May12,2005

#44 Hoya Crystal

hoyaplate.jpeg

HOYAクリスタルのプレート

 HOYAと聞くと何を思い浮かべますでしょうか…、身近なのはコンタクトレンズなどですよね。現在HOYAの売り上げの一番大きな部分を占めるのは意外にもエレクトロニクス分野らしいのですが、クリスタル事業も同社の顔ともいえる存在で50年以上の歴史があり、ご存知の方も多いかと思います。
 今回紹介するのは少し古いHOYAのクリスタルの大皿です。どれくらい前のモノかは不明ですが、箱の状態から考えると1970〜1980年代ぐらいでしょうか。
 実はもともとMamiの実家の倉庫に眠っていたモノで新品同様のデッドストック?です。おそらく贈答品をしまいこんだままだったのでしょうね。フリーマーケットに出店する際に、売りモノを探そうと倉庫を漁ったときに見つけました。何回かはフリマで商品として売りに出していたのですが、Mix Modernに合いそうだなということで我が家のモノに。
 変にゴージャスで装飾的なクリスタルだとひきますが、このデザインならいいと思いませんか?
 ギザギザとしたリムがアイシーな雰囲気で北欧調ですが、中心から放射状に拡がる丸みを帯びた花のような紋様にはアメリカンミッドセンチュリーを思わせるテイストがあります。ガラスが厚く、どっしりと重量感があり、安っぽくないのがいいですね。
 HOYAのクリスタルは世界でもトップクラスの透明度でその質の高さは海外でも定評があります。技術力と歴史はあるのですが、ビンテージ品は国内外のコレクティブル市場で一定の取引はあるものの、未だマーケットは確立されていない印象を受けます。決してデザインが悪いということはなく、選べばモダンリビングに使えそうなモノもありそうです。今後人気がでる可能性も秘めているかも…。
 まあ、我が家的にはガンガン日常使いしちゃうので、仮に将来的に人気がでたとしても、その時までエクセレントコンディションを保つことは不可能なのですけどね(笑)

Memo:
 HOYAクリスタルは日本が世界に誇るクリスタルメーカーです。HOYAは光学ガラスの専門メーカーとして1941年に創立、クリスタル事業は1946年より創業しています。HOYAの代表的な事業の1つとして50年以上の歴史をもち、オプティクス技術を導入して作られたクリスタルガラスの透明度は世界でもトップクラスです。その高度な技術力を活かした製品は国内のみならず海外での評価も高く、NYの直営店をはじめとし全米主要都市の高級百貨店にもインショップ展開をしています。


posted by Mami & Tetsu at 12:25 | Comment(2) | TrackBack(1) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
ご来訪ありがとうございます。
HOYAの魅力を知っている方がいて嬉しい限りです。

手近に残ってるカタログを引っ張り出してみてみました。1982年以降物ですが、見ても無いので70年代前後なのは確かだと思われます。
これHOYAに有ったわ。と画像を見せたうちの社長もいってました。

HOYA出身のガラスのデザイナーさまは有名な方が多いので、そのデザインセンスが生かされているのかもしれません。

あと前に私のブログ、
http://blog.goo.ne.jp/kirikoya/e/4c68047dd8b246b6d5c4e4630a32a8f8 でも書きましたが、HOYAはエレクトロニクス、特に小型ハードディスクが好業績みたいです。
Posted by kirikoya at 2005年05月14日 00:19
こんにちは。
やっぱり70年代前後ですか。
私は手元に資料がなく完全に憶測だったのでご助言頂き助かります。
またお気付きの点ありましたら気軽にコメントください。

HOYAのビンテージはもっと評価される日がくると思っています。
その頃になればデザイナーさんのことも含めて時系列でまとまった資料ができるのでしょうね。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年05月14日 14:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

クリスタルガラスの塊
Excerpt: いやぁ、興奮しました。。。 今日は、HOYAのクリスタル工場に行ってきました。 工場内には、商品を販売する「Aハウス」があります。もちろん一般の方でも入れます。 大きな作品など歴代の名品等が、2..
Weblog: 絵と記り庫(伝統工芸 江戸切子の清水硝子 HP担当のBLOG)
Tracked: 2005-05-13 17:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。