Apr06,2006

*39 鮨 中広

nakahiro3.jpeg nakahiro1.jpeg nakahiro2.jpeg

鮨 中広

 今回は初のお寿司屋さんの紹介です。
 グルメ本には「三宮からタクシーを10分とばしてでも行きたい寿司屋」と書いてありました。しかも写真もおいしそうで、何のお寿司、これ?っていうのが載っていました。
 初めての時は和食好きの友人夫婦と行ったんです。予約時に台風さえこなければ(ちょうどシーズンだったんです)満足していただけるモノをお出しできると思いますと言われていました。が…、そうビンゴに台風が来ちゃいました。でも、最善を尽していただき、4人とも満足して帰ってきたんです。その後、友人夫婦は海外に赴任となり、帰国の度に和食を食べに行っていたのですが、夫婦の夫のほうが、とうとう、あの台風やった時行った店って、台風じゃなかったらもっとすごかったんやろなーと言うもんですから…リベンジ決定!!まぁ我が家もあのおいしかったのは忘れられませんでしたしね。行こうということになりました。
 初めての時もそうですが、お座敷は一つしかないので予約は必須です。お店は大将を囲んでコの字型のカウンターです。二人ならカウンターもいいですけどね。気ままに食べたいモノを言ったり、握ってもらったりして。お座敷の場合、大将と話ながらとかは無理なので、ある程度決めておかなければなりません。
 最初の時は¥8000のおまかせにして満腹でしたし、友人は少食なので、今回は¥6000のおまかせで、苦手なモノはエビ・トロ、白身の方が好き、お寿司メインで食べたい(友人のリクエスト)と伝えておきました。
 お店に着き、楽しみにしていると、まずは付きだし、そしてナマコのちり酢みたいなのがでてきて、コリコリとした食感がおいしかったですね。次に大皿にのったお寿司たちがやってきました。ここのはネタもシャリもこぶりですが、とてもバランスがいいです。小さいと種類もたくさん食べられますしね。ただ、お座敷に持ってきてくれるのは何のお寿司かの説明がないから、これ何かわかんないけどおいしーみたいな状態でした。(あまり知識がないものですから…お恥ずかしい)でもそれぞれにおいしかったです。
 次はさらにかわいいお寿司!!ちょっと変わったネタです。芽葱やイタリアンパセリを胡椒でなんてのもまじってて、これがしめの感じにぴったりでした。パンチのきいたお寿司、創作寿司と言ってしまうには、すごくしっかりした本当のお寿司。他のモノもしっかりしてますしね。
 友人も大満足でおごってもらっちゃいました。これはタクシーででも行く価値ありだなーと、我が家的には思ったのでした。
 場所はこちらです。


posted by Mami & Tetsu at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(1) | グルメ>その他
この記事へのコメント
おいしそうな匂いがするニャー。
おっ魚だ〜!御鮨だー♪(相変わらず食べ物ネタに弱い。)
ミュンヘンは海から離れている為、おいしくて新鮮な魚は食べられません。
(乾燥してしまう魚にジョウロで水をかけてる魚屋さん。ありえないでしょー!)
寿司屋もマシなところで食べようと思うととても値段が張ります。
帰国の度に日本食食べてしまうお友達の気持ちよーくわかります。
私もここのお寿司屋さんなら飛行機飛ばしてでも行きたいです。(あ、無理でした)タクシー飛ばしたいです。
シャリが小さいってのが、女性には嬉しいですね。私くどいもん好きなので、トロとかブリとか、たらふく食べたいです!
Posted by TOMJERY at 2006年04月07日 22:27
TOMJERYさん、どうもです。
だいぶ魚に餓えているようですねー。
友人夫婦も赴任先のチェコでは、ろくな魚が食べられないらしく、帰国の度に魚類をがっついてます(笑)
しかし「乾燥してしまう魚にジョウロで水をかけてる魚屋さん」って、ありえねー!
スイマセン、食べたくないです。

ちなみにトロ・エビがダメなのは友人の方でして、我が家はTOMJERYさんと同じで濃いーもの大好きです。
ウニ!トロ!イクラ!って、財布が許すなら、たらふく食べたいです。
Mamiは蒸し穴子にも目がありませんニャー。
明石の穴子はうまいニャー。

神戸は瀬戸内海の魚が目の前で穫れるので、美味しい寿司屋さんも多いです。
そう何件も行ったことはないですけどね…。
ほかにもお勧めの場所があるので、また紹介しますね。
お楽しみにー!
Posted by Mami & Tetsu at 2006年04月08日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

寿司とマグロ
Excerpt: 寿司に欠かせないまぐろ、その数が最近減っているらしい。このまま乱獲し続けると絶滅するかもしれないそうだ。そのうち食卓に上ることがなくなってしまうのかも。
Weblog: 発想の転換で夢を実現する
Tracked: 2006-04-17 22:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。