Jan22,2012

#238 Bagdad

bagdad.JPG

バーティル / ベルティル・ヴァリーン[Bertil Vallien]デザインのグスタフスベリ[Gustavsberg]製の置物 / Bagdad

 異国情緒溢れる塔のような建物。屋根の上には、なぜか花?しかも、全体は土色なのに、この部分だけが水色の水玉模様。
 この可愛らしくて不思議な置物は、スティグ・リンドベリ[Stig Lindberg]やリサ・ラーソン[Lisa Larson]でお馴染みのスウェーデンの製陶会社グスタフスベリの製品。
 デザインを手掛けたのはバーティル・ヴァリーン。コスタ・ボダ[Kosta Boda]でのガラスデザイナーとして有名な方ですが、陶芸の修学歴やキャリアもあり、ロールストランド[Rorstrand]にもデザインを提供しています。
 こちらはバグダッド[Bagdad]という1965年にデザインされたシリーズの一つ。中東の建造物にインスピレーションを受けた作品といわれています。グスタフスベリらしさの中に、バーティル・ヴァリーンの個性的な世界感が込められた名作。
 このシリーズはどれも好みで、思わず全部を集めたくなってしまうぐらい。ただ、知っているだけでも7種類ほどあるので、さすがに置き場所に困ってしまうか…。

Memo:
 バーティル / ベルティル・ヴァリーン[Bertil Vallien]は1938年出生のスウェーデンのガラスデザイナー、彫刻家。サンドキャストという、砂型を使用した鋳物ガラスの造形作家として世界的に著名です。1961年にスウェーデン国立美術大学を主席で卒業。米国に渡りロサンゼルスでの製陶活動を経て、Afors社に勤務するためにスウェーデンへ帰国。後に合併したコスタ・ボダ[Kosta Boda]社でデザイナーとして活躍。様々な技法を駆使してガラスを操り、独特の世界感を生み出すスウェーデン工芸界の巨匠の一人です。

Link:
 バーティル・ヴァリーンの陶芸作品を簡単にまとめたブログ記事があります。ご興味のある方はこちらをご参照ください。


posted by Mami & Tetsu at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。