Jan31,2007

#138 Terra

terra.jpeg

スティグ・リンドベリ[Stig Lindberg]デザインのグスタフスベリ[Gustavsberg]製クリーマー&シュガーボウル / Terra

 TV-setと一緒にハミング・ジョー[humming joe]さんで買ったリンドベリのクリーマーとシュガーボウル。
 テッラ[Terra]というシリーズで、1972-74年の期間に製造されていたモノ。黒と茶色のラインによるデザインが、男っぽい雰囲気でカッコいいですね。
 北欧の陶磁器には様々なデコレーションが施されていますが、ここまで黒で塗られたモノは珍しいと思います。シンプルですが新鮮に感じますね。カッコいい系好きのTetsuのツボにハマリました。
 ハンドペイントのため、微妙な揺らぎや色むらがあります。幅広く塗られたラインがノッペリとせず、味のある仕上がりになっています。こういうシンプルでモダンなデザインなのに人間味のある雰囲気というのは、なかなか最近の陶磁器にはないのですよね。やっぱりヴィンテージがいいなぁと感じる要素の1つです。
 同じシリーズのカップ&ソーサーもあったらしいのですが、行った時には既に売れていました。でも、カップ&ソーサーが残っていたとしても買わなかったかなぁ…。
 カップやクリーマー等をシリーズで揃えると、統一感があって使いやすいですよね。でも、実は我が家は一式揃っているモノはほとんどありません。揃えすぎるとテーブルが単調になるということもあるのですが、意外に同じシリーズでもアイテムによって好き嫌いが出来てしまうのです。基本的に同じデザインでも、パターンの配置や量が違いますよね。万能に似合うパターンもありますが、アイテムのカタチや大きさによって印象が大きく変わるシリーズも少なくありません。
 ヴィンテージ品は同じシリーズのアイテムを揃えるのに手間がかかることも多いので、自分でアレンジして組み合わせた方がいいかなと。それに色々あった方が楽しいですしね。
 このクリーマーとシュガーボウルはスピサ・リブ[Spisa Ribb]との相性が良さそうだと思って、買うことにしました。メーカーもデザイナーも同じで、色味も似ているので合わない訳がないですよね。でも、微妙にテイストが違うので雰囲気が変わります。やや甘めになりがちなスピサ・リブの雰囲気を引き締めてくれるように思います。
 こんな定番的な組み合わせ以外にも、もっと大胆なアレンジがあるかなぁ…。こうやって色々と考えるのも、器を使う楽しみの1つですよね。

Memo:
 スティグ・リンドベリについては#2 Spisa Ribbで詳しく書いていますので、そちらを参照してください。


posted by Mami & Tetsu at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。