Oct03,2006

^34 CCR Best

ccr.jpg
click me to go Amazon


ベスト[Best] / クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル[Creedence Clearwater Revival]

 今回紹介するのはクリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルです。長い名前なので、通常は略してCCRと呼ばれますね。
 高校の頃から、ずっと好きなバンドです。最近のCMで流れている曲もありましたし、カバーされている曲も多いので、曲自体は有名だと思うのですが、あまりCCRの名前は聞きませんね。実は知名度が低いのかな…。かなりカッコいいんだけどなぁ。
 いかにも米国っぽいなと思わせる楽曲。南部ロックの無骨さ残しながら、ソウルやR&B的なノリの良さを取り込んだ、サザンロックの先駆者。わずか4年の活動で72年に解散してしまいますが、70年台以降のロックシーンに与えた影響は計り知れません。
 荒削りで洗練されている訳ではないのに、南部っぽい泥臭さがなくて、ストレートなプレイ。男っぽい力強さと安定感の中に、日なたの匂いがするような温かみがあるのは、サザンロックならではか。
 ただ、音楽的なノリの良さとは対照的に歌詞には反戦メッセージが込められていたのも有名な話。時代を反映したメッセージがある曲が定番曲として残る場合、メッセージも生き続ける場合と、単純に楽曲の良さのみが評価される場合があります。個人的にCCRは後者かなと思っていたのですが、湾岸戦争の際に放送局の自粛リストに加えられたなんて噂も。
 今回紹介するのはベスト盤。4年間の活動でのメジャーな曲をほぼ押さえています。ベスト盤嫌いの方も世の中にはいると思いますが、売れ線好きの私的には、これだけ聴ければCCRは満足だなぁ(笑)


posted by Mami & Tetsu at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音ネタ>音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。