Feb23,2011

#221 横田屋窯(その3)

yukutayagama_hakeme1.jpg yukutayagama_hakeme2.jpg

横田屋窯の刷毛目皿

 やちむんには釉薬による絵付けの他に、線彫り、飛び鉋、指書き、イッチン等の加飾技法が使われ、様々な表情を見せます。化粧土に刷毛の跡を残す「刷毛目」もその一つ。沖縄では九州や朝鮮の製陶技術の影響を受けたためか、古い壷屋焼きにも刷毛目が見られ、現在でも定番の技法となっています。
 とはいえ、刷毛目の器は本土でも多くありますし、上焼のやちむんの中では比較的地味な装飾のため、当初はあまり注目していませんでした。
 気になり始めたきっかけは、数年前に買った金城次郎さんの作品集。魚や海老の線彫りで有名な金城次郎さんですが、轆轤挽きや絵付けなど何をやっても上手いといわれた職人肌の陶工でした。刷毛目の腕もすばらしく、沖縄らしいおおらかさと勢いのある線に釘付けになりました。
 それ以来、やちむんを買い求める時には、良い刷毛目の器がないか探すようにしています。
 こちらの皿は、はじめて横田屋窯を訪れた際に購入したもの。最初は色味のある絵付けに目がいきましたが、ふと横を見ると刷毛目のお皿が。すぐに「これだ!」と思いました。
 刷毛使いには勢いがありますが、その中には横田屋窯らしい丁寧で優しい風合いが。絵付けは奥さんが担当しているので、もしかしたら刷毛塗りも奥さんがされているのかもしれませんね。
 これまでに紹介した様々な器にも「料理が映える」といった表現を使ってきましたが、こちらの器も抜群です。地味ながら料理を盛った時の表情の良さは格別です。
 刷毛目のやちむんには沖縄らしい色目の釉薬や線彫りを施したものもあり、また違った魅力があります。他の窯元でも買い求めて、少しずつ集まってきていますので、また折を見て紹介していきたいと思います。

Memo:
 刷毛目(はけめ)とは、陶器の装飾技法のひとつ。泥漿にした化粧土を刷毛や藁を束ねたもので塗り、刷毛の跡を残したもの。濃い色の素地に白い化粧土を重ねて、色の濃淡を出すことが多いです。刷毛の勢いや荒々しさを残したものから、繊細に刷跡をおいたものまで、シンプルな技法の中に作り手の個性が現れます。また、この上に線彫り、掻き落とし、釉薬による絵付け等の装飾を施すこともあります。
 朝鮮半島が発祥です。李朝初期15世紀頃から南鮮一帯で焼かれ、日本では16世紀に刷毛目茶碗が茶人に取り上げられて珍重されました。17世紀初頭には、唐津焼において刷毛目の作品が現われ「刷毛目唐津」と呼ばれています。現在でも食器等に広く使われ、人気のある技法です。


posted by Mami & Tetsu at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>陶磁器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。