Apr30,2011

~37 ピカソの陶器

003.JPG

ピカソの陶器 by ジョルジュ・ラミエ / 安東次男 訳

 前にも図録 ポストカードを紹介したことがあるピカソの陶器。
 1946年にヴァロリスで開催された陶芸展でマドゥーラ工房のラミエ夫妻と知り合ったことがきっかけとなり、ピカソは1947年〜1953年の間に陶芸に積極的に取り組みました。
 陶工に協力を得ながら、すべてを自身で作ったものもあれば、陶工が成型した皿などに絵付けだけを施した作品もあります。
 一部の陶芸家などからは、ピカソの陶器は土や炎を操りきれていないと厳しい評価もあるようですが、逆に、既存の形式にとらわれずに、奔放に、思うがままに作られた作品は人々を魅了しました。
 このブログのメインで紹介している器類とは、だいぶ方向性が違いますが、同じような感覚でどちらもカッコいいと思っています。
 こちらは平凡社が1975年に発行した書籍。ディスカバージャパンvol.2でBACHの幅さんが紹介しているのを見てから気になっていました。
 ネットで神保町の古本屋さんから購入。汚れやダメージがあり安価だったので気軽に買ったところ、届いたのは縦28cm×横28cm×厚さ4cmもある大型本。もう少し薄いものを想像していたので驚きました。
 もともとスペインで発行された書籍を訳しているため、文章に若干の読みにくさはあるものの、759点という作品数は圧巻。抜群に見ごたえがあります。
 ピカソの陶器がお好きな方におすすめの1冊です。


posted by Mami & Tetsu at 14:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。