Oct30,2011

#234 Monstera

monatera3.JPG

モンステラ

 最近、我が家で増殖中の観葉植物のモンステラ。
 ホームセンターなどで買うと安いのですが、葉数を増やして見栄えを良くするためか、何株かをまとめて植えてあるのが一般的。
 でも、成長が早いので、すぐに鉢がパンパンになりますし、うまいこと全体が均等に伸びてもくれないので、当初のカタチを保つのは困難です。
 個人的には、グッと一本が伸びて、先に2〜3枚の葉が生えているようなスタイルの方がカッコいいと思っているので、時期を見てバラしてしまいます。
 こちらも、もともとは5〜6本を1鉢にまとめてあったのをバラした内の1本。
 置いていた場所の日当たりの向きの都合で、徐々に横方向に伸びてしまったのを、支柱で支えて上向きに修正。気根もどうにか鉢に収めて、なかなか良いバランスになったかなと自己満足。
 モンステラというと、特徴のある葉のカタチにばかり目がいきがちですが、根や茎を含めた全体のシルエットが、エキゾチックでカッコいいのですよね。
posted by Mami & Tetsu at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>植物

May21,2011

#225 Monstera

007.JPG 023.JPG

モンステラ

 今回は観葉植物のモンステラです。
 以前に別の鉢を紹介したことがありますが、そちらは頂き物で、譲り受けた時には相当に立派なサイズのものでした。
 今回紹介するのは、頑張って自分で育てた思い入れの深いモンステラです。
 6年前のこと、たまたま訪れた植物店で小さな鉢を見つけました。「あの葉っぱに切れ込みの入ったカッコいいやつだ!」というだけで、育て方も何も知らずに購入。
 ベランダに置いて適当に水遣りをしていたら、直射日光で葉は焼け、台風で倒れ、最終的には寒さに耐えられなくなり、枯れ死する寸前に…。
 これはいけないとネットで育て方を調べ、とりあえず室内へ。どうにか息を吹き返して、翌年には小さな葉っぱがひょろひょろと生えてきました。
 頼りない細さながら茎が伸びてきたので、その翌年にはひと回り大きな鉢へ植え替え。
 ようやく買った時と同じぐらいのサイズの葉なったものの、一向に切れ目が入る気配がありません…。
 ガマンガマンと思ってきましたが、ここまでくると最初のあまりの仕打ちにのせいで、葉に切れ目が入らなくなってしまったのかと不安になりました。
 しかし苦節4年目のこと、葉に切れ目が入りました!嬉しくて伸びる葉っぱを毎日のように観察していました。この頃から、立派な気根が生えてきて、茎も太くなるにつれ安定的に切れ目の入った葉が生えるように。
 切り戻したり、株分けをしたりして、現在は3鉢に。その中で一番元気に育っているのがこちら。
 焼き杉の杭を支柱代わりにして伸ばしています。プロが仕立てたようにとはいきませんが、なかなか良いカタチになったのではないかと自己満足しています。
posted by Mami & Tetsu at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 置物>植物

Sep05,2009

#197 Monstera

monstera.jpg

モンステラ

 最近、観葉植物が増えてきました。
 適当に育てているので、うまく成長しなかったり、根が詰まって葉の色が変わってしまったり、時には枯らしてしまうことも…。失敗を繰り返しながら、生命力のある植物だけが残っているような状態ですが、大きくなったものを株分けしたり、植え替えしたりしているうちに、リビングがジャングル化してきています。
 今回紹介するのはモンステラ。
 どちらかというとベタな観葉植物ですね。穴のあいた個性的な葉が特徴で、知っている方も多いと思います。ハワイのイメージを持つ人もいるようですが、個人的にはモンステラといえばミッドセンチュリーモダン。イームズのケーススタディハウスのモンステラが、鮮烈な印象となっています。
 実はこちらは頂き物です。グルメ記事に時々登場する美容師さんが、カットサロンでモンステラを育てています。行くたびに巨大化し、株分けにより増殖を続けており、すっかりブリーダー状態。うらやましがっていたら一鉢分けてくれました。
 大きくて立派な葉が、とても良い雰囲気。次々に新しい葉が出てくるので、樹形を整えて、カッコいいカタチを保ちたいところ。とりあえず写真の状態ですが、下の葉を少し落とした方がいいのかなと悩み中です。

