Mar15,2008

*62 Montee

montee1.jpg montee2.jpg montee3.jpg
montee4.jpg montee5.jpg montee6.jpg
montee7.jpg montee8.jpg montee9.jpg

モンテ[Montee]

 最近よくはずしている記念日ディナー。Mamiの誕生日でしたので恐る恐る?はじめての店をTetsuが予約してくれました。「モンテ」です。
 以前に人から聞いて気になっていて、なかなか行く機会がなかったのですが、その間に雑誌Hanakoの美味しい店グランプリの準グラに輝いていました。
 Tetsuが言うに、今まで予約した中で、一番わかりやすくて優しく、親切で気がきいていた…と。でも期待はほどほどに行きました。
 お店の立地は閑静な住宅街の中の本当に隠れ家みたいなところでした。とてもいい感じの素敵な額みたいな窓にモンテのロゴが見えました。
 いざ店内へ。コートを預かってもらい、席につきました。さっそく食前に飲む胃薬をだしていると(どれだけがっつくつもりなのか…いや、寒くって胃の調子がね)なんと、先にMamiのグラスにだけ水を入れてくれました!おぉなんて気がきいるんだ。
 メニューを見て、モンテコースにすることに。プリフィクスで前菜・メイン・デザートを選びます。よくあるプリフィクスだけど(+500)というのではなくて、同じ値段でした。3〜5種類の中で選びます。
 サーモンのミルフィーユ仕立て・カリフラワーのスープ・ウズラのロースト・牛テールの煮込みをオーダー。牛テールは油っぽいかな?と思って、迷いながらサービスの女性に相談して決めましたが、料理のことも的確にわかりやすく説明してもらって決めました。
 Tetsuはグラスシャンパンを、Mamiは定番のペリエを。オーダー後、化粧室にたちましたが、ドリンクサービスとかぶってしまったなぁと思いながら、席に戻ると、待っていてくれて、それからドリンクを持ってきてくれました。チーズのガレットと一緒に。少し残念ながら、ペリエはストンとした普通のグラスでのサーブでした。シャンパンのフルートグラスと合わせてもらえると、テンションが上るんだけどなぁ。
 次はアミューズで、タラをほぐしてオリーブオイルと塩でよせかためたモノ。パンともよく合いますとのことで試してみると、これいけました。パンはかなり外側が厚くカリッとして、粉の味も深いおいしい自家製パンです。
 前菜のサーモンはどこがミルフィーユ?って思いましたが、サーモンの下にはカリカリに香ばしく焼かれた薄いトーストが忍んでいて、トッピングにはレモンとライムの皮でさっぱり。脂ののったサーモンは独特の匂いやくせがある時もありますが、この料理はさっぱり前菜としていただけました。
 カリフラワーのスープはMamiのスープ好きゆえにチョイスしましたが、正直あまり期待してなかったのです。さっぱり薄めのがくるのかなーと思っていたら、スープの中に表面を焦がしたリード・ヴォーと手長海老が入っていて、マッチするのか?と食べてみると、スープにもいい味が出ていて、合間に食べる具とも相性抜群でした。
 メインのウズラは焼き加減もよく、お肉もジューシーで、中にきのこの細かく切ったモノとハーブを和えたモノがつまっています。それに少し甘めのソース。お肉は外側カリッと中はやわらかく、つめモノと一緒に食べるとスーッとハーブが鼻と喉に抜ける感じで食感もいい、またソースをつけると違う味わいになり、楽しめました。
 牛テールはマッシュポテトにくるまれていて、油っぽい感じもなくやわらかで、好みでマッシュポテトの量を調節して食べる感じですね。そのままでも十分いけますし、赤ワインの少しきいたソースをつけてもいい感じ。Mamiはワインを感じてしまうような料理はちょっと苦手なんです(飲めないもんで…)でもそんなに気にならない程度で、でもソースは少しでいいかな。
 食事中にTetsuはグラスワインを泡・白・赤と飲みましたが、どれもなかなかの味でリーズナブル。グラスなので個性はほどほどですが、料理に負けない満足できるものでした。
 デザートには、チョコレートの温かいパフェ、グラッパのクレームブラン。ここでMamiのデザートのお皿にメッセージが!Tetsuに言っておいてくれたの?と聞くと、言おうと思ったら「記念日ですか?」と先に聞かれたそうです。このメッセージはチョコで描かれていましたが、達筆でセンスのある文字に関心しちゃいました。
