Aug31,2007

#156 Springare

springare2.jpg springare3.jpg springare1.jpg

スティグ・リンドベリ[Stig Lindberg]デザインのグスタフスベリ[Gustavsberg]製の馬 / Springare

 今回は陶器製の馬を紹介します。興味のない人には、また動物モノかと言われそうですが、我が家のコレクションの中でも、かなりの大物です。
 デザイナーはスティグ・リンドベリ。北欧ヴィンテージのファンで、この人の名前を知らない人はいませんよね。近年の北欧ブームの牽引役であり、本国スウェーデンの人気も急上昇。人気と共に値段も急騰しているので、買う側からすると困ったことなのですが…。
 多彩な作品があるリンドベリですが、この馬も代表作の1つでスプリンガレ[Springare]といいます。リンドベリの作品集でも紹介され、プチグラNo.7では小さいサイズのドット柄が表紙を飾っています。また、現在開催中の巡回展「北欧モダン デザイン&クラフト展[Nordic Modernism, Design & Crafts]」でも展示されていますので、リンドベリのファンなら知っている方もいるのでは。
 欲しいなとは思いながらも、売っているのを、ほとんど見たことがありませんでした。人気があるので、日本のディーラーさんも買い付けたいと思っているはずですが、レアアイテムなのかなと。それで一度、スウェーデンのオークションのセラーに声かけをしてみたところ、数ヶ月で小さい方を見つけてきてくれました。案外、簡単に見つけてくるなぁと思いきや、現地のリンドベリ・プライス急騰の上に、円安で、更に送料も加えると、手が出せる金額でなく、諦めることに。しばらくは可能性なさそうだなと思っていました。
 ところが忘れかけたころに巡り合わせがやってきました。1年前のカイ・ボイスンのカバに引き続き、またしても京都骨董祭の輿石さんです。位置的にもカバが置いてあった場所ぐらいに、今度は馬が!ちなみに、輿石さんと会うのは2度目で、しかも1年ぶりだったのですが、前回のカバの時にダラダラと悩みながら値交渉をしていたためか、覚えていてくれました…。で、今回も悩みながら色々と話をすることに。
 驚いたことに、日本での仕入れらしいです。ハーマン・ミラー・ジャパンの創設メンバーだった方のお宅の玄関に、ずっと置いてあったとか。長年の玄関暮らしで、白い体が全体的にくすんでいました。普通に、家に訪れる色々な人に、可愛がられ、なでられてきたような印象を受けました。下部にはグスタフスベリのステッカーも残っていて、本当に置いたままだったのだなぁという感じです。スプリンガレは、少なくとも写真で見る限りでは、もっと真っ白なモノだと思うのですが、このくすみ感がかえって我が家の好みに合いました。
 値段はかなり安かったと思います。でも、それなりにはするので優柔不断のTetsuは悩みながら、別の気になるモノを見てみたり、輿石さんが訪れたフィン・ユール宅の写真を見せてもらったり、関係ない話をしたりと…。輿石さんのブースは、骨董祭ではありえないほど優雅な空間で、ソファ等に座って話ができるので、余計に時間をかけてしまう気がしますね。でも、そうしている間にも、デンマークの古い版画を薦められ、かなり気にいって買うことになったりと、意外に商売上手?
 結局、元の値段もかなり安かったはずなのに、版画と併せて買うので少し値引きをしてもらい、家に連れて帰ることにしました。
 この馬には、名騎手が「これほどまでに間違った型の馬を見たことがない! けれども、同時にこれほど馬らしい馬を見たこともない!」と展示会場責任者に詰め寄って言ったという逸話が残されています。確かに、パッと見にはユーモラスなほどデフォルメされていますが、不思議とディティールが馬らしいのですよね。顔のカタチとか、お尻のフォルムとか。同じくデフォルメのきいた動物の陶器で有名なリサ・ラーソンとは何かが違う気がします。言葉で表現するのは難しいのですが…。これがリンドベリらしさなのかなぁ。
 興味がある方は北欧モダン デザイン&クラフト展で実物を見ることができますので、じっくりと観察してみてください。その立体的な造型の完成度の高さと素材感の良さは、写真で見るより何倍も魅力的ですよ。書籍やネットから得られる情報も重要ですが、実物に触れることは本当に大切だなと、あらためて思います。
 とりあえず家に連れて帰ったはいいのですが、デカイですね。ちょうど棚を自作している最中で、完成後はこれに収まりました。リビングでもなかなかの特等席です。スウェーデン生まれながら、日本暮らしが長い彼ですが(ヘタすると先輩かな?)、これからは神戸で可愛がっていこうと思っています。

 ちなみに輿石さんですが、先日、東京でLuca Scandinavianというお店を開きました。ハイグレードな品揃えが、さすがです。

Memo:
 スティグ・リンドベリについては#2 Spisa Ribbで詳しく書いていますので、そちらを参照してください。


posted by Mami & Tetsu at 22:41 | Comment(8) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
オレだよオレ。カワイイ一児のmaman・・・
ってかこれはTetsuセレクシオン??さすがやね。説明文はムツカシイし途中で寝そうになったから全部は読んでないけど(笑)
相変わらずなマニアっぷり//と言うかオタっぷりになぜかホッとしたわ☆

また遊びに行くわ〜
ってか免許のん木曜に行くわ〜
Posted by twkky at 2007年09月01日 01:40
ああ、twkkyってHNはそういう意味か〜。
一瞬どこのオレか分からなくてイタコメントか思ったわ(笑)
語感で分かったけど。

