Aug09,2006

#120 琉球ガラス(その7)

ryukyuhenkei.jpeg

琉球ガラスの皿

 縁の一部が角ばるように変形したお皿。ブラウンのガラスが変形部の形状を際立たせています。このモダンなデザインのガラス器は、琉球ガラス工房のひとつ、清天のモノ。
 一口に琉球ガラスといっても様々な種類があります。稲嶺ガラスに代表されるような、造形やガラスの質感を追及した芸術作品のようなモノもあれば、いかにも手工芸品ですといった装飾的なモノ、お土産屋さんに雑然と並べられた安物の色付きガラスまで。これは琉球ガラスに限ったことではないのですが、きちんとしたモノを作っている人達が、心無い安物業者とひとくくりにされるのは、悲しいことですね。
 清天工房さんは、スッキリとしたデザインのガラス器が多く、ちゃんと日常の中で活躍できる、誠実な器づくりをされている工房です。いかにもな工芸品的な琉球ガラスという感じではありませんが、リサイクルガラスの質感と手作業の揺らぎといった琉球ガラスのコアとなる要素が、シンプルなデザインの中に、温かみのある風合いを与えています。
 我が家のようなモダン好きの方にも十分趣味に合うデザインだと思います。この皿も純粋にカッコいいですね。ガラスの質感に雰囲気があり、ヴィンテージの食器類と合わせても違和感がありません。何種類かある色の中でも、レトロなテイストのブラウンに、ついつい手がでてしまいます。
 日常の器を手作りすることは、作り手側からすれば、割に合わない仕事なのかもしれません。手間の割には高値で売れず、地味で単調な作業の繰り返しになるのでしょうね。信念や愛情がないと続けられない仕事だと想像します。だから、買う側はちゃんとモノを選ぶことが大切だと思います。安いからといって、とりあえず買ってしまうようなことをせず、自分のお気に入りを探して、それを愛用することが、作り手を支えることにつながるのではないでしょうか。自分自身の暮らしも、もっと素敵になりますしね。


posted by Mami & Tetsu at 17:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス

Jul29,2006

#118 琉球グラス(その6)

yuizara.jpeg

琉球ガラスの皿 / 結皿

 ようやく夏らしくなりそうですね。今回は、夏が良く似合うガラス器を紹介します。
 このブログではお馴染みの琉球ガラス。廃ビンをリサイクルした質感が魅力です。
 恩納村にあるグラチッタ[glacitta']さんで購入しました。清天工房のガラス器も多く取り扱っていますが、このお皿はグラチッタさんのオリジナル。
 結皿という、とても沖縄らしい名前がつけられています。
 「結(ゆい)」とは沖縄の言葉で、結びつき・つながり・縁・仲間等を意味します。「ゆいまーる」という言葉もあり、こちらは結を廻すという意味で、協働・助け合い・相互扶助等のこと。もともとは農作業のための協働の輪でしたが、日常生活での助け合いの形として広がったもの。現代社会においては協働の必要性は薄くなりましたが、人とのつながりを大切にする精神が根付いており、沖縄のひとつの文化として大事にしているようです。そういえば、那覇のモノレールの愛称も「ゆいレール」でしたね。
 透明なガラスのお皿に、少量の気泡を含んだガラスで結び目をあしらっています。ポテッとした丸いカタマリから細長く伸びた線が、器をクルリと一周し、もとのカタマリに結びついています。
 シンプルなデザインですが、ガラスの揺らぎが心地よく、涼やかな印象のお皿です。
 結皿という名前も気に入っています。縁起が良い気がして、友達の結婚祝いに送ったこともあります。その時は沖縄から送ってもらったのですが、友達に贈ることを伝えておいたら、綺麗にプレゼント包装してくれましたよ。おすすめです。
posted by Mami & Tetsu at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス

Jul22,2006

#117 Talleyrand

talleyrand.jpeg

バカラ製のグラス

 潔いフラットカットと重量感の中に、繊細さと気品が秘められたグラス。どこまでも澄んだ水のような透明を、研ぎ澄ましたナイフで切り取ったような大胆なカット。屈折した光が放つ輝きに、バカラの真髄が垣間見られます。
 #12 Glass bowlのMemoにも記載しましたが、1936年以降のバカラにはマークが入れられています。このグラスにも底にエッチングでマークが入れられているので、それほど古いモノではありませんね。個人的にはアンティークを定義する際の100年という基準にはとらわれなくてもいいと考えていますが、バカラの歴史の長さを考えると、このグラスをアンティークと呼ぶには少し若すぎるかな…。オールド・バカラといったところでしょうか。
 パッと見た感じでは、このフラットカットの縦長のグラスを、アルクール[Harcourt]のタンブラーに似ていると感じる人も多いのでは。でも、良く見ると違いますよね。カットや縁まわりのアール等の細部のカタチからすると、タリランド[Talleyrand]の一つではないかと思います。
 タリランドのイメージというと、もう少し幅があって安定感のあるショットグラスですね。このグラスは、容量的に考えると、やや大きめのリキュールグラス程度。大分スマートですね。同じカタチのモノを見かけないのですが、かつて作っていた型なのかな…。
 この手のカットグラスは男性にも人気があります。このグラスもTetsuが気に入ったモノ。男性陣がこの手のグラスを買うときには、大半がウィスキー用なのかなと想像します。アイラのシングルモルトを愛用のバカラでってノリかなと。でも、Tetsuの場合は何でも使っちゃいます。梅酒、芋焼酎、大吟醸、シェリー、アウスレーゼetc.と、まあアルコールばっかりですけどね(笑)
 世界中の飲食物を受け入れ、その全てを上質に変えてしまうバカラの懐の深さ。ちょっと洒落た日本料理店で、盛り付けの器に使われているのも納得ですね。
 変にゴージャスなイメージを持って、毛嫌いする方もいるかもしれませんが、やっぱり本当にいいモノというのは評価されるだけの魅力を持っています。もちろん、自分の好みに合うかは別の話ですが…。
 イメージだけで食わず嫌いされている方は、一度骨董市にでも行って、先入観無しにモノを見てはいかがでしょうか。世界が拡がるかもしれませんよ。ただ、ハマると、お財布の負担が大きくなることは否定できませんけどね。

