Jun29,2005

#54 印判の小皿(その2)

inban2.jpeg

印判の小皿(その2)

 今回は輪が連なったパターンの印判。質感は確かに和骨董ですが、なかなかシンプルでポップな図柄の小皿です。
 最近のモノならともかく、和骨董といわれる分野でこのような柄が豊富にあることを皆さんはご存知でしょうか。和骨董を知り始めた頃、私はとても驚きました。もっと松竹梅とか鶴亀とか、山水画のような柄などをイメージしていましたから…。この柄なら十分モダンでいけると思いませんか?
 絵付けのパターンがモダンに馴染みそうなものであることだけでなく、意外と骨董の質感というのがポイントです。我が家はモダンデザインといってもビンテージを好む傾向にあり、和骨董の時代を経た質感は我が家にハマリます。和モノの合わせにくさを、ビンテージ特有の質感がいい具合に調和してくれます。
 和骨董に限らず、色々なモノを混ぜて調和させるのは難しいですよね。究極に趣味が偏っていれば統一感がでそうですが、ただ好きなモノを集めただけではゴチャゴチャになってしまいます。国や時代、スタイル等の先入観にとらわれずに、モノが持つ質感・風合い・印象等の様々な要因を感じ取り、自分の目指すイメージに合うように再構築する能力が求められるのかなと思っています。また、好みのモノであっても自分の家に合わないモノは買わないという決断も時には必要なのでしょうね。
 偉そうなことを書いていますが、なかなか実践は難しいです。好きなモノは欲しくなってしまいますし、好みのジャンルも拡がっています。ちなみに最近ちょっと気になるのはアフリカンと日本民藝館。(何気に韻を踏んでみました…)

Memo:
 印判については#50 印判の小皿(その1)で詳しく書いていますのでそちらを参照して下さい。


posted by Mami & Tetsu at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。