Oct24,2010

#216 Bunaco Leaf plate

bunaco_leafplate.jpg

ブナコ[Bunaco]の皿

 今回紹介するのは古いブナコのお皿です。
 ブナコは青森県のブナ材を使用した工芸品。薄くテープ状にしたブナ材をクルクルと巻いたブナコイルというリング状のプライウッド。曲げやすいブナ材の性質を利用しながら、クセの強さをなくし、軽く堅牢な材に変化させています。
 驚くのは、これを削りだすのでなく、押し出して成形するという工法。これにより、カービングなどの無垢材を削りだす工法に比して10〜30分の1の材料で製品が作れるという、資源を有効利用したエコな木工品。
 この工法から生れた年輪のような文様と段の連続が、デザインとしても面白く、近年は照明器具などに応用され、インテリアとしての評価が高くなっています。
 こちらのお皿は、ボロボロの箱に入ったままのデッドストック状態でした。60〜70年代ぐらいの製品でしょうか。特に古い方に価値があるという訳ではなくて、眠っていた贈答品がフリマで売られるがごとく、安価で手に入れることができました。古いものには、現在では作られていないデザインがあったり、風合いが違ったりしますので、好みに合えばお買い得です。
 葉をモチーフにしたデザイン。外箱には「新木の葉」と書いてあります。北欧のリーフプレートを思わせるような雰囲気もあり、モダンな印象を受けます。中央の底板の木目も美しいですね。
 ブナコのお皿類はテーブルウェアとして作られているため、水気に強いウレタン塗装が施されています。このため、オイルフィニッシュのような質感とはいきませんが、木の風合いは良く残っています。塗装のおかげで、食材の水分や油分を気にすることもなく盛り付けられますし、水洗いもできます。この気軽さもブナコの魅力の1つ。
 木工製品といえば、日本はもちろんのこと、欧米、東南アジアからアフリカあたりまで、悩ましいほど色々な国の製品がありますよね。材木も作り方も多種多様で、焦点が定めにくいのですが、使い勝手の良い木の器をお探しでしたら、ブナコも検討の価値ありかなと思います。


posted by Mami & Tetsu at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | テーブルウェア>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。