Oct12,2005

#75 Martini

pitcher.jpeg

ペル・リュッケン/パー・ルトキン[Per Lutken]デザインのホルムガード[Holmegaard]製ピッチャー / Martini

 #48 Teak Serving Trayの時に「我が家は昔から無意味にトレー類を買う傾向があります」と書きましたが、やたらと家にあるアイテムがもう一つ。ピッチャー類です。飲み物を入れる大きなモノから、陶磁器のクリーマー、和食器の片口椀など、注ぎ口があるモノが家に溢れています。何か特別なモノを注がなくてはいけないことは全くないのですが、カタチが好きなのですよね。もともとはMamiが好きで色々と買い集めていたのですが、最近はTetsuも加わり我が家にピッチャー類の増殖は止まりません…。特にTetsuは大きくてあまり使わないアイテムを買う傾向にあるため性質が悪いです。(じゃあ買うなよって?)
 今回紹介するのは、このブログで何度となく登場しているデンマーク王室御用達ガラスメーカーのホルムガード製のモノ。日本ではなじみの薄いマティーニ・ピッチャーと呼ばれるアイテムです。マティーニはご存知のとおりジンとベルモットで作ったカクテルのこと。カクテルパーティーの時に何人分かのマティーニを作り、サーブするためのピッチャーです。ステアラー(混ぜるための棒)がセットになっているのが定番で、このピッチャーも最初はガラス製のステアラーがついていたのかなと思いますが、残念ながら我が家にはありません。仮にあったとしても、割ってしましそうなので、この中でグルグル混ぜるのには抵抗がありますけどね。
 まぁ、そんなことを書いてはいますが、我が家でカクテルパーティーを催すことはないですし、マティーニを飲む習慣もありません。こんな微妙な大きさのピッチャーの必要性は全くないのです。でも、ある日オーストラリアから送られてきたりします。はい、Tetsuの仕業です。eBayで買ってしまいました。だってカッコ良かったから…。
 リュッケンによる1957年のデザイン。シャープなボディに絶妙なバランスでハンドルが取り付けられています。定番のスモークグレーのカラーがとても美しいグラデーション。
 スタイリッシュなイデタチは飾っておくだけでも本当にカッコいいのですが、ちょうど良いサイズのグラスもあるし、せっかくだから今度マティーニでも作ろうかな。カクテルパーティーっぽく古いスタイルの少し甘いマティーニが気分かな、それともドライな味にしてレモンのぶつ切りをピッチャーに浮かばせるのも悪くないな、なんてね。

Memo:
 ホルムガードとペル・リュッケンについては#3 CANADAで詳しく書いていますので、そちらを参照して下さい。


posted by Mami & Tetsu at 21:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
絶妙なバランスで美しい (・∀・)
スモークグレー私も好きです。
いいなぁ、かっこいいなぁ、欲しいなぁ。
でも、我が家でも使いどころが・・・・・

我が家にも使われない物が沢山。
物欲の悪魔を沈めるよい方法はないですかね?
やめる気もないですがwwwww
Posted by the_32o at 2005年10月13日 20:46
こんにちは。
本当にカッコイイですけど、使いどころはないですよね。
物欲の悪魔をしずめる方法は・・・、買う?
で、一時的にしずまっても次の悪魔がすぐ現れちゃうと。
エンドレスのループで家はモノだらけに。
アハハって笑うしかないですねー。

ところでthe_32oさんってお子さまいますよね。
ガラス製品とか大丈夫ですか?
Posted by Mami & Tetsu at 2005年10月14日 22:18
なるほど!
「悪魔をしずめる手は買う」
確かにスッキリしますwww


