Oct20,2005

#77 Anni

arabiacup2_1.jpg arabiacup2_2.jpg

チュリキ・サルメンハラ/クリッキ・サルメンハーラ[Kyllikki Salmenhaara]デザインのアラビア[Arabia]製カップ&ソーサー / SS-Model Anni

 前回に続いてアラビアのビンテージSS-Modelの紹介。チュリッキ・サルメンハラのフォルムデザイン。彼女はアートデパートメントに在籍し、釉薬を駆使した芸術的な作品が印象的なデザイナーでSS-Modelのような汎用モデルをデザインすることは稀だったようです。ウラ・プロコッペ[Ulla Procope]がデザインしたS-Modelがルスカ[Ruska]、アネモネ[Anemone]等といった異なるデコレーションでシリーズ展開したのと同様に、SS-Modelにも様々なデコレーションが施されました。
 こちらはAnniというシリーズ。ソーサーの裏面に「Anni」の記載がありますが、デコレーターは不明です。北欧のテキスタイルにありそうな幾何学なパターンは、目を惹くデザインですが、優しげな色目が落ち着いた雰囲気にしています。同じフォルムデザインでもStellaとはまた違った印象を受けますね。でも、同じカップに似合うように施されたデコレーションにはどこか共通点があり、2脚並べるとなかなか良い雰囲気。もっと色々と並べたくなりますね。S-Modelでも柄違いの同じカタチのカップを1脚ずつ揃えている方がいますが、棚にズラッと並べると結構いい感じになるのですよね。時代を経てなおアラビアの経営戦略にやられているのでしょうか…。S-Modelを一通り揃えて落ち着いていたのに、SS-Modelの華奢なラインが新鮮で、また集めているうちに、いつの間にか立派なアラビア・コレクターなんて人もいるのでしょうね、きっと。
 今どきのカフェでなく、昔ながらの喫茶店で、カウンターがあって、カウンターの向こうの棚にカップが並べられているところありますよね。あの棚を全部アラビアやロールストランド、グスタフスベリなどのビンテージにしたらハマリそうだなって思うことがあります。神戸は日本のコーヒー発祥の地で、古くからの喫茶店が結構あるのですが、我が家も含めて最近の人はあまり喫茶店に行かなくなっているので、その数は減る一方です。時代を経て色目の落ち着いた木質感あるインテリアは北欧のビンテージ陶器との相性が良いと思うのですが、誰かそんなお店してくれないかなぁ。きっと儲からないので、お金持ってないと無理だと思うけど…。

Memo:
 チュリキ・サルメンハラについては#76 Stellaで詳しく書いていますのでそちらを参照して下さい。
[参考文献:biotope



posted by Mami & Tetsu at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。