こんなんをセレクトするのは当然Tetsuですよ!
ちゃんとオタクな説明を全部読んであげてよ。

Ok、木曜日ね〜♪
Posted by Mami & Tetsu at 2007年09月02日 20:32
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
私もモダンデザイン物が大好きで、Tetsuさんのブログを参考に『Retro Modern』を購入させていただくなど、本当にお世話になっています。
また、私もアンティークウォッチが大好きで、その点につきましても一方的に親近感を抱いておりました。

今までブログにコメントすることが恥ずかしかったのですが、今回どうしてもお尋ねしたいことがございまして、コメントさせていただきました。
上記記事でTestu様がご利用なさったスウェーデンのオークションのセラーとはどちらになりますか?
かねてから入手したいスウェーデン製の物がございまして、国内外のサイトを見て回っているのですが、なかなかヒットしません。
もしよろしければ教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
Posted by かわうそ at 2009年03月31日 00:15
かわうそさん、はじめまして!
いつも見ていただいてありがとうございます。

さっそくですが、オークションのセラーの件です。
残念ながら連絡先が分からなくなっています…。
2年ほど連絡をとっていなくて、アドレスを失ってしまいました。

せっかくコメントいただいたのに、お役に立てずにゴメンなさい。

参考までにTraderaというスウェーデンのオークションサイトの出品者さんです。
http://www.tradera.com/
citrusさんというIDだったのですが、最近は出品がないのかなぁ…。お見かけしていませんね。

もともと私もネット検索で知りました。

カテゴリー「Antikt & Design(アンティーク&デザイン)」内の「Glas(グラス)」や「Keramik & Porslin, Utländskt(陶磁器)」で、気になるメーカー名を選んで、有名デザイナーは更にカテゴリー分けされています。
例えば「gustavsberg」内で「Stig Lindberg」等です。

最初は見ていただけだったのですが、英語の説明を併記していてPaypalでの支払いを受け付けている方がいらっしゃって、取引をしました。
送料やサイズのことをオークションサイトから問い合わせしているうちに、他にもあるよみたいなノリでメール交換をすることになりました。

ただ、Tradera自体の知名度がとともに落札額が上昇したこと、以前あった英語のヘルプがなくなってしまったことから、個人的に最近は使わなくなっています。

頻繁に買い付けに行っている日本の業者さんに相談する方が早いモノもありますよ。

また、気軽にコメント下さいね。
お待ちしてます!
Posted by Mami & Tetsu at 2009年03月31日 21:02
ご丁寧にご説明していただきまして、ありがとうございます!
オークションはTraderaだったのですね!
私もちょくちょく覗いてみるのですが、スウェーデン語の説明文がすごく厄介で…。
英語併記のセラーさんがいらっしゃるとは知らなかったので、Tetsuさんにおうかがいしてみて本当によかったです。
これからもブログを楽しみにさせていただきます!
Posted by かわうそ at 2009年04月01日 19:45
やっぱりTraderaはご存知でしたか。
「国内外のサイトを見て回っている」と書かれていたので、もしかしたらとは思っていましたが。

せっかくなのでTraderaのことをもう少し。
スウェーデンのオークションサイトなので、英語を併記している方はまれです。
私が知り合った方も、たまたま英語を併記していましたが、アイテムによってはスウェーデン語のみで出品もしていました。

ただ説明はスウェーデン語のみでも、実際は英語が分かる方が多くいます。
どうしても気になる場合はダメもとで英語で問い合わせをしてみるのもいいかと思います。
商品説明の「Stall en fraga till saljaren」から問い合わせします。
フォーム内に定型文があり、その下に英語で質問を書き加えます。
登録したメールアドレスにセラーからメールで返事がありますので、その後はメールでコンタクトできます。
メンバー登録が必要ですが、登録は英語のページが残っているので分かりやすいですよ。

もちろんスウェーデン語で返事がきてしまう場合もあるとは思います…。
個人的にもそんな経験が何回かありますが、懲りずにチャレンジしていました。

スウェーデンからは送料が結構かかるので、いろいろな意味で事前確認が大切ですよね。

支払いはPaysonを使っている方が多いですね。
私はPaysonを使ったことがないので、残念ながら使い心地が分かりません…。


スウェーデン語の説明には私も本当に悩まされました。
オークションではトラブルもあるので、慎重に取引をしましたが、親切なセラーさんと知り合えて、とても良い買い物と経験ができました。
かわうそさんも良いセラーさんと巡り合えることを祈っています。
Posted by Mami & Tetsu at 2009年04月01日 22:19
以前、ご質問させていただきましたかわうそと申します。
ご丁寧なご返事をいただきましたので、その後のご報告にうかがいました。
その後、Traderaの入札代行をしてもらえる在スウェーデンの業者様を見つけて、無事欲しかった物を入手することができました。
入手したのはTetsu様のブログでも記事がございますErik Hoglundの物です。
とても好きなので、Erik Hoglundの記事が7月のエルデコに載るかもしれないとの話を耳にして、楽しみにしているところです。
このたびは本当にありがとうございました。
Posted by かわうそ at 2009年04月29日 17:31
かわうそさん、こんにちは。
手に入れることができたんですね!
おめでとうございます。
Traderaにも入札代行業者さんがいるのですね。知りませんでした。

Erik Hoglundですか。
いいですね。私も大好きです。
前から彫刻のような雰囲気の、ガラスの動物が欲しいのですが、あまり出回っていなくて、しかも値段が高いこともあり、手が出せないでいます。
エルデコは要チェックですね♪

ご報告ありがとうございます。
ボチボチの更新しかしていませんが、また覗きに来てください。
コメントもお待ちしています。
気軽にどうぞ。
Posted by Mami & Tetsu at 2009年05月01日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。