Feb15,2005

#3 CANADA

canada.jpeg

ペル・リュッケン/パー・ルトキン[Per Lutken]デザインのホルムガード[Holmegaard]製グラス / CANADA

 ペル・リュッケンのデザインというと50年代ぐらいに製造された今にも動きそうに波打った皿や独特の丸みを帯びた花瓶をよく見かけますね。ボトムにサインや年代が刻まれていて、これで値段が変わったりするようです。
 今回紹介するグラスは製造自体は比較的新しいモノですが、デザインは彼の手によるものです。非常にシンプルですが、洗練された完成度の高いデザインは、ガラスのデザインに生涯を捧げた彼ならではと思います。
 このグラスを初めて見たのは東京のイルムスで、たまたまアンティークフェアのようなことをしていた時でした。とても惹かれつつも、欲しいサイズのグラスが残り1つで、その時はまだホルムガードに関する知識もなく、値段との兼ね合いもあって買うのを止めました。
 しかし後になってから買っておけば良かったかなーという思いがつのり、結局ネットで探して購入しました。
 実はこのグラスを買うまでには色々とありまして…。
 初めてeBayのオークションに参加したのですが、あっさり落札できました。相手はとても親切なオーストラリアの方で、商品はスムーズに届き、ウキウキしながら丁寧な梱包を開けたら、グレーのグラスを買ったつもりだったのにクリアーのグラスが出てきちゃいました。
 よくよくオークションのページを確認するとグレーっぽく写ってはいるものの明らかにクリアーのグラスの写真で、特に色についての説明もありませんでした。てっきりグレーだと思い込んでおり、色の確認もしなかったTetsuの初心者丸出しのイージーミスでした。
まあ、これはこれでいいかと無理やり納得し、めげずに今度はサイズ違いのグレーを購入しました。
 皆さんもオークションで買うときは良く確認して分からないとことは質問しましょうね。(ていうか基本か…凹)

Memo:
 ホルムガードは1925年設立のデンマークのガラスメーカーで、デンマーク王室御用達としても知られています。ペル・リュッケンは1942年に同社のアート・ディレクターになっています。有機的なフォルムと評されるデザインは美術的な評価も高く、美術館・博物館に展示されている作品も多数あります。
 Tetsuはペル・リュッケンの代表的な作品の写真と大量のスケッチが掲載されている「GLASS IS LIFE」いう本を購入しました。英語版で大変参考になります。絶版本ですがドイツの古本屋さんがデッドストックで新品同様のモノをネットで売っていますので興味のある方はどうぞ。

追記(2007/12/30)
 CANADAシリーズは2007年よりホルムガード社より再生産されました。50年以上経った今でもスタイリッシュで洗練された名デザインですね。


[参考文献:biotope / 13th floor


posted by Mami & Tetsu at 12:27 | Comment(7) | TrackBack(0) | テーブルウェア>グラス
この記事へのコメント
ICEバスケットの方にもお邪魔しましたが
こちらにも。デンマークに住んでる耳子です。
今年の夏の蚤の市で偶然、ホルメゴーの灰皿を手に入れてから
すっかり虜になってしまいまいました。
でも、「CANADA」はこちらの画像を見るまでは
ホルメゴーだとは知らず、食指が伸びませんでした。
(本当にMADE IN CANADAの只のスモークグラスだと思ってました!)
しかし、ホルメゴーだと知った途端に嵌りました!なんてミーハーな(笑
デザートグラス5客とショットグラス2客、ころんとしたスナップスグラス4客ともう止まらない!
本当は6客ずつ揃えたいところですが、ちょっと財政難ですし。日本に帰ってからもeBayで
みつけられるといいのですが。
ホルメゴーのその他のグラスをご披露してくださることを楽しみにしていますね〜。
Posted by 耳子 at 2007年02月07日 05:30
耳子さん、デンマーク在住ですか!
ビックリです!!

友人の話では、デンマークはアンティークショップは高値のモノが多いけど、蚤の市には掘り出しモノがあると聞いています。
やっぱり、そうなのですか?
eBayは手ごろな値段のモノも多くあるのですが、いかんせん送料がかかるのがイタイです。
思いきって買って帰る方が、得かもしれませんよ〜。(もう既に結構買っているみたいですが…)

CANADAというシリーズ名は、やっぱり国のカナダからとっているんだと思うのですが、どこがカナダ風?って感じですよね(笑)
知らなかったら、絶対Made in Canadaだと勘違いしますって。

