Oct18,2005

YUMIKO IIHOSHI PORCELAIN EXIBITION

イイホシユミコさんの作品展 at ViVO,VA

 ViVO,VAさんでのイイホシユミコさんの作品展がついに決まったようです!
 先日、お店に行ったときにDMカードが既に出来上がっており、数日後にサイトにもupされました。昨日、我が家にもDMが届きました。
 前々から今年の秋ぐらいにとは聞いていたのですが、まだかまだかと、ずっと待ちわびていました。
 開催日は2005年11月11日(金)〜11月20日(日)です。
 内容はDM及びサイトによると下記のとおり。


  F氏の食卓−YUMIKO IIHOSHI PORCELAIN EXIBITION

   F氏は奥さんと犬と暮らす。
   ときには友人を招いての食事。
   気に入りの家具、食器。
   F氏の食卓から彼の日々が思い浮かぶような…
   今回はそんな設定での、器の展示です。

   今回は、ひとつずつ違う色々なサイズのものも制作してみました。
   器からあなたの日々を想像してみて下さい。



 うーむ、とっても魅力的ですが詳細が分からない。
 ViVO,VAさんでお話を少ししたのですが、その時はまだどんなアイテムをどういうスタイルで販売するのかハッキリは決まっていないようでした。
 開催まで1か月で、DMまで作っちゃっているのにハッキリ決まっていないって…、相変わらずのノリが素敵です。まぁ、そうは言いながら構想は着実に練られているのでしょうね。
 しかし気になる。どーもポットらしきシルエットが描かれていますね。我が家はこういうポット類に目がないので、かなり欲しいです。「食卓」というぐらいだからポットだけではないですよね。お皿や鉢などもあるのかな。友人を招くのならばマグでなくカップ&ソーサーかな。もしかして犬用?あー、分からない。しかも「ひとつずつ違う色々なサイズのものも制作」っていうのが更にヤバイ。早く行って全アイテムを見たいと思っちゃいますよね。
 早い者勝ちになってしまってはいけないのでViVO,VAさんも受注形式にしようかと考えたこともあったようですが、ひとつずつ違うサイズのものを受注するのも難しいし、イイホシさんが作れる量も限りがあるので大量受注も難しいし、どうしようかなって感じで決め兼ねているようでした。
 あれ?よく読むと「展示」とは書いてあるけど、売るって書いてないな…。いやいや展示即売会スタイルのはず、たぶん。
 後は当日にお店へ行ってみてのお楽しみですね。期待しています。

■関連記事
#15 Mag イイホシユミコさんのマグカップ
#43 Sugar Pot イイホシユミコさんの小モノ入れ / シュガーポット


posted by Mami & Tetsu at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Aug26,2005

第19回神戸骨董祭

第19回神戸骨董祭
 日時:2005年9月2日(金)〜9月4日(日)
    AM10:00〜PM5:00(最終日はPM4:00で終了)
 場所:神戸ファッションマート1Fアトリウムプラザ(六甲アイランド)

 もうすぐ神戸骨董祭です。神戸骨董祭は微妙に開催日が変わりますが、年2回定期開催されています。
 神戸では最大規模の骨董市ですね。ファッションマートのHPによると、今回は「アール・ヌーヴォーから古伊万里まで」をテーマに各地のアンティーク・ディーラー120店、計150ブースが出店とのこと。まあ、テーマはあってないようなものでして、結局は出店業者さんがいつものモノを持ってくるので、ファイヤーキングなんかも普通に売っていると思います。
 本当に好きな人は、初日に並んで待っていて、開くと同時にお目当てのお店に一直線に向かうらしいです。骨董市は早い者勝ちですからね。でも特別に目的のモノがないのでしたら、土日にでもプラプラとお出かけがてらに行かれるといいと思います。見るだけならタダですので(駐車場代なんかはかかりますが…)、冷やかし半分に見回るだけでも雰囲気を楽しめます。まぁ、そんなつもりで行っても、電撃的な出会いがあると、どえらい出費になる可能性もありますので、お好きな方はご注意を(笑)

■関連記事
第18回神戸骨董祭と北欧の陶器市
第18回神戸骨董祭へ行ってきました
posted by Mami & Tetsu at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Aug14,2005

第11回骨董&アンティーク掘り出し広場

第11回骨董&アンティーク掘り出し広場
 日時:2005年8月19日(金)〜8月23日(火)
    AM10:00〜PM8:00(最終日はPM6:00で終了)
 場所:さんちかホール(さんちか3番街)

