Jul13,2006

#115 Boopie

berwick.jpeg

アンカー・ホッキング[Anchor Hocking]製のシャーベット・グラス / Berwick

 ステムのカタチが印象的なシャーベット・グラス。
 もともとはMamiが一時期バイトをしていた和骨董屋さんにあったのですが、お店で売るような類のモノではなくて、Mamiがこれを気に入ったため、頂いたモノ。
 初出し(うぶだし)といって、一般家庭(蔵があるような旧家が理想的なようですが)に眠っている古いモノの掘り出しを時折している方なので、その中に混ざっていたのかな。それとも、知り合いのアンティーク屋さんや市などで手に入れたモノなのかもしれませんね。いずれにしても、このグラスがどういったモノなのか、全然知りませんでした。
 これが米国製だと知ったのは最近のこと。ファイヤーキング[Fire-King]で有名なアンカー・ホッキング社の製品。バーウィック[Berwick]というシリーズで、このガラス玉をあしらったデザインが特徴。一般的にはブーピー[Boopie]という愛称で呼ばれており、本名より愛称の方が有名だという不思議なシリーズ。詳細な製造年を知らないのですが、1940年代から1960年代位までの長期間に渡り、定番的に作られていたらしいです。
 昨年の渡米以来、アメリカン・コレクティブルもかなり気になる存在なのですが、詳しい知識がなく、これがアンカー・ホッキング製だとは全然考えていませんでした。たまたまネット上で同じモノを見かけて、はじめて気が付きました…。アイテム的には比較的ベタなモノのようですね。しかも、アメリカン・コレクティブルには、こういったガラス玉をアクセントにした、同じようなデザインのグラス(インペリアル・グラス[Imperial Glass]社のキャンドルウィック[Candlewick]シリーズ等)が何種類かあり、ディーラーやコレクターはその特徴を覚えて、見分けているとのこと。イヤイヤ、勉強不足でした。
 アイス大好き人間としては、こんなグラスにのったお上品な大きさのシャーベットだけでは満足できないので、シャーベット・グラスとしては使っていません(笑)つまみのナッツ類をのせたり、小鉢がわりに使ったりと、Mamiが色々工夫して活躍させています。
 エレガントとカワイイの中間ぐらいのレトロなデザインがお気に入りです。


posted by Mami & Tetsu at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。