Aug07,2005

*19 欧風料理もん

mon1.jpeg mon2.jpeg mon3.jpeg

欧風料理もん

 今回は創業65年の老舗欧風料理「もん」の紹介です。欧風料理といっても堅苦しく考える必要ありません。洋食という名前がついてなかった頃、そう呼ばれていたんでしょうか…もしくは、オーナーかシェフかの欧風料理だ!というこだわりがあるのかも…推測ですが。我が家はこのお店をちょっとよい洋食屋さんとして使っています。
 入るといい匂いがしてきます。店内は民芸調でまとめられていて、1階はカウンターとテーブル席、2階もテーブル席になっています。いろいろな飾りモノにキョロキョロしてしまいますよ。特に2階は。
 さてオーダーですが、メニューを見てひと悩みです。どれも魅力的。知り合いにこのお店の常連がいて、ぜひビフカツを食べてみてと言われていたので一つはビフカツ(2200円)に。もう一つはやはり「もん」の名物、とんかつ定食(1200円)にしました。
 このとんかつは普通のとんかつとは違って、ゴロリとしたかたまり(一口カツ状態が近いかな)です。わらじカツとか呼ばれる、切ってあるモノではありません。だからとーってもジューシーでカリッとしてます。これはサービスメニューのようになってまして、〈名物・とんかつ〉は単品、〈とんかつ定食〉にはライス、お味噌汁、漬物がついています。これ以外は基本的に単品とライスかパンかという感じの洋食になります。我が家はランチに行きましたので一品づつしか食べませんでしたが、夜や何人かで行くなら、各自とって、〈名物とんかつ〉をシェアってのおすすめですね。6個ぐらいとんかつはのっています。〈とんかつ定食〉を食べたTetsuは大満足。なんでも半分こな我が家なので、もちろんMamiもとんかつ食べましたよ。やわらかいし、ケチャップ系のソースで食べるのもおいしいですねー。洋食だとデミグラスソースとか真剣トマトソースってのもありですけど、もんのはなんかノスタルジックな気持ちになる、でもなりすぎないおいしいとんかつです。付け合わせはさすがにキャベツはサフランの風味がしましたし、もやしはビネガーっぽいので和えられていました。
 ビフカツはライスと注文しましたが、お肉の中はまだ赤みが残っており表面はパン粉の衣がしっかり色付いていて、これもかりっとジューシー、しかも超・超やわらか〜い!!うまーい!!こちらはデミグラスソースでいただきました。ホントにおいしかったです。聞いてみるとやはり、神戸牛を使われているとか。まぁちょっとお値段はしますけどね。このおいしさなら納得です。
 3階・4階はお座敷になっているようで、しゃぶしゃぶ・すき焼きの宴会受け付けますとのこと。こちらも神戸牛を使われているそうですよ。
 あと、言っておかなくてはならないことがありました。このお店、オーダーから料理が出てくるまで、めちゃめちゃ早いです。テーブルに来た時点でまだ揚げたての油がプクプクしててびっくりでしたし。お急ぎや腹ペコの時などにもいいですね。ま、その時の込み具合にもよるかもしれませんが。多分、いやきっと早く出てくるでしょう…(笑)
 この店のもうひとつの見どころはメニュー、ランチョンマット、マッチ、テイクアウト用包装紙等に使われている木版画家・川西 英の作品。港町神戸を題材に多くの作品を遺した方で、レトロ&ハイカラな神戸の趣きあるデザインです。
 場所は東急ハンズへ上る道沿い、山側を向いて左手です。神戸の人なら看板を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。


posted by Mami & Tetsu at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ>洋食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

もん
Excerpt: 朝から両親がコタツや冬服を車で持ってきてくれたんで、 そのまま三宮にランチしに行きました。 生田神社の南側、生田ロード沿いにある洋食屋、 「もん」 です。 ここは結構昔からある洋食屋で、 ..
Weblog: KZLIFE
Tracked: 2005-11-15 19:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。