最近、デンマークの陶器もお気に入りなので、うらやましいです〜。
また、他のグラスも紹介しますね。
Posted by Mami & Tetsu at 2007年02月07日 22:48
蚤の市、ご友人のおっしゃる通りだと思います!
やっぱりアンティークショップは、高いですし
価格カルテル?でもやっているのか、どこのお店を覗いても、同じ商品は同じ値段でガッカリしたことがあります。多少はおまけしてくれますが、元が高すぎですからね。日本の価格と変わらないかも。でも、蚤の市ならお店ごとに値段の付け方もバラバラで、本当に安い!とウキウキするような掘り出し物に巡り合えること多数です。
プロのアンティークショップの出店と素人の不用品処分感覚のお店が混じって、例えばロイヤルコペンハーゲンの同一のマグカップを2000円で売ってたり、500円で売ってたりしますから。ただ、期間が5月から8月までの週末しかやってないのが難点で、夏季限定のお楽しみだと思います。私はデンマークの田舎に住んでいるので、コペンハーゲン情報はわからないのですが、たぶん開催期間はどこも同じだと思われます。

先日、入場料を払って、冬の骨董市に行ってきましたがやはり、アンティークショップ連合会?の値付けは同じで、高くて手が出ませんでした。
ホルメゴーの花瓶が欲しかったのに、残念。

デンマークの陶器のお気に入りって、どこの窯元ですか?私は「釉薬」好きなので、いまは消滅した小さな窯元の陶器を最近集めはじめました。もちろん、安いものだけですが。
Posted by 耳子 at 2007年02月10日 00:52
すみません。
フリーマーケットは4月から9月まででした。
勘違いしてしまいました。ごめんなさい。
Posted by 耳子 at 2007年02月10日 07:48
耳子さん、お返事遅くなりました。
ちょっとお出かけしていました。

とても詳しい情報をありがとうございます。
やっぱりアンティークショップは高いのですね…。
どこの国でもディーラーは価格相場を心得ているのでしょうね。
商売なので、店舗構える費用や、自分の稼ぎを出さないといけないから、しょうがない部分もあるのは分かりますが、日本とあまり変わらないのは微妙だなぁ。

現地に在住なら、断然、蚤の市がよさそうですね♪
不用品処分感覚っていのが、メチャメチャ魅力的です!
冬場に開催していないのは残念ですが、あと1か月半で再開ですね。
うらやましいです〜。

デンマークの窯元は本当に色々ありますよね。
耳子さんが集めているような、消滅した小さな窯元なんかの実物を見られれば嬉しいのですが、日本では難しいです。
扱っている店自体がほとんどないので、ネットで探すことが多くなります。
どうしてもメジャーな窯が多くなり、値段が高くなりがちです。
釉薬の雰囲気がネット上では分かりにくいのも難点で、手が出しにくいのですよね。
Royal Copenhagen、Bing & Grondahl、Saxbo、Palshusあたりは日本でもネットショップやオークションで見かけます。
個人的なお気に入りはMichael Andersen & Sonです。ちまたの人気はほどほどで、やや安価で買えます。日本では見かけませんけどね。
まだまだデンマーク系の陶器は勉強中で、つたない知識ですが、参考までに。

この辺のモノもボチボチ紹介していこうと思っているので、よろしく〜。
Posted by Mami & Tetsu at 2007年02月13日 12:14
Michael Andersen & Sonとはボーンホルム島に1890 -1993年まで存在した窯元なんですね。たった今、勉強してきました(笑 ここはいいなあ、と思いつつ、あれ?と思って探してみたら、なんと小物の花瓶を4つ持ってました。昨年の蚤の市でボーンホルム島から来たおじさんから買った、一目ぼれアイテムでした!ボーンホルムのニシン漁の栄枯衰勢について色々お話を聞かせてもらった上に、大負けまでしてもらった(笑 思い出深い物です。ここの製品の中では、一番安価なラインのものだと思いますが、とても味わいがあります。こちらの動物モノもいいですね〜。見ていたら、鹿が可愛くて欲しくなりました。

Posted by 耳子 at 2007年02月13日 23:17
すごいなぁ。
ボーンホルム島から来たおじさんがいるなんて、そこの蚤の市に行きたいよー!

そして、4つも花瓶を持ってるなんて…。
デンマークに住みたくなります(笑)

ちなみに我が家には小さな花瓶と絵皿が一つずつあります。
うちのも全然安いモノですよ。
もしかしたら、花瓶は同じのがあったりして。

ちょうど絵皿の方を記事にしようとしていたところで、このタイミングに耳子さんがコメントしてくれたことが、すごい偶然で、ビックリしてばかりです。
絵皿の方は、また全然雰囲気が違うので、もしかしたら好みに合わないかもしれないだけどね…。
こんなのモノもあるよって感じで、ぜひ見てください。
Posted by Mami & Tetsu at 2007年02月14日 20:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。