Mar20,2005

#24 Hedgehog

bosse_1.jpeg bosse_2.jpeg

ウォルター・ボッセ[Walter Bosse]デザインのハリネズミ[Hedgehog]

 オーストリアのデザイナーのウォルター・ボッセの代表作のハリネズミです。
 入れ子式になっていまして、6匹のハリネズミ達を積み上げると1匹のハリネズミになります。6匹それぞれに顔や足がちゃんとあり、どいつもキョトンとした目がとてもかわいいですよ。
 ボッセの作品はオブジェとしてだけでなく機能を兼ね備えているものも多く、このハリネズミもなんと実は灰皿…。
 真ちゅう製ですし、このハリの間にたばこをおけば確かに灰皿になりそうですが、こんなかわいいやつにそんな使い方をさせるなんて、とてもできません。
 我が家では一番上の小さいやつだけを横に置いて、ハリネズミの親子のようにして飾っています。
 ボッセの名が日本で知られてきたのは最近のようですが、ヨーロッパではコレクターアイテムとして定着しています。
 私が初めてこれを知ったのは神戸の西区にあるTRUSSさんに置いてあったモノを見てからです。半年ほど前から気にはなっていたのですが、よし買うぞと決意したときには店頭の一体のみでストックがないため今は売れないとのことでした。
 しょうがないのでネットで捜しまわり、1ヶ月ほど後にeBayのオークションでドイツのアンティーク屋さんが売りに出しているのを発見しました。写真や説明も豊富で、信頼できそうな業者さんでしたので入札したのですが、値段がドンドンあがりました。他の入札者がどこの国の人かは分かりませんが、現地で人気がある商品のオークションは、送料分だけこっちが不利ですね。
 いくらまで入札するべきかを迷って、もう一度TRUSSさんに電話をしたら、なんと2体入荷があったとのこと。結局、送料を含めればTRUSSさんの方が安いところまでeBayのモノは値段が上がってしまったため、急いでお店に行って買いました。
 ボッセの真ちゅう製フィギュアはハンドメイドのため、同じモノでも微妙に表情が異なります。こんな近所のお店で実物を手にして2体のうちから好きな方が選べるなんて、恵まれた環境です。
 また、このハリネズミは世界中でフェイクが作られたことでも有名ですね。かなり精巧に作られたモノもあり、素人での判別は不可能ですので、信頼あるお店で買うしかありません。
 ちなみにTRUSSさん自体は北欧屋さんではないのですが、おそらく仕入れ元はお友達だと言っていた東京にある某有名店と思われます。ボッセのモノはヨーロッパのコレクターからの仕入れをしているお店ですので信頼できますよ。ちょっと西ですけど神戸で実物を見たい方はTRUSSさんへご相談を。

Memo:
 ウォルター・ボッセは1904年ウィーン出生のオーストリアのデザイナーです。
 1927年ウィーンの陶器メイカーGoldscheider&Coで働き、1938年bosse Keramikを設立しました。初期の頃はセラミック製の作品が中心でしたが、1953年にドイツへ移住し自身のワークショップにて小さな真ちゅう製オブジェクトの製作をはじめます。その多くが動物をモチーフとしたフィギュアで、50年代中頃より人気が出始めました。作品の人気が高まると共に、世界中でコピーが作られ、その後は訴訟問題で苦しめられることになります。ハリネスミの灰皿にいたっては100万個以上のコピーが作られたとも言われており、驚異的な量のコピーが出回っています。
 彼の作品はオブジェとして以外に、コルク抜きや温度計、ペンスタンド、フック等といった機能も兼ね備えたモノも多くあります。初期のセラミック製の作品から真鍮製のフィギュアまで、現在でも世界中の熱狂的なコレクターから支持を得ています。


posted by Mami & Tetsu at 12:35 | Comment(8) | TrackBack(1) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
ようやく、待望のLisa LarssonのIgelkottをゲットできそうです。
その後Bosseのセラミックのハリネズミはどうなりました?
ブログにリンクさせていただきました。これからもたくさんすてきな情報、楽しみにしています。
Posted by お〜ふぁ at 2005年05月24日 19:57
こんにちは。
リンクありがとうございます。実はリンクをしていただいたのは初めてでして、メチャメチャうれしいです。
我が家もリンク集を作ろうかと検討中。その時にはお〜ふぁさんのサイトもぜひリンクさせて下さいね。
Bosseのセラミックは進展なしです。真ちゅうのモノは良く見かけるのですが、セラミックは出品自体を見かけません。気長に探します。
Lisa Larsonのハリネズミをついにゲットですか。良かったですね。私も以前に神戸のvivo,vaというお店が催されたLisa Larson展で見たことだけはあります。コレクションがさらに充実しますね。
また遊びに来て下さい。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年05月24日 21:34
ブログサイドにて、ご紹介ありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いします。
毎回楽しみにみております。
ホントに素敵なものばかり・・・
Mami&Testuさんも素敵なんだろうな〜・・・
Posted by お〜ふぁ at 2005年06月03日 19:46
ありがとうございます。
なんかちょっと照れちゃいますね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
お〜ふぁさんのblogの方も楽しみにしてます。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年06月05日 21:31
ブログ内でご紹介ありがとうございます。
オークションの件も、今勉強しております。
ドイツのイーベイにて、Bosseの商標看板が出ているのでほしいな〜って思ったんですよ。
Bosseのブロンズ作品の機能性、デザインはすばらしいモノがあるとつくづく実感し。
bosse - ballerのハリネズミを探し求めております。
antik&butikさんにまで依頼してしまいました。
何か珍しいモノをお見かけの際は、よろしくお願いします。
Posted by お〜ふぁ at 2005年06月06日 15:46
さすがにハリネズミに関してはお〜ふぁさんにはかなわないと思います。
私が知っているBosseのハリネズミもすべてお持ちのようですし…。
私もセラミックのハリネズミは探し続けると思いますので、見かけましたら教えて下さいね。
商標看板って角のあるシカみたいな絵が描いてあったやつですか?
それでしたら私も見ました。
海外オークションは日本では見かけないものがよくありますので、見てるだけでも楽しいですよね。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年06月06日 22:17
ebayドイツに、うちにいるLisa Larsonのはりねずみがでてますぞい。
脚の裏に欠けた部分があるだけで、状態は非常によいです。
www.ebay.deでigelと検索してみると出ますよ。shippingがヨーロッパ国内のようですが(しかもドイツ語なのでなんのこちゃ〜です。
Posted by お〜ふぁ at 2005年06月07日 21:04
Lisa Larsonのハリネズミ見ましたよ。
うーん。
私は英語以外の場合は翻訳サイトで英語に直すのですが、適当な変換っぷりで、やっぱりなんのこちゃ〜です(笑)

入札前に「日本に送ってくれます?」って聞くと案外ヨーロッパonlyの人でも「いいよ。」って人もいます。訳が分からないドイツ語の返事をもらったこともありますが…。
私はビビりなので、なるべく英語ができてPaypalが使える人と取り引きをするようにしていますが、ドイツではPaypal普及してないのですよね。
状態の良いBosseのセラミックハリが出てきたら悩むだろーな…。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年06月10日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Walter Bosseハリネズミ型の灰皿2
Excerpt: Walter Bosseの情報 BALLERのフルネームはHerta Baller。 元々ブロンズの置物はBALLERが作っていたそうである。 後にBOSSEも加わり、BALLER-BOSSE ..
Weblog: ハリネズミぢゃな??ぃ?
Tracked: 2005-03-22 20:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。