 味のほうは、チョコレートのスープにくるみなどの入ったチョコ風味の焼き菓子がのっています。甘さを控えた大人のデザートでした。Mamiはもうちょっと甘くてもよかったかなー。グラッパのほうはかなりお酒がきいていて、さっぱりと食後にいい感じ(Tetsu談)そして、アフタードリンクもついていますので、エスプレッソとカプチーノを。
 フレンチでイタリアンコーヒーがあっても、あんまりとか普通のことが多いのですが、ここのはかなりおいしく、好みでした。特にカプチーノはエスプレッソのコクがベースにしっかりとあって、ミルクとのバランスがよく、フォームドミルクのきめの細かさもよく、おいしく締めくくることができました。小菓子も3種類でてきて、それぞれに工夫が感じられました。
 まぁ、こうして書くとベタ誉めな感じですが、正直、料理は決め手にかけるかなーと思うところもあります。またこれ食べたい!みたいな気持ちにはなっていないかな。でも料理に対しても一生懸命に考えて、お客さんも大事にしていこうという気持ちが伝わってきましたし、サービスの女性とのチームワークも抜群で、同時に料理も出てきて、説明も、こちらからの質問にもスマートにフレンドリーに受け答えされていて、すごく好感をもちました。途中から私たち2人だけだったので、ついいろいろお話させてもらいました。
 それに18席という小バコですが、テーブルも椅子も大きく、席間隔も広くとってあり、北野界隈の狭さとは違います。シックで落ち着いた店内はとても居心地がよく、適度な間隔で空間を照らすダウンライトの光もいいです。このオブジェはないよー!とか、テーブルクロスが残念などと、つい思ってしまいますが、モンテには満足しました。えー、1つ言えば、化粧室もすごく素敵で、手をあらったあとにはちゃんとしたミニタオルがあり、外国みたい!飾ってあるアレンジメントも、さすがにいいねー、ん???造花でした。よくできていたけど、やっぱり生花か本当のグリーンがいいかなぁ。
 わりと伝統的なフランス料理に思いましたが、シェフはフランス修業時代食べ歩いていろいろ吸収されたみたいですので、そこをいかしたお料理もあるんでしょうね。神戸の方で、若くて、近郊の野菜をおいしく使おうともされているよう。これからもっと期待できるのではないかと思わせられます。
 シェフもサービスの女性も、とても人がよく、あたたかい時間を過ごせた記念日でした。味がおいしければ流行るかもしれませんが、それだけではないですよね。サービスや居心地のよさという付加価値を、私たちはすごく大事に考えています。
 場所はこちら営業時間は、ランチ12:00-14:00(LO)(¥2,100〜)、ディナー18:00-21:00(¥5,000〜)定休日は月曜です。


posted by Mami & Tetsu at 10:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ>フレンチ
この記事へのコメント
お久しぶりです。mamiさんお誕生日おめでとうございます(ました?)。モンテさんは私は1度行って以来、行けてないのですが、どんぴしゃなコメントに感服しました。特に「決め手に欠けるかなー」というのは私も何となく思ってたんです、いやほんとに。人に紹介するときに、いいよー美味しいよーと言うんだけど、どこがどうって一言で表しにくい、インパクトがないのかなーとか思ってました。でもいいお店ですよね。私もまた行きたいです。
Posted by mugcup at 2008年03月16日 10:47
お久しぶりです!
教えていただいたモンテさんに、ようやく行ってきました。
メールで報告しようかと思っていたところ、すぐにコメントがきてビックリです。
つたない文章で、お恥ずかしいです〜。

やっぱりインパクトがないって感じちゃいますよね。
でも、本当にいいお店ですし、これからもっと良くなりそうな期待感があります。
また、おすすめのお店がありましたら、教えてくださいね。
Posted by Mami & Tetsu at 2008年03月16日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。