Sep12,2006

#124 Nipper

nipper.jpeg

陶器製のビクター犬

 ビクターのトレードマークとして有名なフォックス・テリア。ビクター犬と呼ばれることが多いですが、実在した犬で、名前は「ニッパー」といいます。
 首を傾けているニッパーだけだと、何かに困っている様子に見えますが、これは蓄音機に耳を傾けているポーズです。ビクターのマークでは蓄音機とセットで描かれているので、ご存知ですよね。
 昔、近所の電気屋のシャッターに大きく描かれていたので、個人的には物心つく前から慣れ親しんだマーク。はじめは音楽を聴いている賢い犬なのだと思っていたのですが、実は蓄音機に吹き込まれていた亡き主人の声を聞いているらしいです。(詳しくはビクターのサイトをご参照ください。)この話を知ったのは小学生の頃だったのですが、忠犬ハチ公みたいな感じで、ちょっぴり悲しくて、ジーンときた記憶があります。
 ビクター犬は、ノベルティーやディスプレーのために、様々なグッズが作られました。ビクター製品のおまけとして配られていた時期もあるので、自分の家にもあるという方も珍しくないと思います。昭和レトロ好きやノベルティー好きなどのファンから愛されていて、今ではコレクターズアイテムとして流通しています。
 なかでも骨董市などで定番的に見かけるのが陶器製の置物。サイズが色々あって、大きいのから小さいのまでズラッと並べている図は、なかなかカワイイですよ。
 値段を見てみると、大きければ高いって訳でもないのですよね。小さい方が希少性があるとか、同じように見えて体つきが違っていて古さが分かるとか、色味が違うとか、なんか色々と見分け方があるらしいです。詳しく知らないのですが、それなりの規模の骨董市に行けば何店舗かで売っているので、話を聞きながら比べて回るとなんとなく相場が分かりますよ。
 でも、結局は自分が欲しい大きさって大体決まっているし、見た目の好みで選べばいいのではとも思います。コレクターでなければ、どれがレアだとかは別に気にしなくてもいいかなと。
 我が家では、小さなやつを選びました。体格は痩せている方かな…。擦れて鼻先の色が消えていますが、これぐらいはご愛嬌。オーディオはビクターと全く関係ないのですが、スピーカーの上にチョコンとのせたらお似合いかなと。ちょっとノスタルジックな雰囲気がいいですね。


posted by Mami & Tetsu at 19:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 置物>オブジェ
この記事へのコメント
今HP見てきたよ。いい話だね。ハチ公の映画で号泣した私はこういうのかなり弱いんだよねぇ。
犬って飼い主に忠実なんだね・・・

だけどビクター犬に名前があったことも、こんな裏話があったことも知らなかったよ。Mami&Tetsuちゃんは小学生のころに知ってたんだね。なんかすご〜い!私ぼっーとしてて、外で遊ぶことしか考えてない子だったので尊敬しちゃうわ〜。

Mami&Tetsuちゃんのニッパーとってもかわいいね。お鼻の色が薄いのはチャームポイントだよ。この子の飼い主はMami&Tetsuちゃん!
スピーカーの上に置いたらきっと喜ぶよ(⌒∇⌒)
Posted by TOMJERY at 2006年09月14日 16:46
TOMちゃん、またまたお返事遅れちゃいました。
記事にも書いたけど、ロンドンへ行ってたんだよ〜。
すごく楽しかったけど、久しぶりの都会旅行でヘロヘロです。

小学生のころから話を知っていたのはTetsuの方。
本気で山で遊んでいた田舎者の少年だったんだけどね。
ウンチク好きは親譲りか…。

ニッパーかわいいでしょ♪
お勧めだよ!
ドイツにはいないかなぁ…。
CD屋さんのHMVが同じマーク使ってるんだけどね。

ウンチク好きのTetsuによると「HMVはHis Master's Voiceの頭文字で、この絵の名前からとっているんだよ」だって…。
うなづくと延々と続くので、華麗にスルーです(笑)
Posted by Mami & Tetsu at 2006年09月25日 20:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。