Sep30,2006

~12 Concorde The Last Summer

concorde.jpeg

コンコルド - ザ・ラスト・サマー[Concorde The Last Summer] by Peter Marlow

 久しぶりにビビッときた本です。
 エアライン関連グッズは好きですが、別に機体マニアではありません。でもコンコルドって聞くと、単純にカッコイイと思ってしまいます。「音速で飛ぶんだぞ!」って訳も分からずに言っていた小学生ぐらいの憧れが、脳に刷り込まれているようです。三つ子の魂百までってやつですね…。
 あらためて写真で見る姿は、本当に美しいです。コンコルドの退役は老朽化、騒音、採算性などが原因と言われますが、2000年の墜落事故がなければ、もしかしたら今でも運行していたのではないのかと思います。あの火を噴き上げながら落ちる映像は衝撃的でしたからね…。直接の原因が機体でなく、滑走路に落ちていた金属片だったというのですから、なんとも不運です。
 そんなコンコルドのラストフライトは2003年夏のこと。その引退を惜しむ人々に捧げた写真集です。
 双眼鏡や望遠レンズのカメラを持参し、最後の姿を見に来た世界中のファン。レンズ越しにコンコルドを見つめる人々の写真を集め、それぞれのコメントが添えられています。
 歳も格好も国籍も違う人々ですが、その視線は皆コンコルドに向けられています。そんな姿を通して感じる、最後の夏。
 人の想いが写真に力を与えているのだと思います。本当に良い写真集です。


posted by Mami & Tetsu at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。