Sep26,2005

#70 Pyrex Mag

pyrexmag.jpeg

オールドパイレックス[Pyrex]のマグカップ

 前回紹介したラス・ベガスのアンティークモールで購入したモノです。
 実はTetsuはオールドパイレックスやファイヤーキングには、あまり興味がありませんでした。日本での人気が高いのは分かりますけど、大量生産されていた日用品が、いかにコレクティブルとはいえ、尋常でない値段で取引されていますし、ちょっとポップすぎるような気がしていたので…。でもMamiはせっかくのアメリカなのでハッピーカラーなモノを買おうと思っていたらしく、あれこれと探すことに。
 実際に現地で見てみると結構いいものですね。まず値段が安い!さすがアメリカです。もちろん年代が古いモノやファイヤーキングのジェダイなどは、それなりの値段を付けていたりします。でも本当に色々な種類のモノがありますので、単純に自分が好きなカタチやカラーを選ぶ楽しみがあります。コレクターに人気のレアモノとかいう基準でなく、自分の好みのモノを選んでいけば、とってもチープです。こういう楽しみ方はありですね。
 また意外と色味がいいのですよ。ポップな色のモノが多い印象だったのですが、どの色も落ち着いた風合い。黄緑とか水色などでも全然ハデハデしくありません。ちょっと誤解していましたよ。Mami&ムッチャンのおかげでちょっぴり世界が拡がったTetsuなのでした…。
 このマグもいい色合いです。ちょっと茶色っぽいオレンジ。取っ手のカタチがアメリカっぽくて、気分はアメリカンダイナーです(笑)
 買ったのはThe Antique Mall。2脚セット売りしていました。実はここより前に行ったRed Roosterでも同じモノが2脚並べてバラ売りしており、見た感じのコンディションはほぼ同じなのに、なぜか値段が全然違いました。よく見ると片方はパイレックスではないのに、色もカタチもソックリ…。値段が同じだったらウッカリ買っていたかもしれないほど違和感がありませんでした。気に入っていたので後で2個ともパイレックスのモノに巡りあえて良かったです。
 これ以外にも色々とファイヤーキングやパイレックスを買ってきましたが、家に持って帰ってみると部屋に色味が増えていい感じです。Mix Modern感が増した気がします。

Memo:
 パイレックス[Pyrex]はPYRO(熱の意味)とEX(王様を意味する接尾語)を組み合わせた造語で、アメリカのコーニング[Corning]社が開発した耐熱ガラスの商標です。コーニング社は、1851年創業(ベイ・ステート・グラス社に始まり、その後合併を繰り返しながら1875年にコーニング・グラス・ワークス社が設立、1989年に現在のコーニング社へ名称を変更)エジソンの世界最初の電球のガラス、アポロ宇宙船の窓ガラス、光ファイバーグラスの開発など、優れた技術力と伝統のある特殊ガラスメーカーです。
 オールドパイレックスは1960年台ぐらいまでコーニング社が製造していた耐熱ガラスのテーブルウェア・キッチンウェアの総称。オーブンや電子レンジで使用可能な機能性と50〜60年代のアメリカ文化を象徴するかのようなデザインと豊富なカラーで、日本でも人気の高いコレクターズアイテムです。
 なお、コーニング社は現在でも「PYREX」商標を保有していますが、現行のパイレックス製品の製造には関係していないようです。日本では1970年に岩城硝子(株)がコーニングの技術供与を受けて生産、販売開始しています。


posted by Mami & Tetsu at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。