Oct29,2005

*27 Grill Miyako

gmiyako1.jpeg gmiyako2.jpeg gmiyako3.jpeg gmiyako4.jpeg

グリルミヤコ

 今回はタンシチューの名店「グリルミヤコ」に行ってきました…しかし、只今タンシチューは牛タンが流通量が少なく高くなりすぎているため、お休みされていました。へこみ〜。こんなことなら前来た時に食べてればよかったかも…
 まぁ気をとりなおしてメニューをみます。もっと洋食がずらり並んでいるかと思えば、そうでもありませんでした。定番のアラカルト10種くらい。洋食はハンバーグとエビフライ、カレーにハヤシライス、ちょっとお高いヘレカツ(ビーフフィレカツでございますわよ)あと、タンはお休みだけど、ビーフとシチューとテールシチューはありました。そしてデザートが5種くらい。
 あまり悩まずMamiはハンバーグ¥2000を、Tetsuはビーフシチュー¥2200を頼みました。このお店はやはり肉系で攻めようかと。店内はとても落ち着きます。BGMはインストのクラシックギター。はまってます。入り口の窓の近くに座ったんですが、さわやかで、オレンジの質のいいテーブルクロスとカーキ色の椅子がいい感じです。確かに少しお値段はします。けど、入りにくい雰囲気は一切なし。ホールの方がとてもカジュアルなんです。一人でまわっておられたんですが、デニムでしたよ。
 さて料理が来ました。お、ハンバーグはデカイ!!合格(笑)ナイフ&フォークですが、切らなくてもいいじゃないって感じにホロッとしてます。でも肉のパンチと甘味はすごくて、後からスパイシーさがやってきます。ソースはあっさりめのデミグラス系。ほんとにサラサラで、付け合わせのパスタにからめてもおいしかった。肉の味を第一にという感じでしょうか。
 ビーフシチューはあれですよ、あれ。マッシュポテトでお皿がかこってあります。このお店のコックさんは船のコックをされていて、揺れる船でこぼれないようにとの配慮からマッシュポテト作戦を考えたらしいです。おいしいしキレイだしこぼれない。すごいアイデアです。ビーフシチューも、家で食べるのをうっかり想像してて、あ、そうだ本気の洋食屋さんだったという感じ。牛肉の煮込んだモノ2切れとパスタや人参、スナップえんどうなどは普通の状態でした。これこそナイフなんていらなーい。とろけましたね。口の中で。お肉はもちろん神戸牛、業者さんのみにおろされている手に入りにくいモノを使っているらしいです。
 このお店は何もセットになっていないので、ライスかパンを頼むシステムですね。スープもアラカルトであって気になりましたけど(Mamiはスープ大好き。でもポタージュに限りますよね、うん)お腹いっぱいでしたから、また次回挑戦しようかな?
 あとここのもうひとつの看板人気メニュープリンです。一つを半分こしました。ハッキリ言って大人の味です。カラメルはかなり苦味が強くちょっとビックリ。焦げる前の絶妙なタイミングで作られていますね。本体は口どけの良さはクレームブリュレなみ、でもカラメルに負けない、しっかりとしたタマゴの味がしました。
 場所は説明しにくいなー。移転前のエスパスがあったところの斜め前、ってわかるかーって感じですか。神戸グロッサーズをもう少しのぼって、次の角を東に徒歩2分ぐらい。


posted by Mami & Tetsu at 13:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>洋食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。