Mar21,2005

#25 Dinning Chair

dining_chair.jpeg

ビンテージの椅子/ダイニングチェア

 家具好きの人は椅子にこだわる方が多いですよね。
 使用頻度が高く、有名デザイナーの製品でも価格帯が手ごろで、選択の幅が広い上、複数のモノを所有することもできます。
 なによりも椅子というアイテムは作り手側にも思い入れがあるモノが多く、ハンス・ウェグナーに代表されるように、椅子作りに生涯を捧げる家具デザイナーもいます。そうなれば買う側にも当然力が入ってきますよね。
 その人が持っている椅子を見ると、インテリア全般に対するスタンスが伝わってくるように思います。
 我が家のダイニングチェアは昔から好きな定番の椅子と無銘の椅子とをセットで使っています。今回紹介するのは、よりミックスモダンな感じのする無銘の方。
 仕入れはヨーロッパですが、メーカー等は不明です。とても品の良い形の成形合板の椅子です。成形合板の座面にスチールの脚というマテリアルの組み合わせは、どうしてもヤコブセンの模倣におちいりがちですが、この椅子はオリジナリティーがありながら非常に完成度の高いデザインです。やはり北欧のデザインと考えるのが普通でしょうね。
 同じデザインでチークとローズウッドの2種類があり、この組み合わせがいいですね。我が家が最も好きな材です。一般的にヨーロッパではローズウッドの方が高級とされ、同じモノならチーク材より高値で取り引きされますが、この椅子はローズの方にリペア箇所があり、チークと同じ値段で買うことが出来ました。
 購入したのは目黒にあるハイク[hike]という北欧系のビンテージ家具を扱うお店です。北欧家具を扱うお店としては非常に有名なところですね。良い家具を知っていることが一目で分かるセンスの良いセレクトで、贅沢に空間を使ったこぎれいなお店です。

追記(2005/3/24)
 先日この椅子について「オリジナリティーがありながら」とか「やはり北欧のデザインと考えるのが普通でしょうね」と書きましたが訂正します。
 買ったお店もハイクですし、てっきり北欧系かと思っていたのですが、1941〜1945年に作られたイームズ[Eames]のDCWかLCWの試作品に良く似ています。手持ちの資料が少ないためはっきりとは分からないのですが、この試作品の模作と考えるのが妥当だと思われます。そう思えばこのデザインの完成度にも改めて納得がいきますね。
 正直言ってよく分からないので、詳しく知っている方いらっしゃいましたら、ぜひコメントください。


posted by Mami & Tetsu at 13:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家具>家具
この記事へのコメント
大阪の大介です ハイクでボックスソファーかいましたよ
Posted by 大介 at 2007年01月16日 14:20
大介さん、はじめまして。
どんな感じのソファなのかなぁ。
ハイクのモノだったら、きれいなカタチなんでしょうね。

ハイクは基本的にネットで家具を売ってませんよね。
お店の方に行かれたのかな?
家具は揃えてしまうと、次を買うことはできないので、他の人の買物がうらやましく思えます(笑)
Posted by Mami & Tetsu at 2007年01月17日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。