May08,2005

*9 Igrek Vega

igrek1.jpeg igrek2.jpeg igrek3.jpeg

イグレック・ベガ[igrek vega]

 今回は最近神戸でグーッと盛り上がって来てる『イグレック』の系列店「イグレック・ベガ」に行ってきた報告です。
 そもそもイグレックは、ブルゴーニュの☆☆☆レストラン『ラ・コート・ドール』などを経て、神戸北野ホテルのオーナー兼総料理長の山口浩氏の展開しているお店です。バターやクリームをほとんど使わない水のフランス料理と称されていることでも有名かと思います。
 他のイグレックでランチをしたり、パンやケーキを買ったことはあったのですが、本気の山口シェフの料理に初めて出会ったのは伊勢志摩のリゾートホテル《プライムリゾート賢島》でした。たまたまそこに行こうとしていて、レストランが改装でギリギリ間に合いますって感じで行ったのですが、そこがなんと山口シェフのプロデュースだったのです。北野ホテルではメインダイニングはアッシュ、伊勢志摩のホテルはアッシュ・ドールとなっていました。そこでその料理に感銘を受けちゃったんです。ホテルのダイニングとしては最高にムードもあり、何よりも料理が本当においしかった。で、イグレック・ベガに行ってみようということになったわけです。
 前置きが長くなってしまいましたね。で、ちょっと気合い入れていってみました。 ビルの6階にあるのですが、真っ赤に染まるエントランスを抜けてフロアへ出て窓際の席に案内されました。一面の窓からは神戸の街の夜景を見下ろすことができます。ほの暗い照明、テーブルにのみあたるピンスポット。店内はワイン色を基調にモダンな空間です。緊張感を誘いますね。
 メニューはプリフィクスです。我が家はデザートをあとで食べることを想定して、前菜2・メイン1のコースにしました。Mamiはイグレック6種の前菜盛り合わせと魚介を揚げてオリジナルウ゛ィネグレットソース(バルサミコソースによく似たモノ)をかけたもの、メインは牛肉とポテトにしました。Tetsuは魚介のミルフィーユ仕立てとホタテのフレンチ風茶碗蒸しとメインに子羊のロースト。なんでこんなに料理名を書けないかというと、ついてないんですよ、名前が。使ってある素材の名前の羅列の下に小さく説明が載ってはいますが。だからなんと表現したらいいか悩むところです。写真のほうでご確認ください。すいません。
 料理を決めたところでソムリエさんがやってきます。好みなどを伝えてアドバイスをもらい、無事決定。
 さて、前菜から運ばれてきます。「う、美しい…」盛り付けはシンプルとはいいながらも無駄のない美しさ。冷製のものはガラスの大皿で出てきます。スムーズにメインまできました。お味のほうは…うん、おいしい。でも…ちょっと我が家的に期待が大きすぎたかもしれません。おいしいんですが、リピートするかと言われると微妙…
 メイン料理も終わりドリンクはMamiはペリエ、Tetsuはハーフボトルのワインを飲んでいたのですが、二人とももうほとんどない状態でした。なんだかすごいものがやってきます。チーズののった大きなワゴンでした!!「チーズはいかがですか?」と聞かれる前に、もうワゴン。飲み物がまだだいぶ残ってればそれもありですけどねぇ。チーズは結構です、デザートをいただこうかって言ってると、「かしこまりました。」あれ?Mami&Tetsuはメニュー熟読派。確かシャーベットだけとか、アシェットと呼ばれるケーキを選んでちょっとアイスクリームとフルーツで一皿にってのと、好きなモノを好きなだけデザートワゴンからっていうのと載ってたはずなのに…??ガラガラ〜あちらからやってくるのはデザートワゴンではありませんか。え?頼んでないし選んでないのに?のまま説明を聞きましたが、かなりお腹いっぱいで、予定ではアシェットにしようと思ってて…と伝えるとアシェット用のケーキを持ってきてくれました。
 けど…何かひっかかる。だいたいこういう時にひっかかるのはMamiのほうなんですが。アシェットデザートはさすがにおいしかったですよ。でも客のお腹具合いも聞かないでワゴン(これ、1500円もします!!)納得いかないMamiはちょっとだけ聞いてみることにしました。Tetsuは平和的解決を望んでましたし(笑)Mamiもそんな子供でもありません!!!ただ、リピートするにふさわしいお店かも見極めたいですし。柔らかに聞くと「申し訳ございません。お聞きせずに…。当店はこのワゴンが売りなので…」とあとは話をにごされてしまいましたね。まぁこっちもにごしときましたけど(苦笑)
 確かに、丸ごと焼いた雛鳥を目の前で切り分けたり、チーズやデザートを豪華なワゴンサービスにしたり、お皿の上だけではないレストランの楽しみではあるでしょう。それがイマイチとも思いません。でもそれは洗練されたサービスでこそ生きるのではないでしょうか?確かに料理はおいしかったし、空間もグランメゾンならではの雰囲気です。でも、もう一息と思うのはいけないことかな…
 それと、イグレックは北野ホテルのアッシュや伊勢志摩のアッシュ・ドールとは料理の差をつけてあるんでしょうね。もちろん値段もかなり違いますし当然でしょう。我が家は期待しすぎた面があり次回は微妙ですが、料理はあっさりおいしくお腹を満たしてくれましたよ。
 なお、山口シェフプロデュースのレストランのワインは94〜96年フランス最優秀ソムリエ賞を受賞したシェフの友人兼料理の良き理解者リオネル・ルコント氏に一任されているそうです。グラスワインだけでも17種あり、ワイン好きな方にはよいかもしれませんね。
 長くなってごめんなさい。初めて行く店って何かがうまくいかないこともある。でもおいしいモノのために精進の日々です。
 お店の場所は神戸大丸の斜め向かい、元町商店街の入口の角にあるVEGAというビルの6階です。


posted by Mami & Tetsu at 20:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ>フレンチ
この記事へのコメント
はじめまして。新着のレストロ記事を検索していましたところこちらに辿り着きました。

こちらのお店、絶賛されていたらどうかなーぁ
なんて読み進んで行くと…やはりそうでしたか。
私もこちらのお店で大変不愉快な思いを
実はしました…。
平日で空いていたのですがホールの方が
遥か遠くでおしゃべりされていたりで
大声で呼ぶわけにも行かず、
それでも気付いてくれず
つかつかとその男性の所まで私が立席して
すいませんと声をかけたくらいです。
当日はマネージャーがお休みだったそうですが
サービスの面でプロはいないお店だなと感じましたね。残念です。

Posted by himawari at 2005年05月20日 04:31
はじめまして。コメントありがとうございます。
グルメ記事にコメント来たの初めてでうれしいです。長いのに読んでくださってありがとうございました。
しかし…やはりそうでしたか。イグレックさんも手を広げすぎなんでしょうかね…ホントに残念です。
でも、神戸を代表するシェフ山口氏の本気の料理とサービスを感じてみたく、先日、神戸北野ホテルの「アッシュ」に行ってきました。
またアップしたいと思いますのでのぞいてくださいね。今後も正直に思ったことを書いていきたいと思っていまーす。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年05月20日 20:47
家具の記事も拝見しました。
素敵ですね。
北欧系がお好きなのですね。

大分前ですが、
イグレッグ北野は日曜で慌しくとも
きちんと捌いてられました。
ケーキがややお高いですが
大丸地下でよく買いましたし好きだっただけに
ちょっとショック〜な思い出です。

アッシュ楽しみにしております。
野菜のピュレソースをふんだんに使った
あっさりしたお料理だそうですね。
Posted by himawari at 2005年05月21日 02:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。