Aug09,2006

#120 琉球ガラス(その7)

ryukyuhenkei.jpeg

琉球ガラスの皿

 縁の一部が角ばるように変形したお皿。ブラウンのガラスが変形部の形状を際立たせています。このモダンなデザインのガラス器は、琉球ガラス工房のひとつ、清天のモノ。
 一口に琉球ガラスといっても様々な種類があります。稲嶺ガラスに代表されるような、造形やガラスの質感を追及した芸術作品のようなモノもあれば、いかにも手工芸品ですといった装飾的なモノ、お土産屋さんに雑然と並べられた安物の色付きガラスまで。これは琉球ガラスに限ったことではないのですが、きちんとしたモノを作っている人達が、心無い安物業者とひとくくりにされるのは、悲しいことですね。
 清天工房さんは、スッキリとしたデザインのガラス器が多く、ちゃんと日常の中で活躍できる、誠実な器づくりをされている工房です。いかにもな工芸品的な琉球ガラスという感じではありませんが、リサイクルガラスの質感と手作業の揺らぎといった琉球ガラスのコアとなる要素が、シンプルなデザインの中に、温かみのある風合いを与えています。
 我が家のようなモダン好きの方にも十分趣味に合うデザインだと思います。この皿も純粋にカッコいいですね。ガラスの質感に雰囲気があり、ヴィンテージの食器類と合わせても違和感がありません。何種類かある色の中でも、レトロなテイストのブラウンに、ついつい手がでてしまいます。
 日常の器を手作りすることは、作り手側からすれば、割に合わない仕事なのかもしれません。手間の割には高値で売れず、地味で単調な作業の繰り返しになるのでしょうね。信念や愛情がないと続けられない仕事だと想像します。だから、買う側はちゃんとモノを選ぶことが大切だと思います。安いからといって、とりあえず買ってしまうようなことをせず、自分のお気に入りを探して、それを愛用することが、作り手を支えることにつながるのではないでしょうか。自分自身の暮らしも、もっと素敵になりますしね。


posted by Mami & Tetsu at 17:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
今日紹介の清天工房さんのガラス、とっても素敵だね。
画像を大きくしてみたら、ほんとにきれいで感動しました。
本物見て、実際に手にとったらもっと感動するんだろうなぁ。

器同様、Mami&Tetsuちゃんの文章に感動してます。
物に対する考え方が好きだな。こういう考え方をする人が多ければ、日本の伝統工芸は消えることはないんだろうな。そんなことを思いました。
デザインがいいだけじゃなく、気持ちが入っている物っていいね。

全然関係ないけど、うちの実家の梨農園も清天工房さんに似たとこあるの。
うちのお父さん、儲けよりも、おいしい梨を作ることが一番なんだって。お客さんの喜ぶ顔を励みに梨を作ってます。
Mami&Tetsuちゃんの話を読んで、頑固一徹おやじを思い出しちゃった。自慢の父です。テヘ。
Posted by TOMJERY at 2006年08月09日 19:09
TOMちゃん、こんにちは!
感動だなんて言われると、照れちゃうな。
チラッとだけど、実際に作っている姿を見たから、余計にそう思うんだよね。
器はきれいで涼やかだけど、作る作業は暑い中での重労働でした。
でも、訪れた時には、とっても親切な対応してくれたのが印象的!

きっとTOMちゃんのお父さんも一緒なんだろうなぁ。
おいしい梨を作るのに一生懸命で、スゴイ手間をかけているはず。
そういう人が作るモノって信頼できるし、尊敬するよー。
本当においしんだろうなぁ…、なんかヨダレ出てきた(笑)

良心的な職人気質な人達が、ちゃんと評価される世の中であって欲しいな。
じゃないと、いいモノがなくなっちゃうもんね。
Posted by Mami & Tetsu at 2006年08月10日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。