Apr21,2005

#38 Vitantonio

vitantonio.jpeg

ビタントニオ[Vitantonio]製のクラシックブレンダー / VSB-2

 #13 Le Creusetでも書きましたがキッチンウェアはデザインだけでなく機能が伴う必要があります。最近はデザイン家電といわれる性能を兼ね備えたデザイン性の高い日本性のモノも増えており、選択の幅が広がっているのはうれしいことです。
 ビタントニオはもともとアメリカのメーカー(現在はMemoのとおりですが…)で、いかにもアメリカっぽく、その名のとおりクラシカルなデザインのブレンダーです。少しボリュームがありキッチンに置いたままでは場所をとるので、普段はリビングボードの一番上のほうに置いていますが、いい雰囲気ですよ。
 多機能を売りにする日本的な発想の製品ではなく、3段階の回転スピードの調節と、連続とパルスの切り替えのみのシンプルな機能構成。上段4枚・下段2枚のツインブレードは堅牢で鋭い切れ味。食材を上下に回転させながらムラなくかくはんするように刃の向きが設計されています。モーターもハイパワーで、大概の食材は粉々です。ひたすらブレンドする能力へのこだわりにプロ使用の厨房用品のような男気を感じます。
 我が家ではスムージー作りに大活躍しています。凍ったイチゴもバナナもガンガン切り刻みます。ただし、あくまでブレンダーのため液状の食材でないとうまく混ぜ合わせてくれませんね。ドロドロとした濃いスムージーを作ろうとする時は、途中でヘラ等を使って自分で混ぜる必要があります。
 また、ガラスが分厚く重量があるため、女性が洗うのは少し大変かなとは思いますが、このデザインと機能は一押しです。
 これは夫婦同士で仲良くしている友人の益留さんからの新居祝いの頂きモノ。モノにこだわりがある我が家に何を贈るべきか悩んだようですが、これはヒットです。とても良いモノをいただきました。

Memo:
 ビタントニオは1906年アメリカに渡ったイタリア人アンジェロ・ビタントニオが手動式パスタメーカーを製造したことが始まりです。1950年代には本格的な調理器具メーカーとなりアメリカだけでなくヨーロッパや中南米、南アフリカまで商圏を拡げました。そのノウハウを家電の開発に生かし、オハイオ州の自社工場でデザイン性と性能に優れた家電を次々に生みだし、同社のワッフルメーカーは米有名業界紙「COOK’S ILLUSTRATED」でトップランクと評されました。1995年に他社に経営が移り、1999年日本の代理店であった三栄コーポレーションが 「Vitantonio」を自社ブランドとして引継ぎ展開しています。


posted by Mami & Tetsu at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | キッチンウェア>調理器具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Vitantonio Electric Kettle / ビンタトニオ 電気ケトル
Excerpt: 美しい曲線が素敵な電気ケトルを見つけました。 最近、電気ケトルにはまってます。 この水差しのような曲線が綺麗です。 Vitantonio Electric Kettleビタントニオ エレクト..
Weblog: オシャレ雑貨大好き
Tracked: 2005-06-05 09:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。