Feb24,2005

#9 Cutlery

kay_bojesen.jpeg

カイ・ボイスン[kay Bojesen]デザインのカトラリー

 #3で紹介したホルムガードのグラスと同じく、このカトラリーもデンマーク王室御用達です。王室御用達というともっとデコラティブなモノを想像しますが極めてシンプルです。デンマーク王室は世界最古の王室でありながら、世界一解放的な王室だそうです。国民の人気は高く、王室の方達は人間的な魅力に溢れているとか。そんなオープンな雰囲気のためか王室御用達品にもあまり堅苦しさがないのかもしれませんね。
 カトラリーは毎日のように使うモノですから、実用的で飽きずに使え、かつ気に入ったデザインがいいですね。ところが、数え切れないぐらいの種類があるのにもかかわらず、なかなか条件を満たすモノがありません。候補としては柳宗理、noritake60、grafあたりが比較的手に入れやすそうですが…。好みもありますが、我が家の一番はカイ・ボイスンです。
 少し愛嬌あるかたちを上質に仕上げています。とても60年以上前のモノとは思えないほど、今でも新鮮なデザインですね。すこしだけ軽めかなとは思いますが、使い勝手がとても良く、ロングセラーになるのも納得です。デンマーク王室御用達という肩書きも少し気分が上りますしね。
 サテン(つや無し)とミラー(つや有り)の2種類の仕上げがあり、我が家はサテンの方です。細かいヘアーラインのような仕上げで、マットな質感です。
 神戸にあるビュー[VIEW]というお店で買いました。実用性のある日常着・雑貨・食品をセレクトしている品の良いショップです。
 定番品ですのでここ以外でも置いてある店をたまに見かけます。楽天市場にも取扱店がありますので通販でも買えますよ。

Memo:
 カイ・ボイスン(1886年デンマーク出生)は銀細工師としてそのキャリアをスタート。1938年発表のカトラリーがデンマークで大ヒットし一躍その名を馳せました。1951年にはミラノGrand Prixで最優秀賞を受賞しており、そのデザインと品質が認められ、デンマーク王室御用達として現在も世界各国のデンマーク大使館で現在も使用されています。また、このカトラリーは1991年にデンマークの記念切手のデザインにもなっています。
 Grand Prix受賞と同年の1951年に木製のサルのおもちゃをデザインしており、こちらもロングセラーとなっています。以降、ゾウやクマなど様々な動物の木製玩具をデザインし、デンマークの木製玩具の代名詞となっています。現在はローゼンダール[ROSENDAHL]社が復刻品を生産・販売しており、世界中の子供に愛され続けています。

 ちなみにTetsuはかなりの動物モノ好きで、また紹介することもあると思いますが、色々と持っています。このサルにも相当惹かれていますが、今のところは我慢しています。でも、うっかりどこかでビンテージ品を見かけたら買ってしまいそうな気がしています(笑)


posted by Mami & Tetsu at 12:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | テーブルウェア>その他
この記事へのコメント
こんにちは先日はTBありがとうございました。
結局のところ、今だどのサイズか決め兼ねて購入にいたっていません。
Posted by あいあい at 2005年05月16日 19:39
こんにちは。
こちらこそコメントありがとうございます。
まだ買われていないのですね。
我が家が買ったのは本文にも書いてますように神戸の三ノ宮にあるVIEWというお店。
サテンのみの展開ですが、我が家が持っている以外にも何種類がありましたので、まとめて見れると思います。
バラ売りもしていますので、もし神戸まで来られるならぜひどうそ。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年05月16日 22:03
ようやく我が家にやって参りました!カイボイスン

教えていただいた、ハービスのイルムスで購入しました。他にもぼちぼち増やしていきたいと思ってます。
ありがとうございました。
Posted by あいあい at 2005年08月29日 17:05
こんにちは。
ついに買いましたか!
いや、お役に立てて良かったです。
あいあいさんのブログの記事も読みましたよ。
「流石にパクリってわけにもいかないし」の気持ちがよく分かって、笑ってしまいました。
また遊びに来てください。
Posted by Mami & Tetsu at 2005年08月29日 19:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。