Aug09,2007

#153 Mini Glass

holmegaard-mini.jpg


ペル・リュッケン/パー・ルトキン[Per Lutken]デザインのホルムガード[Holmegaard]製ミニグラス

 ホルムガードの小ぶりなグラス。これぐらいのサイズを何グラスと呼ぶべきかと悩みますね。リキュールグラスには大きすぎるし、ショットグラスとも違う気がするし。eBayの出品をみるとカクテルグラスなどと呼ばれていることもありますが、困った時にはカクテルかというぐらい様々なグラスがあるので、それもどうかなと…。そんな微妙なサイズのグラスを紹介します。
 我が家好みのスモーク色。近頃のホルムガード人気は、ミケル・バング[Michael Bang]デザインのカラフルなモノなのかな。そちらも良いのですが、このスモークの色目が本当にカッコ良くて、ホルムガードの中でも定番的に好きなラインなのですよね。
 テーブルウェアが多いのも我が家の特徴かな。もともと食器好きということもありますが、特にグラス類のシンプルなフォルムデザインとガラスの薄さが気に入っています。ホルムガードは、ガラスが厚くて重量感があるイメージがありますが、グラス類のボール部分等は薄く作られているようです。同じスモークでも、ガラスの厚みがあるベース類とはグラデーションが異なり、ガラスが薄い部分は色も自然と薄く、ボトムにかけて厚みが増すと共に色味が濃くなり、より繊細なグラデーションに仕上がっている気がします。
 とはいえ、注いだ飲み物の色にグレーがかるので、色味が大切なジュース等は微妙に美味しくなさそうに見えたりする点は問題です。それなりに考えて使ってはいますが、使い勝手のいいグラスは、やっぱり透明ですよね。分かってはいながらも、洗練された佇まいのグラス達に、ついつい心惹かれてしまいます。

Memo:
 ホルムガードとペル・リュッケンについては#3 CANADAで詳しく書いていますので、そちらを参照して下さい。


posted by Mami & Tetsu at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。