Nov24,2005

#82 Amber Glass

brownglass.jpeg

琥珀色のビンテージグラス

 以前にも何回か書いたことがあるのですが、こういうアンバー、琥珀色、飴色などと呼ばれるブラウンのグラス類が好きです。改めて見返してみると色々と紹介してきていますね。アール・デコ琉球ガラス、ビンテージの水盤グラス灰皿など、自分でも思っていた以上にありますね…。食器にしても家具にしても、好みのモノを集めていると自然と統一感がでてきます。国も時代も関係なしに、カタチや風合いも全然違うのに、我が家の棚の中で調和していくモノ達に我ながらウットリ。ただし、やり過ぎると単色の食器棚になってしまいますので、インテリア的には挿し色も必要ですけどね。
 これはラスベガスのアンティーク・モールRed Roosterで買ったデザイナーもメーカーも不明の無銘モノ。アメリカではファイヤーキングやオールド・パイレックスなんかもいいのですが、こんな感じでミッドセンチュリーの雰囲気がする無銘の食器類がザクザクとあり、値段も安く、面白いです。レトロ&ポップなアンバーやグリーンのガラス器は雰囲気がよく、雑貨感覚で自分好みのモノが探せます。このグラスはそんな中から我が家が選んだモノ。
 シンプルですが、ポッテリとしたフォルムデザインが気に入りました。こういう色目は、モダンでクールな印象のビンテージにも似合うのですが、温かみのあるレトロな風合いにもピッタリですね。ゆっくりとした時間が過ごせそうな雰囲気のグラスです。
 ただし問題が一点。メーカー等が全然分からないこともあり、これが耐熱ガラスなのか不明です。暖かいハーブティーなんかをいれたいデザインなのですが、以前にMamiが思い切って熱いものを注いだところ、その時は平気だったのですが、後で洗っているときに小さなヒビが入りました。急激に冷却したわけではないので、熱が原因なのかは不明です。古いモノなので、たまたま弱っていただけなのかもしれませんが、その後はビビッて熱いものは注いでいません…。もう一度チャレンジしてみようかなと考えている今日この頃です。


posted by Mami & Tetsu at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。