Aug05,2006

~9 Petit Gram 7

petitglam7.jpeg

プチグラ No.7[Petit Glam-7]

 今更なのですが、最近リンドベリが気になります。
 リンドベリは今年が生誕90周年にあたり、グスタフスベリ陶磁器美術館でリンドベリ展が開催され、スウェーデン国立美術館でも回顧展が催されています。再び注目が集まりそうですね。
 ただ、個人的に気になりはじめた理由は別にあります。そもそも、リンドベリ自体をそれほど好んではいなかったのですよね。このブログで紹介したモノも、今のところSpisa Ribbのみです。全体的に、明るくて華やかなデザインだという印象があり、実際にBersaの実物を見ると落ち着いた雰囲気があるのは分かるのですが、イマイチ好みに合わない気がしていました。考え方が変わったのは、先日ポーアイで開催された国際骨董フェアから。ハミング・ジョー[humming joe]さんで、かなり好みのモノに巡り合いました。もっと詳しくリンドベリを知りたいという気持ちになり、また、その時に買ったモノが、この本で紹介されていたので、つい最近この本も買いました。
 Petit Glamという、プチグラパブリッシングが不定期で発刊しているアート、デザイン等をテーマにした本の第7弾。アレキサンダー・ジラルド、スティグ・リンドベリ、武井武雄という3人の巨匠が特集として取り上げられています。2003年2月に発刊された本で、当時はまだ同社のスティッグ・リンドベリ作品集もなかった頃だったため、リンドベリを知るための貴重な日本語資料でした。この本を買ったリンドベリ・ファン方も多いのではないでしょうか。
 ところが今頃になって、この本を探すと、古本しか見当たらないのですよね。お手頃価格のモノもありましたが、復刻したジラルドのファブリック張り装丁の箱なので、ちょっと古本は汚れがリスキーだなと思い、止めました。新品の在庫に心当たりがあったのでTRUSSさんへ。少し前に、店頭に置いてあったのを覚えていたので、行ってみると、ありました!「自分がいいと思って仕入れたモノが、なかなか売れないんですよねー。」なんて言っていましたが、我が家的には、とってもお世話になっているお店。
 実はまだ中はパラパラとしか見ていないのですが、かなり良さそうですね。モダンデザインの中でもクラフト感に着目し、この3人を選んだという点。ジラルド→リンドベリ→武井武雄という構成なのですが、違和感なく統一された流れがありますね。さすがプチグラといった感じです。
 B5版の小ぶりな本ながら、豊富な写真と端的にまとめられたワークライフと時代背景。3人と関係のあった人物のインタビューには、それぞれの人となりがリアルに伝わってきます。入門的な基礎的な知識から、グッと掘り下げた部分まで、ふんだんに詰め込められた良書です。
 もっと早くに買っておけばよかったなぁと思いました。

■追記(2006/10/18)
 パッケージを新たにして再販をすることが決まりました。基本的には装丁テキスタイルの色目を変えただけで、内容は同じようです。
 良書が復活するのは喜ばしいことですね。プチグラさん、やってくれます。


posted by Mami & Tetsu at 16:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
Mami&Tetsuちゃん、こんにちは。
今日の話題、とっても旬な話題過ぎて思わず書き込み〜♪_〆ヾ( ̄(エ) ̄
この本、私は持っていないのだけど友達に見せてもらったことあります。
とてもきれいな装丁が印象的だったなぁ。
Mami&Tetsuちゃんの記事読んでたらもう一度読みたくなっちゃった!
リンドベリさんの作品、私も実物を見たことは一度もなかったけど、見たらとても好きになりました。
(私もMami&Tetsuちゃんが持ってるSpisa Ribbしか興味なかったのに、Bersaが好きになっちゃったよ。)
実物を見ると自分の好きがダイレクトにわかるね。
あ〜もう一度スウェーデンへ行きたい!
Mami&Tetsuちゃん、一緒に行かない?遠すぎるよねぇ
Posted by TOMJERY at 2006年08月05日 17:13
TOMJERYちゃん、こんにちは!
確かにスウェーデン帰りのTOMちゃんには旬な話題だね♪
リンドベリって実物と写真では印象違うよね、特にヴィンテージは。
でも、なかなか神戸では、まとまった量を見れないよ〜。
リンドベリ展・アンティークショップ・蚤の市と、色々見れてうらやましいぞ!
ホント、一緒に行けるんだったら今すぐにでもって思うけど、日本からは遠いよー!!

海外赴任って大変なことの方が多いと思うけど、ヨーロッパを旅行して回れるのは、すごくイイなー。
日本に帰ったら、なかなか行けないんだから、今のうちにスウェーデンも何回も行ったらいいんだよ!
Posted by Mami & Tetsu at 2006年08月07日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。