Jan07,2009

*71 すし出島

dejima2.jpg dejima1.jpg dejima3.jpg dejima4.jpg
dejima5.jpg dejima6.jpg dejima7.jpg dejima8.jpg
dejima9.jpg dejima10.jpg dejima11.jpg dejima12.jpg

すし出島

 明石の魚の棚にあるお寿司屋さん。ご夫婦でされていて、出身が長崎なので「すし出島」なんだそうです。
 友達の誕生日のお祝いにお寿司ってことで、予算だけを伝えて、大将におまかせをお願いしました。おまかせでお願いすると、旬の魚を上手に食べさせてくれます。
 付きだしのあとに、お刺身盛り合わせ(写真は2人前です)、そして順番に握りが出てきます(1人1貫)
 Mamiのイチ押し、あぶった蒸し穴子。ほわっとやわらかくてこうばしく、タレもいい感じ〜。次の白身は明石鯛。
 ここでリクエスト、いかと肝のホイル焼きです。これは日本酒がすすむ最高のあてってことです(Mamiはお茶ですけどね)ちょっとした苦みがたまらない感じなのです。
 生姜がのっているのは…、あれ?忘れちゃいました。スイマセン。
 明石沖でとれた大きな貝はたいらぎ貝、塩でいただきます。歯応えがよくておいしい。でも、塩が青いキャップのアジシオ…。かなり残念なところです。もっと味が引き立つような塩を選んで、小皿で出せばいいと思うのですけどね〜。
 ちり握りはその時で変わりますが、今回は平目。
 ここで大将が、よかったら食べてみる?とトリガイの肝の軍艦巻き。食べてみたい!食べてみたい!初めて食べましたが、めちゃおいしい!みんなで絶賛でした。
 次は出世魚のツバス(関西ではハマチ→メジロ→ブリ)です。タコはもちろん明石ダコで、甘だれでいただきます。東京に引っ越して長いムッチャンは甘だれがないんだよねって残念そうに言ってます。おいしいんですよねー。
 最後を飾るのはとろ鉄火巻き!いい具合のトロに、のりの味もよく、ふわっとまいてあります。
 これで終了〜。
 大将は豆しぼりのハチマキが似合う職人さんです。釣られた魚がどうやって入ってきてお寿司になるかとか、旬の魚の話なんかを聞いて、いつもふむふむと思っています。奥さんもすごく美人でやさしいです♪(瀬川瑛子似)
 いわゆるお寿司屋さんという感じで、こった料理はありませんが、明石らしい魚を食べさせてくれる良い店です。ただし、以前にチューブの梅肉がのったハモがでてきこともあり、塩のことと合わせて、かなり減点なんですよね。決して安い店ではないので、はじめての方には特に印象が良くない気がします。とても惜しいところなので改善してほしいなぁ。
 カウンターのみの11席の小さな店。予約がベターです。
 場所はこちら。定休日は木曜日、営業時間は12:00-14:00、16:00-20:00頃です。


posted by Mami & Tetsu at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。