Jul18,2010

#212 読谷山焼北窯(その1)

kitagama_beermug1.jpg kitagama_beermug2.jpg

読谷山焼北窯のビアジョッキ / キッチンツールスタンド

 やちむん(沖縄の焼き物)は相当量を紹介してきましたが、読谷山焼北窯は今回がはじめてになりますね。
 このところ陶器市に訪れるようになったこともあり、北窯のやちむんも年々増えてきています。
 北窯らしさは、作家性が少なくて、純粋な日常の用のための器なところだと思っているので、すこし雑多な絵づらですが、まずはキッチンで活躍しているこちらを紹介します。
 我が家は、さいばし・木ベラ・レードル類などを使いやすいように容器に入れて、コンロ横に立てています。
 結構な量があり、ガラス製の保存容器やル・クルーゼのユーテンシルクロックを並べて使っていますが、ここに雰囲気の違う陶器をまぜてみてはどうかと、Mamiのアイディア。
 陶器市で探したのですが、意外に適度なサイズの筒状のモノないものですね。箸立てではサイズが小さくて安定感がないとか、少しふくらんでいるツボのような花器を代用するのは無理があるかなどと…、色々と悩んだ末にたどり着いたのがこちら。
 ビアジョッキです。当然、ハンドルがついているのですが、そんなにジャマにはならないだろうと。サイズ・形状ともに良く、どっしりと安定感もあるし、何より選んだ候補の中で、見た目が一番好みだったので、これに決めました。
 実際に置いてみると、そっけなくなりがちなシステムキッチンに、風合いの良いアクセントが入って、我が家らしい雰囲気になりました。
 これを買うときに松田共司さん(北窯の親方の1人)が自ら応対してくれました。陶器市では、店先に親方がいることもよくあり、醍醐味の1つです。
 代金を支払おうとするMamiに「これで飲むの?」と話しかけてくれたので、キッチンで使おうと思っていることを伝えると、「いっぱい飲むのかと思っちゃった。さすがに大きすぎるよね。でも、一度ビアジョッキとして使ってみてもいいよぉ。」と。ニコニコとした笑顔が印象的でした。
 買ったのが12月だったこともあり、結局ビアジョッキにすることなくキッチンへ。でも、ビールがすすむ季節になったので、一度これにビールを注いでやろうかと、ひそかに企んでいます。


posted by Mami & Tetsu at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>調理器具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。