Aug31,2011

~39 TOSHIKO TAKAEZU RETROSPECTIVE

takaezu1.jpg takaezu2.jpg takaezu3.jpg

タカエズ・トシコ展 -作陶50年 思索する色とかたち- 図録

 日本では沖縄県内の一部メディアでしか報じられませんでしたが、今年(2011年)の3月9日に、日本にゆかりのある米国の陶芸家が他界されました。
 沖縄から移住した両親を持つ、ハワイ生れの日系2世、タカエズ・トシコ[Toshiko Takaezu]さんです。
 陶芸家として米国の現代陶芸の礎を築くとともに、教壇に立ち後進の指導にもあたった、米国陶芸界の巨匠の一人。
 クローズド・フォルム[Closed Form]という、口の閉じたベースが代表作。轆轤を操り、大胆で優美なフォルムに、迫力のある釉薬使いが特徴です。
 その作風は、彼女の師であるフィンランド出身の陶芸家マヤ・グローテル[Maija Grotell]によるもののほか、自分のルーツでもある日本の陶芸技術や禅などの世界感、もちろん自らが活躍した米国陶芸の影響も見られます。
 特に後期には、大地を感じさせるような、大型で彫刻的な作品を多く手掛けています。屋外での展示なども行っており、その光景は圧巻。
 日本では、1995年に京都国立近代美術館で「タカエズ・トシコ展 -作陶50年 思索する色とかたち-」が開催され、沖縄県那覇市のりゆうぼうホール・富山県高岡市の高岡市立美術館・愛知県の愛知県陶磁資料館を巡回しました。こちらは同展の図録です。
 また、両親の郷里である沖縄県に2008〜2009年度にかけて50点もの作品の寄贈をしています。これは世界でも有数のコレクションで、2010年に沖縄県立博物館・美術館で開催された「沖縄ルーツシリーズ1 タカエズトシコ展 -両親に捧ぐ-」で、その全作品が紹介されました。
 日本での知名度も上っていくだろうというタイミングでの訃報。沖縄県が所有する素晴らしいコレクションを、巡回展として本土でも見られる日が来ることを願っています。


posted by Mami & Tetsu at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。