ガラス製品とか触られたくない物は息子の手の届かない高い所へ非難させています。
なんでもおもちゃにしてしまうので目が離せません。
椅子なんかもズリズリ引きずったりして遊んじゃいます。
リビングテーブルにお茶も置けません。
TVのリモコンも置けません。
雑誌も置けません。
大変です (;´Д`)
Posted by the_32o at 2005年10月14日 22:45
うわー、大変ですね。
割れ物どころか、お茶、リモコン、雑誌までも置けないなんて…。
でも、避難しながらもディスプレーには気を使っているのでしょうね。
またthe_32oさんのモノ紹介も楽しみにしてます。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年10月15日 16:00
ウオツカ・マーティニを永年、独りで週に7日、ミックスして飲んでいる者です。たまにはジンも使いますが、、、。
ミキシング・グラスでマーティニを作る作業そのものが生き甲斐みたいなものなので、ピッチャーを使う事も無いわけですが、去年でしたか、スティーブ・マックイーンの1968年の映画「華麗なる賭け(The Thomas Crown Affair)」の中で、外出から帰宅した主人公が、書斎壁面に作り付けのホームバーの冷蔵庫に予めバトラーに作らせて冷やしてあったマーティニを大きなブランディグラス状のピッチャーから注いで飲むシーンを見て、50年近く前のニューヨークでしばしば二三人のアメリカ人と一緒の昼食時に、その全員がマーティニ党なので、その手のピッチャーで持って来て呉れるのを注ぎながら飲んでいたことを懐かしく思い出しました。そのピッチャーはブランディグラスのスニフティをもう一回り大きくした様なものに片口の付いている物でした。
途端にそのピッチャーがどうしても欲しくなってネットで探し回っていますが未だ見つかりません。もしご存知であればご教示賜れば幸甚です。尚、お写真の様な形のピッチャーはルーシー・ボールの連続テレビ番組アイ・ラブ・ルーシーで何時も使って居ましたね(普通のクリスタル製の様でしたけど)。小生もガラスの棒とセットになったピッチャーも所有しますが、その棒は使ったことがありません。

Posted by Dragon at 2008年03月10日 22:54
Dragonさん、はじめまして。
マーティニを週に7日とは、すごいですね。毎日じゃないですか(笑)
50年近く前のニューヨークということは、失礼ですが、結構なお歳ですよね。
そのこだわりと経験、憧れます。

お探しのピッチャーの件ですが、心当たりがないので、私も探してみたのですが、見つかりませんね。
イメージ的には下記のようなカタチのモノだと思うのですが、合ってます?
https://mixmodern.up.seesaa.net/image/martini_glass.jpg
ちなみに、これはeBayで出品されていたモノです。Seagram's Extra Dry Ginのノベルティグラスで、高さが6インチの大きさです。ちょっと安っぽいですかね。
あるとしたら、やはり米国なのかなぁと思いますが、見つけるのは難しそうです。
お力になれずに申し訳ありません。

Dragonさんの思ったようなモノが見つかるといいですね。
手に入れたら、また教えてください。
それでは。
Posted by Mami & Tetsu at 2008年03月15日 11:43
ご丁寧なお返事を有難う御座いました。心温まるものがあります。添付願った画像。使用の目的は十二分に満たしますが ブランディグラス形というところで残念ですが若干違います。
S. McQueenの映画の該当部分を複写しました。動画一本とスティールで数枚、別のメールに添付してお送りしてみます。画質が劣悪ですが、私が申して居るモノがどんなものであったかはお分かり頂けるのではないかと思いまして。
ご覧頂いた後はお邪魔でしょうから削除してください。
有難う御座います。

Posted by Dragon at 2008年03月24日 14:33
Dragonさん、お返事遅れて申し訳ありません。
年度末からバタバタとしていまして…。

画像をいただけると分かりやすいですね。
なるほど、これはカッコいい!欲しくなるのも納得です。
なかなか上質で、有名グラスメーカーのモノかなぁと想像します。

しかし同じモノとなると難しそうです。
もともとマティーニ用なのかも怪しそうで、「Martini Pitcher」などで検索しても見つけられなさそうな気がします…。

ちょっと探してみましたが、やはり見つかりませんね。
また何か情報がありましたらお知らせしますね。
Posted by Mami & Tetsu at 2008年04月06日 13:23
ご多忙にも拘わらず貴重なコメントを有難う御座いました。お送りした画像も見ていただけました由。
"Martini Pitcher"では何処にも出ていないかもと云われて成程、という感じです。結構お時間を取らせてしまって申し訳ありません。
当時、何処ででも使われていたというわけではなく、私も実際にこれと出会った店は一軒でした。唯、レベル的にはごく普通のレストランで使用して居まして、気に入って通った記憶があります。
現実的にあの大きさでは冷蔵庫のスペースを取り過ぎると思いますので、此処暫くはスニフター(153mmH 840cc)で代用するか、などと幼稚な遊びごころをもて遊んで居ります。その内にはネットの何処かでひょっこり出くわすこともあるかも知れません。
楽しい時間を有難う御座いました。
Dragon
Posted by Dragon at 2008年04月07日 17:45
Dragonさん、こちらこそです。
まだまだ世の中には自分の知らない、カッコいいモノが沢山あるものだなぁと、勉強になりました。
そして、こだわりのある方には共感を覚えます。

私はネットや店舗、催事等でモノを見て回るのが趣味ですから、見つけましたら連絡しますね。
Posted by Mami & Tetsu at 2008年04月09日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。