 ちょっと久しぶりのイベント情報です。
 年に2回、さんちかホールで開催される骨董市。
 規模は小さめで24件の出店。神戸骨董祭のように今日一日見て回るぞってノリではなく、三ノ宮でお買い物や食事と一緒にちょっとのぞける感じです。
 会場がさんちかですので電車でのアクセスもとても良いです。場所がちょっとわかりにくく、さんちか3番街に入って奥の方、本屋の南側にある半地下のような階段を下った場所にある催物会場です。
 基本的には和モノ屋さんがメインになりますが、このブログで紹介したキンツレの世界時計ロレックスのレディースウォッチHOYAのカップ&ソーサーを買ったアンティークSAKAIさんやバカラのガラス鉢バカラのリキュールグラスを買ったアンティークifさんが出店します。
 また印判をお探しでしたら骨董岡本さんがおすすめ。ただし図変わりが得意ですので、案外値段がするモノが多いかもしれませんが…。
 まあ、どの業者さんもその時のストックによって持ってくるモノが違いますので、実際に行ってみないとどんな品揃えかはわかりませんね。もし探しているモノがあるのでしたら店頭になくても相談してみると在庫がある場合もあります。ぜひお尋ねを。
posted by Mami & Tetsu at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Feb28,2005

北欧の陶器市へ行ってきました

vivo,va_toukiiti.jpeg

 今回も街ネタです。神戸骨董祭へ行った後に、栄町のvivo,vaさんが催されている北欧の陶器市へ行ってきました。
 GustavsbergやArabiaを中心に、無名なモノからLindbergまで多彩な取り揃えです。決して大きな店ではないのですが、なかなか神戸市内で北欧の陶器をこれだけまとめて見られる機会は少ないと思います。
 北欧の陶器はメジャーなデザイナーのモノがある程度の価格で取引されるケースがちまたでは多いですが、こうして見てみると無名のモノもなかなか良いですね。
 北欧陶器に特有の温かみとビンテージの趣は無名であっても十分にあり、むしろ最近見すぎのLindbergモノより新鮮で目を引きます。
 我が家は食器は使ってなんぼと思っていますので、少々高価なモノでもどんどん使いますが、ちょっと高価なモノは使いづらいと思われる方には無名モノがおすすめです。
 パラパラとお客さんが来て、ぽつぽつとモノが減って行きます。我が家もArabiaの角皿を1枚購入しました。3月6日まで催されるそうですが、どれも基本的に一点モノですので興味のある方はお早めにどうぞ。
 またArabia関連の書籍も充実しています。写真中央の奥の方にあるのが見えますでしょうか…。Arabiaは自社のサイトが充実しており、マーク(釜印)やデザイナー等の少々のことはインターネットで確認することができますが、やっぱりこういう本は良いですね。掲載写真からは当時の雰囲気が漂ってきます。Arabiaファン方におすすめです。
 Tetsuも以前に4階の本屋さんで1冊買ったことがあるのですが、フィンランド語?版で文章はさっぱりですが写真を眺めるだけでもいいですよ。もう1冊欲しくなっちゃいました。
 ちなみにArabiaのサイトですが、次回ちょうどお皿を紹介しようと思っていたので、その時にリンク貼りますね。

■関連記事
第18回神戸骨董祭と北欧の陶器市
#11 Valencia ウラ・プロコッペ[Ulla Procope]デザインのアラビア[Arabia]製プレート
posted by Mami & Tetsu at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント

Feb27,2005

第18回神戸骨董祭へ行ってきました

kobe-kottousai.jpeg

 昨日、神戸骨董祭へ行ってきたので報告をさせていただきます。
 ちょっと分かりにくい写真ですが大きなホールをブース分けして色々な業者さんが出店している風景がわかりましでしょうか?ちょうどデパートなどの催事会場のような感じです。多少の差はありますが骨董市というと大体どこもこんな感じですね。
 ゴチャゴチャっとしたなかに数十万円とか中には百万円以上もするアンティークがまざっています。骨董には興味があるけれど街の骨董店は敷居が高そうで…という方はぜひ骨董市へ行かれてはどうでしょうか。気軽に見て回れますよ。
 で、一通り見て回ったんですが今回はイマイチでした。似たような品揃えの店が多くて、あまり目を引くモノがありませんでした…。
 結局いつも同じ店が良く見えてしまうんですね。セレクトする力がある人はやっぱりいつ見てもいいモノを置いてます。今回もantique SAKAIの酒井さんのお店が良かったんですが、基本的には時計屋さんなので時計ばっかりも買っていられませんしね。
 でもウロウロしていたらMomoさんが歩いているのを発見。#1で紹介したローウィのコーヒーセットを買ったお店の方です。会場案内図にはMomoさんの店が見当たらないので「?」だったんですが、友達の店を手伝いながら少しスペースを間借りして自分の商品も売っているとのこと。さすがにセンスのいい品揃えです。今回は割れ物をほとんど持ってきていないらしく、Tetsu的には残念だったのですが、Mamiは50年代ぐらいのトリファリのネックレスを買いました。星をモチーフにしたとてもかわいいモノです。またそのうち紹介したいと思います。
 我が家的にはあまり買う気はないのですが、ファイヤーキングを置いてある店が最近多いです。街中のお店よりは若干は安く買えます。市の場合はまとめ買いなどすれば、交渉次第で値段が下がることもありますので、お好きな方はどうぞ。

■関連記事
第18回神戸骨董祭と北欧の陶器市
第11回骨董&アンティーク掘り出し広場
第19回神戸骨董祭
posted by Mami & Tetsu at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街ネタ>イベント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。