Nov26,2011

~42 HAMADA SHOJI STYLE

hamada_shoji_style.jpg
click me to go Amazon


理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル

 2011年7月16日〜9月25日までパナソニック電工汐留ミュージアムに於いて、その後、2011年10月2日〜2012年1月29日までの間に益子陶芸美術館で開催されている濱田庄司スタイル展。
 こちらは同展に合わせて美術出版社より出版された書籍。開催会場などで販売される図録ではなく、書店などで買い求めることができます。
 民藝運動の中心人物の1人であり、現代陶芸家として活躍した濱田庄司は、自らの暮らしにも理想を求め実践していました。
 この展示会では作品だけではなく、生活や思想などのバックグラウンドを含め、トータルでの濱田庄司の「スタイル」を紹介する試みとなっています。
 汐留ミュージアムでの展示は終了していますが、益子に足を運び、同展と一緒に、創作と生活の場であった益子参考館(旧濱田邸)を訪れるのが理想的ですよね。きっと美術館では分からない空気が感じられるはずです。
 この書籍も、とても良い仕上がりです。
 見やすくて、きれいな構成。陶器の基礎的なことやQ&A方式による分かりやすい説明がある一方で、寄稿された解説は、詳しく充実した内容。
 濱田庄司という人は、好奇心旺盛でバイタリティに溢れ、優れた陶芸家であったと共に、やはり知識人でもあったのだなと再認識をいたしました。

◎益子参考館について
 3月の震災では、益子参考館でも多くの被害がありました。自力再建は財政上の都合で困難となるため、有志による基金が設立され、再建資金を募っています。詳細については益子参考館震災被害再建基金のHPをご参照ください。


posted by Mami & Tetsu at 16:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
こんにちわ。 またお邪魔します。

NYCには紀伊国屋書店があるので時折本を取り寄せて貰いますが、私にとりこの本は予想以上の久々のヒットでした。

恥ずかしながら益子焼には多少なりとも馴染んできた私ですが、濱田庄司氏と共に生活してらしたご家族が執筆されてる部分も多く、また小型本ながら作品や生活の様子の写真も多く充実した内容でしたね。

民芸の再発履修とモダニズムの追求を両立させながらの創作、またタウン&カントリーの生活を楽しむ浜田氏の醍醐味が彼の大らかな作品の魅力と、改めて感じ入りました。

日本では人気が高いようですが、実は私は昔から魯山人が嫌いです・・・今までその理由を上手く言えないまま「媚びた真似っこの作品ばかりだから」と無鉄砲に弁明してきましたが、私が魯山人の作品を好きになれなかったのは、多分、「モダニズムを無視した作風」を私なりに肌で感じていたのかもしれない・・・と、この本を読み、今になってやっと胸のつかえが取れた様な気がします。

能書きなど所詮どうでもいい事ですが、濱田氏の器が地に足の着いた無骨な物でありながらも宇宙に向けた広がりをも強く感じさせるのは、氏の中に潜んだコスモポリタンとしての生き様から自然に醸し出されたオーラだったと、この本は、私のうつろな思いを明確な言葉で説明してくれた様に感じてます。

現在の益子の状況など全く存じませんし、この展覧会に出向く事も出来ませんでしたが、こうして濱田への思いをシェアさせて頂き、とても嬉しいです。

VIVA HAMADA!





Posted by NYマム at 2011年12月01日 14:21
NYマムさん、こんにちは!

紀伊国屋書店あるんですか。
まず、それに驚きました。さすがNY!

本を気に入っていただけで安心しました。

「濱田庄司」について語られる時に、なにか神聖視するかのように、モヤモヤとしたベールを感じることが多くありましたが、この本により、大分クリアになったように思います。

特に濱田琢司さんが評する濱田庄司像は、前から気に入っています。
身内でありながら、学者らしい客観的な視点で、分かりやすく、新鮮な切り口ですね。


魯山人に関しては、正直に言うと、よく知りません…。
有名人ですし、陶芸も手掛けているので、気にはなっているのですが、今のところ手を出すきっかけがないのですよね。

ただ、私は自分が好きだと感じたモノを、節操なくつまみ食いするタイプなので、今後なにかハッとすることがあったら「魯山人もいい!」とか書いてしまう可能性もありますが…。


そんなマイペースなブログですが、よろしければ今後も気軽にコメントください。
Posted by Mami & Tetsu at 2011年12月03日 20:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。