Feb14,2007

#140 Viking Plate

viking_plate.jpeg

ミケル・アナセン / ミカエル・アンデルセン&サン[Michel Andersen & Son]製の絵皿

 デンマークには多くの製陶所があり、とても素晴らしい陶磁器類が作られています。今回は、そんなデンマークの窯の1つであるミケル・アナセン&サン(以下、MA&S)の絵皿を紹介します。
 MA&Sは、ボーンホルム島というバルト海上の島にある製陶所。ボーンホルム島はデンマーク領ですが、地理的にスウェーデンに近く、文化的交流も深いようですね。夏場にはドイツやポーランド等からも静養に訪れる人が多くいるリゾート地です。同地でカオリンが採掘され、ロイヤル・コペンハーゲンが磁器製作に成功したことで有名ですが、古くから工芸産業が盛んで、現在でもスタジオを構える工芸作家が多くいます。
 MA&Sは歴史が古い製陶所で、時代によって様々な製品が作られてきましたが、我が家が好きなのは、やはり戦後のモダンデザイン期に作られたモノ。
 この絵皿は、MA&Sが開発したペルシャ・テクニック[Persia Technique]という釉薬にわざとヒビを入れる技術が応用されています。通常のペルシャ・テクニックの作品は、もっと細かいヒビで、貫入を入れた日本の陶器のように繊細なモノが多いのですが、このシリーズでは大きくハッキリとしたヒビが入れられています。まるでモザイク画のような仕上がりですね。
 1960年台前後に作られたモノで、絵本に登場にしそうな牧歌的な雰囲気の絵付けが特徴的。人物や動物が描かれた観賞用の絵皿や陶板がありますが、我が家が選んだのは、いかにも北欧的なモチーフのヴァイキング図柄。
 このシリーズをはじめて知ったのは数年前のこと。eBayで取引をしたセラーの方が、実店舗とネットショップも運営していて、そこにヴァイキング柄の大きな陶板がありました。とても気になったのですが、サイズが大きすぎることがネックでした。飾るスペースの問題やインテリア的にインパクトがありすぎかなと思い、気が引けていました。
 そのまま何年か過ぎたのですが、昨年にeBayでこれを見つけました。正に欲しかったヴァイキングの図柄で、ほどほどの大きさの三角の深皿は、サイズ的にもバッチリです。縁の裏面に大きなカケがありましたが、破格値だったため自分で補修をしてもいいかなと思い入札。コンディションが良くないため、他に入札者はいなく、あっけなく落札。米国からの出品でしたが、送料の方が高くついたぐらいの値段でした。
 実際に手元に届くと、予想以上にボリュームがありましたが、釉薬具合が落ち着いていて、我が家に馴染んでくれました。しばらくの間、いいなぁと思い続けていたモノなので、自分好みのモノ達と相性が良いのも当然ですね。
 日本では知名度が低いシリーズですが、このユーモラスな表情と質感のバランスは、リサ・ラーソンあたりが好きな北欧ファンにも受入れられるのではないでしょうか。個人的に一押しの品です。どうです、気になりませんか?

Memo:
 ミケル・アナセン&サン[Michael Andersen &Son]はデンマークのボーンホルム島にある製陶所。1890年に、陶芸家のイェンス・ミケル・アナセン[Jens Michael Andersen]が、1740年創業の小さな製陶所を取得して創業。当初は食器類や古典的なスタイルの壷や花瓶を主に作っていました。彼の4人の息子は陶芸家として育てられ、同製陶所で働きました。特に長男のダニエル・フォークマン・アナセン[Daniel Folkmann Andersen]は、とても創造性に富んだ才能の持ち主で、1905年頃、まだ彼が20歳の時に、すでに工場の美的発展の牽引役となっていました。また、彼が1935年に開発したペルシャ・テクニック[Persia Technique]と呼ばれる釉薬にヒビを入れる技術は、ブリュッセルの万国博覧会で金賞を受賞しました。1920-1930年代の深みのある釉薬の作品群は秀逸で人気があります。また、1950-1970年代には、雇ったアーティスト達が時代に合った端正で力強いストーンウェアを作り、発展に寄与しました。その代表的なアーティストがマリアンヌ・スタルク[Marianne Stark]です。
 ファクトリーマークである、逆三角形の中に3匹のニシンのマークは、1930年より使われているもの。1916-1930年はラテン体、それ以前はゴシック体で「Michael Andesen」とマークがプレスしていました。また、マリアンヌ・スタルクのデザインには、イニシャルの「MS」がファクトリーマークと共に入れられています。


posted by Mami & Tetsu at 20:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
これは、、なんて言ったらよいのでしょうか。。
良すぎて倒れそうです!!(笑 ヴァイキングの目つきといい、雰囲気といい、正直、欲しいです(笑
どうしたらこういう逸品に巡り合えるのでしょうか?やっぱり、引きが強いということは、それだけ手にした物を大切にしていられる方達なんだと思います。
物と良縁があるというか。私もそうなりたいものです。
しかし、いいですね。ヴァイキング好きの夫にも見せましたが、絶賛しておりました。
Posted by 耳子 at 2007年02月15日 23:50
好評で安心しました♪
シックな釉薬使いの陶器もいいのですが、こういう感じのモノも好きなんですよ。

モノとの巡り合いは、偶然なことも多いのですが、お店・骨董市・ネットと、モノを見て回ることが好きなので、その分チャンスも多いのかな。
特にeBayは非常にありがたいです。
日本にいながら世界中のモノを見て回れるなんて、便利な世の中ですよね。

ご主人はヴァイキング好きですか!
Tetsuと一緒です(笑)
デンマークなら、ヴァイキング・グッズも集めがいがありそうですね。

ぜひ、これからも2人で見に来てください。
Posted by Mami & Tetsu at 2007年02月17日 00:05
やっと、憧れのヴァイキングちゃんを入手できました!ちょっと長方形の陶板で、三人で船を漕いでいる図柄です。本当にMami & Tetsu さんの方へは足を向けて寝られません(笑)おかげさまで我が家にも可愛い仲間が増えました。ありがとうございました。
Posted by 耳子 at 2007年03月03日 06:07
耳子さん、こんにちは。

さっそくヴァイキングをゲットしましたか!
早いですねー。さすがデンマーク。

これからもガンガン仲間を増やしていきましょう(笑)
Posted by Mami & Tetsu at 2007年03月03日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。