Mar23,2006

#101 Wood Spoon

wood_spoon.jpeg

木のサジ

 我が家には金属ではなく、木や貝殻、何かの動物の角などでできたスプーンやサジがたくさんがあります。その多くはMamiが買い集めたモノ。いろんなお店で気に入ったモノを見つけては、少しずつ買い足してきました。今回はそんな中から木製のサジをまとめて紹介。
 木には金属やプラスチックにはない温かみがありますね。やっぱり、この風合いは木でないとでません。木製のモノに対する心地よい感覚は、柔らかく、あたりがマイルドな質感であるとか、自然の素材だという理由だけでなく、日本人としての木の文化や関わりがDNAに刻まれているのかなと思ったりするぐらいです。
 このサジ達は、時間をかけて色々な店で手に入れてきたモノで、日本のモノもあれば、東南アジアのモノ、アフリカのモノなど、様々な国からやってきています。もちろん、どこかの有名デザイナーがデザインしたようなモノではなく、雑貨店などで安くで売られていたものが大半です。手作業で削りだした不均整なカタチやザラザラとしたいい加減な仕上げのモノも多くあります。でも、逆にそこに愛着を感じてしまいますね。お店でも、同じようでいて一つ一つ微妙に異なるサジ達の中から、自分のお気に入りを見つけて家に連れていく。そんないちいちの作業を楽しく感じます。
 カタチも材もバラバラ。色や木目にも個性があり、まるで統一感がないはずなのに、こうして並べると不思議と違和感がありません。金属やプラスチックでは、こうはいきませんよね。木でできているという、本当に大雑把な共通項だけなのに、この連帯感。
 少しずつですが、我が家の木のサジはまだ増えていくと思います。きっと次に来る新入りも、すぐに馴染んでいくはずです。そんな優しい雰囲気のやつらです。


posted by Mami & Tetsu at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | キッチンウェア>調理器具
この記事へのコメント
うんうん、そうそう。木のサジいいですよね。うん、いいよ〜(^^)木製のものが好きな私としてはコメントせずにはいられませんでした。木のものってなんでこんなに落ち着くんでしょうね。
形や材が違っても、やっぱり素は木なので、遠い親戚であり他人じゃないんですよね。Mami&Tetsuさんちの木さじさんたち良い連帯感作ってると思います。形も色もさまざまで面白いです。この子達がいろんな国からMami&Tetsuさんちにやって来たってことを思うと楽しいです。Mami&Tetsuさんにとってもひとつひとつ思い入れがあるんでしょうね。また新入りさんたち集まってきたらお披露目してくださいね。楽しみにしてます。
Posted by TOMJERY at 2006年03月24日 14:07
TOMJERYさん、いつもどうも。
木製のモノっていいですよねー。
実は新入りを待たずとも、木ベラやスプーンなど色々ありまして、また紹介しようと思っています。
もう既に写真も撮ってあるのですが、気が向いたときにポチポチと記事にしていく予定なので、またぜひお楽しみに。
Posted by Mami & Tetsu at 2006年03月24日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。