Feb16,2005

#4 琉球ガラス(その1)

ryukyu1.jpeg

琉球ガラスのロックグラス

 #3まではかなり名の通ったデザイナーやメーカーのモノを紹介してきましたが、特にそういったモノをコレクションしている訳ではありません。感性に合うモノをミックスしているので、モノが良ければ国や時代など関係なしです。
 そういう訳で、今回紹介するのは琉球ガラスのロックグラスです。タイトルが「(その1)」となっているのは、これ以外にも良い琉球ガラスがたくさんあり、また紹介していきたいなと思っているからです。どうぞお楽しみに。
 ところどころに小さな気泡を閉じ込めた重量感のある分厚いガラスが絶妙にうねり、無骨さと優しさが共存するデザインのロックグラスです。
 少し大きめなので飲み物にこだわらず、ヨーグルトを入れたりもしていますが、やはり一番は泡盛のロックでしょう。
 独特の質感のガラスは透過する光の雰囲気を変えます。こういう質感が琉球ガラスの良さだと思っています。
 琉球ガラスは沖縄で戦後アメリカ軍の廃ビンをリサイクルして作り始めたのがはじまりといわれています。歴史は比較的浅いですが、現在では多くのメーカーや作家さんがいて、工芸品として確立されています。
 ただし、琉球ガラスという一つのジャンルにくくるにはあまりに多様なモノがあり、製造方法も特にリサイクルに限定されてはいないようです。お土産屋さんなんかには「これも琉球ガラス??」なモノも多くありますので買われる方はご注意を。
 このグラスに限らず我が家にある琉球ガラスの製品は全て沖縄の恩納村にあるグラチッタ[glacitta’]という店で購入しています。
 沖縄へ旅行に行った際にたまたま店の前を通り、センスの良さそうな看板に惹かれてお店に入りました。grafのデザインに似たシンプルな内装の店内には、厳選されたガラスが並んでいます。
 店の奥に窯があり、オリジナル製品を昔ながらのリサイクルガラスで作られているそうです。手吹きにより形作られた独特の質感のガラスはどれも我が家好みのモノばかりです。
 同じデザインのモノでも、ひとつひとつ微妙に表情が違うので、できたら実際にモノを見て好みのモノを選びたいところです。
 店には清天工房の製品も置いており、自分が買ったモノがどちらなのか分からなくなっちゃいました。という訳で、このグラスもどちらの製品か分かりませんのでご了承を。

 我が家は最近沖縄にはまっています。ガラスも焼き物もいいモノがありますし、米軍放出品屋さんの中古家具もなかなかです。まあ、家具は送料の問題がありますが…。
 食べ物もお酒も美味しいです。なによりも海の色が全然違います。写真で見てもきれいですが、実際に見るとすごいです。ぜひ一度行ってみて下さい。


posted by Mami & Tetsu at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。