Memo:
 モンステラについてはモンステラ・マニアさんがとても詳しくて、カッコいいです。興味のある方はどうぞ。
posted by Mami & Tetsu at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>植物

Jun27,2008

#174 Ficus Microcarpa

gajumaru.jpg

ガジュマル

 ガジュマルは観葉植物的にはベタな存在で、モダンな感じもあまりしないのですが、多幸の木というハッピーな別名と沖縄のイメージが気にいっていて、我が家には二鉢あります。
 買った時は小ぶりな卓上サイズでした。店のお兄さんは、剪定をしたら適度な大きさに保てると言っていましたが、樹形も気にせずに伸びるがままにしていたら、あっという間に鉢いっぱいに。そこで、二回りほど大きな鉢に植え替えをしたところ、更にグングンと育って、今ではこんな状態です。
 まぁ多幸の木なので、どんどん成長するほうが嬉しいですし、もう少し大きくなったら更に大きな鉢に植え替えようかと思っているのですが、さすがに樹形も気にした方がいいのかな…。
 ガジュマルにも色々な種類があり、我が家の二鉢も、葉の形や枝の伸び方に共通点はあるものの、明らかに異なる種だと分かります。詳しい種類のことは知らないのですが、こちらの葉枝のカタチが、あるガジュマルに似ているため、余計に大きくなって欲しいと願っている気がしますね。
 そのガジュマルは沖縄の古民家を改装したレストランの玄関先にあります。とても大きくて、軒先までワサワサと繁った葉は、本当に家を守っているかのようで、神秘的な佇まい。よしもとばななさんの沖縄を舞台にした小説「なんくるない」に登場するイタリアンのお店は、ここがヒントになったのではと思ったぐらい。
 我が家の場合は屋内ですし、そこまで大きくは出来ないのですが、少しでもあの雰囲気がでてくれるといいなぁなんて思っています。
posted by Mami & Tetsu at 19:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 置物>植物

Jan31,2008

#166 Driftwood

driftwood.jpg

屋久島流木のオブジェ

 最近購入したお気に入りの観葉植物。
 流木にエアプランツを差し込んだモノを、アイアンのスタンドで支えてあります。
 ちょっとしたプレゼント用の雑貨を買うために、お馴染みのTRUSSさんへ行った時に、うっかり見つけて買ってしまいました。
 「うっかり」なんて言うと、衝動買いのようですが、実は前から流木のオブジェが気になっていました。
 モダンデザインに流木?と思われる方もいるかもしれませんが、特に米国の西海岸辺りでうまいことインテリアに取り入れているのを見かけます。以前にeBayで、これはカッコいいと思える流木オブジェを見つけたこともあるのですが、大きさと輸送中の破損の可能性を考えて止めておきました。
 国内でも流木は結構な量が流通しています。自分が求めている雰囲気は漠然としたイメージしかなかったのですが、惹かれるモノに巡り合えずにいました。どうもカントリー調だったり、和風だったりで…。
 でも、これにはグッときました。サイズや木の風合い、黒いアイアンスタンドとのバランスが何ともカッコいいのです。エアプランツと流木の組み合わせ自体はよくある手法ですが、これは我が家好みに合うオブジェに仕上がっています。
 YARDというランドスケープの造園部門のようなところの製品。屋久島の流木を使用しているらしいのですが、完成度の高さは、組み合わせやバランスへのこだわりがあってこそ。さすがです。
posted by Mami & Tetsu at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 置物>植物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。