはそのままに、床はタイルで描かれています。今や神戸を代表するカフェとして、JRの神戸へ行こうみたいなポスターに起用されたり、CHEMISTRYがライブをした神戸の教会カフェとしても有名ですので、ご存じの方も多いかもしれませんね。
 まず、お水とおしぼり、小さなオリジナルおちょこに入ったクッキー2個が出てきます。いきなり食べるもよし、最後においておくもよしです。おちょこもかわいくてクッキーもさすがにおいしいのでいい気分です。
 ランチのイチオシは、もちろん隣の工場で作る焼きたてのおいしいパンを使った素朴な味のする約10種類のサンドイッチ。素朴なんだけれども、自家製のマヨネーズソースや中の具材はさすがというばかりです。ボリュームもかなりあって、かぶりつくかナイフ&フォークかはご自由にという感じですが、併用がベストかなと思いますね。なかなかのくせものっぷりで、話が途切れてサンドイッチに夢中になってしまうMami&Tetsu…付き合い始めの人は困っちゃうかも…いやいや、そういう人のために(?)ボリュームをおさえたモノも用意されています。食べやすそうでしたよ。その時のシチュエイションやお腹の空きぐあいで選んでくださいね。
 我が家はボリュームサンドのB・L・TのWチーズとライ麦パンのペッパーハムサンドにしました。プレートにはマカロニサラダとピクルスがのっています。このピクルスにMamiはやられちゃってまして「ピクルス大盛りで!」と頼みたくて仕方ありません(苦笑)雰囲気がそうさせてはくれませんが…サンドメニューはスープ・ドリンク・ミニアイス付きのセットにも出来ます。お特感あります。お好みでどうぞ。平日はさらにお特に、それが本日のサンドイッチにプラスされるランチメニューがあり、なんと¥945で食べることが出来ます。
 他のおすすめメニューはサラダなんですが、ただのサラダではありません。何種類ものフレッシュな野菜にドレッシングやマヨネーズがベストマッチ。パン入りのシーザーサラダ風のもあるし、パンとセットにできるモノもあり、ヘルシー指向の女性に人気みたいですね。これもかなりの食べごたえです。サラダだからって甘くみてちゃダメですよ〜。
 ランチが終わってもお茶ももちろん楽しめます。ケーキと焼き菓子が用意されており、かなりいけます。これからの春・夏にはパフェなんかもいいかなと。メニューの写真かなりいけてました。夜は行ったことがないんですがカフェ・フロインドリーブ・After5としてワインやカクテルに合う料理を用意しておりますとのこと。興味ありますねー。
 1階ではパンやクッキーや焼き菓子が売られているショップになっています。最初に出たクッキーも買えるので、時々買って帰ります。味を確かめてから買えるのでいいですよね。場所は少し分かりにくいのですが、加納町の交差点(大きな歩道橋があるところ)の一つ東側の細い道を北へ登ると右手にあります。駅から離れていることもあり、うれしいことに駐車場もあります。10台ぐらいですので、いっぱいの時はすぐ横にコインパーキングもあります。
 今回行った時はたまたまヘラさんがカフェにいらっしゃいました。素敵なマダムですが、日本語は驚くほどペラペラでしたよ。実はこのカフェ、教会だった頃、ヘラさんが結婚式をあげた場所なんだとか。なんか素敵ですね。


posted by Mami & Tetsu at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>カフェ

Apr22,2005

*7 Triton Cafe

triton1.jpeg triton2.jpeg toriton3.jpeg

トリトンカフェ[Triton Cafe]

 今回もカフェの紹介です。以前に紹介した「モグワイ」とはまた違った、シンプルな空気をもつカフェです。
 このカフェは中バコ(っていうのか?)で雑貨も置いています。アンティークや日本の気になる人のモノをピックアップしてあります。ユトレヒトのブックコーナーもあって、ちょっと驚きました。ちょうど半々でカフェと雑貨スペースに別れていますね。我が家は基本的にカフェに雑貨は置いてなくてもいいかなと思ってるんですが、はっきりとスペースが別れていればオッケーです。
 なんか、お茶飲んでるすぐそばにゴチャゴチャと雑貨が並んでると落ち着かないんですよね。圧迫感もあるし。ある程度別れていれば、帰りにちょっと見ていこうかってなって、うっかりいいモノに巡りあって買うことにもなります。トリトンカフェはこのパターンです。
 北野坂の通りの2階にあるんですが、窓側にL字にカウンターがあって、道を見下ろしたり、街路樹の緑に季節を感じたりできます。そのカウンター席がMami&Tetsuのお気に入り。店内は古い教会の椅子や古いミシンを机にしてあったりと、雰囲気は個性的でありながらシンプルにまとまっています。
 メニューはMami的になつかしい単語カードみたいになっていてスイーツなどは写真もありかわいいですね。ランチも最近始められたようですが、本日のキッシュとヌードルの2種類です。ゆったり気分のお茶として使うほうが我が家的には気分ですが。スイーツも日持ちする定番のガトーショコラやベイクドチーズケーキなどはもちろん、もう1ランク上のフルーツのケーキもあります。
 焼き菓子に力を入れている感じで、お茶と焼き菓子ってのもこのカフェの気分を盛り上げてくれます。お茶を頼むと小さなラングドシャが2個ついてくるところもほっこりです。
 Mamiはこの時ハニーレモンティーを頼んだんですが、すごくやさしい味で、はちみつ漬けのレモンが小さく切ってたくさん入っていて、それも食べられて、かなりレベル高いティーでしたね。
 音楽もベタすぎずいいセレクトでお店とピッタリでした。あまりに気に入って音好きのTetsuは誰のアルバムか聞いてました。ほんと長居したくなっちゃいます。癒される空間の神戸っぽくもあるカフェです。
 そうそう、昼からアルコールも飲めますよ。そのため、ちょっとしたお酒に合いそうなモノもあります。昼下がり、大きな窓の外、道行く人を眺めながら軽く一杯っていうのもあり、なカフェですね。あぁ神戸っぽい…(笑)
posted by Mami & Tetsu at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ>カフェ

