Oct20,2007

~22 Modern Retro

modern retro
click me to go Amazon


モダン・レトロ[Modern Retro] by Neil Bingham & Andrew Weaving

 我が家が買う本は、家具や陶磁器といったモノ系が多く、インテリア・スタイルブックの類はほとんどないのですが、今回はめずらしくインテリア系の本を紹介します。
 モダン・レトロというスタイルをロンドンやNYの実例を紹介しながら提案しています。あまり確立されたスタイル名称ではないので、POPでレトロなスタイルを想像する人もいそうですが、全体的に落ち着いたヴィンテージ系です。
 アアルト、ヤコブセン、ネルソン、イームズ等の巨匠作品から無銘のジャンク・ヴィンテージまで。ミッドセンチュリー期のデザインを、国や肩書きにとらわれることなく集め、統一感のあるスタイル。使いこまれたアアルトのテーブルは、天板が飴色になっていて、ふち周りにはいったキズさえもカッコよく見えます。これに合わせたフランス製の陶器でできたランプベース、北欧系でおなじみのスタルハネの陶皿、NYの現代陶芸家ジョナサン・アドラーという、なんとも不思議な組み合わせですが、これが本当にカッコよくまとまっています。
 以前に骨董商の知り合いが、モダンデザインは現在でもほぼ同じモノが再現できるという点に魅力を感じないと言っていました。これはこれで骨董商らしい発想ですね。でも、この筆者は逆に巨匠のオリジナル作品だけにこだわることなく、手軽な価格で買える現行品を取り入れたり、フリーマーケットなどで安価で手に入る無銘のデザインを混ぜてスタイルを作ることが出来るのが魅力なのだと述べています。それぞれの方法でモダンデザイン期のデザインを組み合わせて、リラックスした部屋づくりをすれば良いと。本当にそのとおりだなと思います。
 実はこの本は、2000年に発行して6万5千部が売れたハードカバーの人気タイトルを、コンパクトなペーパーバックにして再販したモノ。小ぶりながらもフルカラーの内容は見ごたえがあり、お手軽価格なのが嬉しいですね。
 神戸のランダムウォークで見かけて、思わず買ったのですが、この内容ならばハードカバー版でも良かったかなぁと思うほどのお気に入りです。


posted by Mami & Tetsu at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。