Mar30,2011

~36 小鹿田焼 - すこやかな民陶の美

ontayaki_book.jpg
click me to go Amazon


小鹿田焼 - すこやかな民陶の美

 九州の大分県日田市にある窯元、小鹿田焼(おんたやき)。
 柳宗悦が「日田の皿山」と紹介したことをはじめ、バーナード・リーチ[Bernard Leach]が滞在したりと、民藝系では馴染みの深い窯元の一つです。
 小さな集落の中に10件の窯元があり、陶土の採取から焼成までが小さな集落内で完結します。外からの弟子はとらずに一子相伝。その閉鎖性ゆえに伝統が色濃く残り、特徴のある陶器が作られ続けています。
 流しがけや打ちかけの釉は、民具らしく、とても大胆な仕上がり。これが、とても潔く、美しい。
 クリーム色の化粧土に施された飛び鉋や打ち刷毛目などの装飾は、濃い色の下地を透かして、とても印象的な表情。
 その個性的な魅力で、民藝ファンのみならず、幅広い層に愛好されています。
 モダン系インテリアとの相性も相当に良く、ヴィンテージのシェルフに大皿をドカッと飾ると、それだけで絵になります。
 そんな小鹿田焼をまとめた書籍がこちら。
 歴史や技法、窯元のことなど、一通りのことが、きちんと書かれています。また、江戸後期から現代に至るまで、名品の数々を大きくフルカラーで紹介。
 情報量が豊富で、見て楽しむこともできる、バランスのとれた良書です。
 1998年発行のため、やや古い内容の部分もあります。最近のことについてはDiscover Japan TRAVEL 民藝のうつわをめぐる旅を合わせて読むのがおすすめです。


posted by Mami & Tetsu at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑貨類>本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。