Feb17,2005

#5 Sunburst

seth thomas.jpeg

セス・トーマス[Seth Thomas]製のサンバースト掛時計[Sunburst Clock]

 インテリアにおいて時計は重要な存在です。
 時計は要らないという人は別ですが、部屋のどこか見えるところに掛時計なり置時計を置かざるをえないと思います。
 その部屋に合った素敵な時計を見つけるか、目立たない実用的な時計を置くか選択は人それぞれだと思いますが、我が家の選択は前者です。(単純にTetsuが時計好きなだけかもしれませんが…)
 サンバーストをモチーフにした時計で一番有名なのはネルソンのデザインだとは思いますが、それ以外にも50年代位には様々な形や素材で盛んに作られています。
 アメリカの中古家具を扱っている店などに良くありますね。ミッドセンチュリーの香りがムンムンします。
 これはアメリカの老舗時計メーカーのセス・トーマス社のモノです。チーク材のブロックでできたサンバーストはとても存在感があり、時計というよりもインテリアの一部です。
真ちゅう製の文字盤も時間を経ていい風合いになっており、我が家のリビングにぴったりです。
 今はなくなってしまいましたが神戸の磯上のスイート[suite]という店で購入したモノです。
 ムーブメントはオリジナルではなく新品のクウォーツに交換されています。ビンテージとしての価値は落ちますが、時間が正確で音もしないため便利ですよ。

Memo:
 セス・トーマスは1813年設立のアメリカで最も古いクロックメーカーです。ニューヨークのグランドセントラル駅の塔の時計をはじめアメリカ国内の有名な時計塔の設計も手掛けています。
 先日、神戸のさんちかホールで行われた骨董市でantique SAKAIの酒井さんが非常に古いセス・トーマスの手巻きの掛時計を売っていました。八角形の交番時計で心地よい鐘の音が印象的でした。まだ日本でムーブメントの製造技術が確立されていない時期に輸入されたモノとのことです。同社の歴史の一部を垣間見ました。


posted by Mami & Tetsu at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時計>クロック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。