Aug23,2006

~10 Glass is Life

glassislife1.jpeg

グラス・イズ・ライフ[Glass is Life]

 ホルムガード[Holmegaard]でチーフデザイナーを務め、膨大なガラスデザインを残したペル・リュッケン[Per Lutken]の作品集。
 「Glass is Life」のタイトルが、シンプルかつ適切にリュッケンを表しています。この本が出版されたのは1986年、70歳となったリュッケンが振り返った人生は、やはりガラス製作だったのでしょうね。
 厳選した作品を、写真自体も作品であるかのように美しく撮影しており、大きなサイズで掲載しています。Holmegaard時代のモノだけでなく、70年代以降のアーティスティックなガラス作品もあり、こんなモノも作成していたのだなと、新たな一面を見ました。
 この本で驚くのは後半の作品スケッチ。絞り込んだ写真とは対照的に、作品の全てを詰め込んだかのような膨大な量のスケッチが掲載されています。資料としての価値は非常に高いと思いますが、なんせスケッチなので、どれがどれなのかが分かりにくいですね…。
 こちらは絶版の本なのですが、ほぼ新品同様のデッドストックが流通しています。我が家はドイツの本屋さんから買ったのですが、1年ほど前に値上げをしたようです。eBayにも出品しているお店なので、オークションの相場に合わせたのかな…。今なら、送料を考えると日本で買う方がいいかもしれないですね。気になる方はbiotopeさんへどうぞ。

 余談ですが、ホルムガードのヴィンテージ人気が少し落ち着いてきたように感じます。北欧のガラス器というと、ヌータヤルヴィ等の薄手でカラーバリエーションが多いモノの方が最近は人気なのかな。ホルムガードはヴィンテージの流通量が豊富なので、逆にコレークター心を刺激しないのかもしれませんね。
 でも、個人的に大ファンです。あのスモークカラーと分厚いガラス。北欧の静寂と男性的な強さが共存したようなガラス器達。アメリカン・ミッドセンチュリー系のインテリアに合わせるとカッコいいですし、和室にも良さそう。床の間にbeak vaseとか。もちろん我が家のMix Modernにもバッチリです(笑)


posted by Mami & Tetsu at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

イタリアからの贈り物♪
Excerpt: 本日、待ちに待った贈り物がイタリアから到着しました?? 大理石削りだし 巨大カウンター!!!!   ↑見てください、屈強なお兄さん方でさえ、十数人 がかりでえっせら、..
Weblog: 南堀江ではたらくシャレモノstaffのblog
Tracked: 2006-08-24 16:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。