Memo:
 バカラについては#12 Glass bowlで詳しく書いてますのでそちらを参照して下さい。
posted by Mami & Tetsu at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | テーブルウェア>グラス

Jul13,2006

#115 Boopie

berwick.jpeg

アンカー・ホッキング[Anchor Hocking]製のシャーベット・グラス / Berwick

 ステムのカタチが印象的なシャーベット・グラス。
 もともとはMamiが一時期バイトをしていた和骨董屋さんにあったのですが、お店で売るような類のモノではなくて、Mamiがこれを気に入ったため、頂いたモノ。
 初出し(うぶだし)といって、一般家庭(蔵があるような旧家が理想的なようですが)に眠っている古いモノの掘り出しを時折している方なので、その中に混ざっていたのかな。それとも、知り合いのアンティーク屋さんや市などで手に入れたモノなのかもしれませんね。いずれにしても、このグラスがどういったモノなのか、全然知りませんでした。
 これが米国製だと知ったのは最近のこと。ファイヤーキング[Fire-King]で有名なアンカー・ホッキング社の製品。バーウィック[Berwick]というシリーズで、このガラス玉をあしらったデザインが特徴。一般的にはブーピー[Boopie]という愛称で呼ばれており、本名より愛称の方が有名だという不思議なシリーズ。詳細な製造年を知らないのですが、1940年代から1960年代位までの長期間に渡り、定番的に作られていたらしいです。
 昨年の渡米以来、アメリカン・コレクティブルもかなり気になる存在なのですが、詳しい知識がなく、これがアンカー・ホッキング製だとは全然考えていませんでした。たまたまネット上で同じモノを見かけて、はじめて気が付きました…。アイテム的には比較的ベタなモノのようですね。しかも、アメリカン・コレクティブルには、こういったガラス玉をアクセントにした、同じようなデザインのグラス(インペリアル・グラス[Imperial Glass]社のキャンドルウィック[Candlewick]シリーズ等)が何種類かあり、ディーラーやコレクターはその特徴を覚えて、見分けているとのこと。イヤイヤ、勉強不足でした。
 アイス大好き人間としては、こんなグラスにのったお上品な大きさのシャーベットだけでは満足できないので、シャーベット・グラスとしては使っていません(笑)つまみのナッツ類をのせたり、小鉢がわりに使ったりと、Mamiが色々工夫して活躍させています。
 エレガントとカワイイの中間ぐらいのレトロなデザインがお気に入りです。
posted by Mami & Tetsu at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス

Jul03,2006

#114 Orangina Glass

orangina.jpeg

オレンジーナ / オランジーナ[ORANGINA]のグラス

 オレンジの炭酸飲料「オレンジーナ」のグラスです。
 オレンジーナというとフランスのイメージが強いですが、実は1936年のアルジェリア生まれ。ちょうど今年で生誕70周年ですね。Apollinaris & Schweppes社のサイトによれば、現在では年間1億8千万リットルが消費されているとのこと。
 フランスに入ってきたのは1951年。イラストレーターでポスター作家であるベルナール・ヴィユモ[Bernard Villemot]を起用したポスターにより、フランス国内で一躍人気商品に。その後も有名アーティストを起用し継続的に続けられた広告活動が、フランスにおける圧倒的なブランド力の源となります。フランスのカフェで飲むスパークリング・オレンジというコジャレた雰囲気が、オレンジーナ=フランスというイメージに結びついているのでしょうね。
 ノベルティグッズも多く作られ、コレクティブルとして昔のグラス等が流通していますが、このグラスはコンランで買った現行品。
 ORANGINAの文字が抜かれた青いライン、グラスの表面には粒々したオレンジピールの柄。現行品なのですが、どことなくレトロな雰囲気。そして、夏に似合いそうな爽快な印象のグラスです。
 写真にボトルを写していますが、日常的にオレンジーナを飲んでいるわけではありません。普段は水を飲むのに使ったりしているのですが、それだけでも、ちょっと気分良いですね。
 ちなみにオレンジーナには果汁だけでなく果肉がわずかに含まれています。1972年から広告活動に掲げられたSecouez-moi[Shake me]という標語のとおり、軽く振ってから飲みます。炭酸飲料なのに不思議ですね。ガンガンに振ったファンタを友達に渡していた中学時代の記憶がよみがえります(笑)
posted by Mami & Tetsu at 12:22 | Comment(2) | TrackBack(1) | テーブルウェア>グラス
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。