Aug09,2005

#63 Original Panel

panel.jpeg

ファブリックパネル

 自作のファブリックパネルです。寝室の壁にスペースがあったのですが、あまり絵を飾るような習慣がなく、ファブリックパネルなら良いかなと思い、自分で作ってみました。
 ファブリックパネルは色々なところで売っていますよね。使っているファブリックも、現行のマリメッコ、ビンテージの無銘モノや柳宗理など多種多様です。生地の種類や大きさによって値段もピンキリ。インパクトのあるデザインのモノなら、それひとつで部屋の印象を変えそうですね。なかなか選びがいのあるアイテムです。
 我が家は落ち着いた柄にしました。寝室なのでテンションが上るような柄は寝つきが悪くなりそうですし、部屋を占める面積が一番大きいシーツ類の柄との相性を考えなくてはいけません。でもシーツ類は何種類かを交換して使いますし、また新しいモノも買うでしょう。パネルにあわせてシーツを選ぶのもどうかと思い、パネルの方を合わせやすい柄にしました。(と、この時はそんな話をしていたのですが、最近Mamiが寝室のカーテンを超インパクトのある柄に替えることを検討中…。詳しくはまたそのうち書きます。)
 使ったファブリックはモダニカやケース・スタディ・ショップの系列店のTIMOというショップの製品。TIMOとはTextiles In Modern Odjectsの略で、60年代にハーマンミラー社がテキスタイルデザイナーのアレキサンダー・ジラルドを起用して設立したテキスタイルとオブジェの専門店をモデルにしたお店とのこと。日本のモノですがなかなかのグッドデザインで、とてもリーズナブル。TRUSSさんでTIMO製品の取扱いがあり、店にストックがないモノだったのですが次の入荷に併せて取り寄せてもらえ、少し時間はかかりましたが手に入れることが出来ました。
 キャンバスのような少し粗い織りの生成り地に、黒一色で柄が描かれています。シンプルですが手書きっぽいパターンに暖かみがあり、強い存在感があるわけではないのですが、のっぺりとしていた壁の印象がやわらぎます。
 作り方は自己流で、とても単純。東急ハンズで購入した木製パネルの上に生地を置き、アイロンでピッタリするようにしわを伸ばして、裏に折り込んで画鋲で留めるだけ。布の端も切りっぱなしで何の処理もしていませんが、別に売り物ではありませんので表から見えなければいいかなと。柄に飽きたら簡単に交換できますしね。また、余った生地は小さなパネルしました。こちらは某喫茶店のトイレに飾ってあります。
 作ってみて思ったのですが、もちろん市販のモノより安くはできましたが、木製パネルは既製品を使ったのでそれなりの費用はかかりました。好みの柄のモノがあるのなら市販のファブリックパネルを買っても良いかもしれませんね。でも、市販品ではない柄やビンテージのファブリックなどで、生地だけならあるという場合でも、案外簡単に出来るのだなと分かりました。もしよければ挑戦してみてください。失敗しても責任は持てもませんけどね…。


posted by Mami & Tetsu at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。