Feb07,2006

#94 Cinderella Bowl

pyrexball.jpeg

オールドパイレックス[Pyrex]のシンデレラボール

 オールドパイレックスのミキシングボール。定番的なカタチで、シンデレラボールと呼ばれるアイテムです。
 なぜ、シンデレラと呼ばれているのか知らないのですが、素敵な名前ですね。どなたか名前の由来についてご存じないでしょうか?
 ロマンチックな名前とはうらはらに、アメリカっぽい合理的な機能性を持ち合わせています。
 耐熱ガラスなので熱いモノをいれたときに持ちやすいようにハンドルを付けてあり、このハンドルが大・小の大きさ違いの注ぎ口になっています。例えばバターをいれてレンジで溶かし、小は注ぎ口として使い、大は平べったく持ちやすいようハンドルに。もしくは、パンケーキ・ミックスを入れてグルグル混ぜ、ねっとりしたモノを流し出すのには大きな注ぎ口が便利、なんて具合にね。日本でしたら、鍋の締めでつくる雑炊の玉子を溶いて流すのにいいかなぁ…。
 また、何種類かのサイズ違いがあり、スタッキングできるように作られています。こういうカタチのモノはハンドルがジャマになって、うまく重ねられなかったりするのですが、シンデレラボールはピッタリと納まるようにデザインされています。うーん、合理的。
 同じカタチで多彩な色柄のバリエーションがあり、人気の柄や状態が良いモノ、サイズ違いがセットになっているモノなんかが高値で売られていますね。
 こちらはラスベガスのアンティークモールで買ったモノ。よくあるポップな色目やキュートな柄でなく、落ち着いた色目のブラウン一色が我が家好み。細かい当たりがチョコチョコとあり、表面のペイントがところどころ削れちゃっています。良いコンディションとは言い難いですが、日常的に使うのには十分ですね。現地ではもっとボロボロのモノも多数売っていました。自分の納得できるコンディションと値段のバランスを見て選べるのが嬉しいです。
 コンディションの良し悪しに関係なく送料は同じなので、これぐらいの手頃なモノが日本ではなかなか流通しないのが残念です。ラスベガスから帰ってきた後にeBayで買えばどうだろうと思って見たこともありますが、重量があるので結構な送料がかかります。それでも日本人バイヤーも多くいるようですね。送料を合わせても日本で買うよりは割安なのかなぁ。まとめ買いして船便で送ってもらったりしているのでしょうか。なんか現地の価格を見ているだけに微妙な気分です…。
 仕事でアメリカへ定期的に出張して、ついでに買い物が出来るような人がうらやましく思えます。まぁ、実際そんな仕事をしていたら、仕事の方がしんどそうですが…。

Memo:
 パイレックスについては#70 Pyrex Magで詳しく書いていますのでそちらを参照してください。


posted by Mami & Tetsu at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | キッチンウェア>調理器具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。