Apr06,2005

#31 Ashtray

erik2.jpeg

エリック・ホグラン[Erik Hoglund]デザインのボダ[Boda]製ガラス灰皿 / ペーパーウェイト

 今回紹介するのはかなり最近に買ったモノです。前から持っているモノでも紹介したいモノはたくさんあるのですが、一応はやりモノとういことで…、エリック・ホグランの灰皿です。
 ホグランはスウェーデンの彫刻家でありガラス作家です。この灰皿は50年代から60年代にかけて作られたシリーズ。当時の他の作家達が緻密性の高さを競うようにして作品制作をしている中で、とても異色な存在です。
 ゴツゴツとしたガラスは、ところどころに気泡を含んでいます。自然の赴くままの凹凸を作品自体のフォルムとし、唯一の装飾は型押しされたバッファローのみ。とても無骨なデザインです。
 よくホグランの素朴で人間味溢れる作品は、当時の緻密で洗練された北欧のガラス全盛の時代に対するアンチ・テーゼであったと評されています。でも、私には単純に彼が不均一で気泡すら含むガラスの質感に美しさを見いだし、これに取り付かれてしまったのではと思います。透明度を追求したクリスタルでは表現できない美です。彼の作品からはガラスの質感に対する感性と愛情を感じます。
 このブログで琉球ガラスをよく紹介していますが、通じるところがあると思います。「わび」「さび」なんてよく言いますけど、日本人には不均整な美を好む傾向があると思います。スウェーデンの方達がどのような思いでこの無骨なガラスを見ているのかは分かりませんが、我が家の心はとても惹きつけられます。
 購入したのは神戸の元町にあるvivo,vaさんです。やはり神戸ではこの店抜きでモノ集めは語れませんね。ネットで見る限りでは北欧系のお店で取扱いがあるところもチラホラ。もともとは本国のほうで再評価され人気が出始めたらしいので、現地のオークションと比較しても他の北欧アイテムほど価格の差はありませんね。北欧系では少し異質なため、日本で人気が出ていくかは不明ですが、我が家的には一押しです。
 シャンデリアやキャンドルスタンド等のアイアン素材と組み合わせた作品もあり、こちらもなかなか気になる存在です。個人的にはグラチッタ[glacitta’]さんがこんな感じのモノをやってみたら面白そうだなと思っていますが…、しないかな?

Memo:
 エリック・ホグランはスウェーデンを代表するガラス作家、彫刻家です。1953年にボダ[Boda]社(現在はコスタボダ)に入社、デザイナーとして活躍します。ガラスの歪みや気泡をデザインとして取り入れ、素朴で人間味溢れる独創的な作品で高い評価を得ます。1957年には24歳という若さでルニング賞[Lunning Prize]を受賞しています。1973年にボダ社を退社した後もワークショップを設け活動を続けました。タピオ・ウィルカラやカイ・フランク、ティモ・サルパネヴァ等に代表される当時の繊細で洗練されたデザインとは対照的なプリミティブな作品は、近年、本国スウェーデンにおいて再評価されています。


posted by Mami & Tetsu at 17:57 | Comment(2) | TrackBack(1) | 置物>その他
この記事へのコメント
はじめまして!リサラーソンの検索からやってきました。
共通点(近畿在住・30歳前半・古いモノ好き・vivo.va・TIMELESSに来店)が多く共感しました。
妻はDANSK//FINEL/ARABIAのアンティークに、
僕はB&O/FINN JUHL/ワインにハマっています。
オンラインでは、
ススメ1(リーズナブル)→http://www11.ocn.ne.jp/~tram/
オススメ2(稀少品あり)→http://www.organonline.com/index2.html
オススメ3(中古家具)→http://www.a-pex-web.com/
実店舗ではハービスENTにあるアンジェ・イルムス、
天神橋のディエチ、中之島にあるgrafに出没しています。
大阪や神戸周辺でイケてる所またあれば紹介してください!
10年前に購入したタリアセン2はいまだに気に入っています。
(子供が結構キズをつけていますが・・・)


Posted by yamaki at 2005年04月07日 16:05
こんにちは。
共通点が本当に多くてびっくりです。
今のソファの前はgrafのソファ使ってましたし。
今度イルムスに行きたいなと思ってます。
タリアセン2うらやましいです。
10年前に購入ってことは、20代前半!!
セレブ?
また遊びにきて下さい。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年04月07日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カイ・フランク
Excerpt: カイ・フランクの最新情報をチェック!ad4();         カ...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-10-16 16:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。