Apr15,2005

*6 Mogwai

mogwai1.jpeg mogwai2.jpeg mogwai3.jpeg

モグワイ[Mogwai]

 以前はティールームを紹介しましたが、今回は神戸のカフェを紹介したいと思います。
 神戸は結構カフェ天国なところです。その中でもちょっとマニアックな隠れ家的カフェのモグワイ(場所的に加納町、そう、グリル末松の近くです)まず名前がいい(笑)なんとなく惹かれますね。大きな窓枠だけある窓ガラスのないカフェとしてオープンしましたが、その立地にもかかわらず、愛すべきカフェとして加納町の顔的存在です。今、Mami&Tetsuの一番のお気に入りです。
 とにかく居心地がいいのです。店内はごちゃごちゃしてるようでいて統一感があって…いい感じでMixされてます。アメリカ人?らしきおじさんが常連でランチするのも納得の雰囲気です。本当に小バコですが、夜遅くまでお茶が飲めるのでディナーのあとに寄るのも雰囲気ありです。人に教えたくないなーなんていけないことを考えてしまいます。
 それと、今時カフェめしってはやってるのか、多くのカフェでランチやってますよね。でも、イマイチっての、正直多いです。それがモグワイは違います。カフェめしの域を越えてます。内装的にもカフェというよりダイナーっぽいですしね。かなり本気で満足いくランチも食べられます。種類は多くないですけど、今日のランチ、パスタ、ピザみたいな感じです。ボリュームもなかなかのもの。カフェめしは量が少ないことって多いですけど、満足いくと思いますよ。
 あと、驚いたのはカフェコンジェラード(アフォガードとも言いますよね。ご存じのとおりバニラアイスにエスプレッソをかけたデザートです)を頼んだ時。山盛りでてきました。3スクープはありましたね。かなりびっくりでした。普通値段高くて量はちょっぴりなんですよ(そうMami&Tetsuはかなりのアイス好き)それが山盛り!!うれしかったです。
 カフェはすごくはやってて、店内人でいっぱい、音楽も聞こえない…ようなところもいいかもしれない。はやるだけのモノがあるんでしょうし。そういうカフェに行くこともありますよ。でも、落ち着きたい、ゆっくりお茶飲みたいって時も多いんですよ。そんな時、モグワイは癒されますね。スタッフもキッチン一人とホールも素敵な女性一人です。おだやかなサービスが受けられます。実はご夫婦らしいです。
 そうそう、大きな窓枠があるけど窓はありませんと書きましたよね。オープンエアーです。それも静かな場所にありますしいいんでしょうね。もちろん冬は工夫してありますから寒くないですよ。それを言っておかないと、冬は誰も行かなくなっちゃいますね。頑張らなくてもいいカフェです。
posted by Mami & Tetsu at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>カフェ

Mar28,2005

*3 mahisa

mahisa1.jpeg mahisa2.jpeg mahisa3.jpeg

マヒシャ・スラマルディニー[Mahisa Suramardini]

 今回はティールームの紹介をしたいと思います。普段は断然コーヒー派のMami&Tetsuですが、ここは紅茶専門店です。
 地下1階にお店があるのですが、一歩足を踏みいれると…そこはもう異空間です。外の喧騒からのがれてアジア的な癒しの場があらわれます。隠れ家って感じですね。
 Mamiのお気に入りはミルクティー。お店もミルクティーで飲むのがおすすめということで、茶葉の種類を選ぶと、ティーポットに少し濃い目に入った入った約3杯分の紅茶とたっぷりでびっくりする程のミルク(牛乳)がでてきます。それとストレートで飲みたい人のためのさし湯も出てきます。
 最初は少しのミルクで飲んで、ポットの中で紅茶が濃くなってきたら、たっぷりミルクを入れて飲みます。濃くなってもパンチは出てきても苦味はありません。茶葉のセレクトがいいのでしょうね。Tetsuはストレート派なので、ミルクの代わりにさし湯で飲むことも。それで好みの濃さに調節して飲みます。ゆっくりとティータイムが過ごせますよ。
 もちろんロイヤルミルクティーやスパイスをうまく使ったシナモンミルクティーなどもあります。これらは大きなティーボール?でサーブされます。
 冬場でもスペシャルアイスミルクティーなどもあり、暖房でのどが乾いた時なんかにはアイスを飲むこともあります。アイスものと言えば、夏場におすすめなのは(Tetsuは冬場でもゴクゴク飲んでいますが)アイスオレンジティーですね。オレンジ果汁とアイスティーの最強のコンビネーションです(笑)冬場は期間限定でオレンジでなく温州みかんとデコポンのミックスです。はまりますよ。いつもアイスティーにはシロップを入れないという人も、ぜひ少し入れてみてください。グッとオレンジの風味が引き立ちます。シロップもキャラメル色の優しい味のものですよ。
 スイーツも手作りで、素朴すぎず、でも素直においしいと感じられるものが10種類程度あります。ヘルシーな感じで、紅茶に合うものが用意されています。二人で一つケーキを頼んで半分こしたりします。少し甘いものがあると満足感がアップしますよね。
 場所はハンズの道を挟んで反対側、エーコービルの地下1階です。23時まで営業のため夜のお茶にも便利です。
 系列店で「オルガン」「マドマド」があり、その店によって雰囲気も違います。メニューはほとんど同じですけどね。
posted by Mami & Tetsu at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>カフェ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。